タグ / symphonic metal

記事
Xandria / Theater Of Dimensions(2017) [2017/05/05 21:11]
独Symphonic-Metalバンドによる7thアルバム。 前々作の5th"Neverworld's End"で紹介した時から再々々々度のVo交代を経て、毎回のように新章の始まりを告げることでお馴染んできたXandria。先行シングルはヘヴィ寄りな"We Are Murderers"と従来のNightwish路線"Call of Destiny"とタイプの違いを出して来て、6thを聴き逃した私でも「あぁXandriaは最早Vo交代劇などには動じない型を確立しているんだ..
Daedric Tales / The Divine Menace(2017) [2017/04/22 17:24]
オーストリアのシンフォ・メタルバンドによる1stフルアルバム。 久々に滾る感じの美麗メタル…!この手のバンドはオーケストレーションが前に出過ぎてリズムが貧弱だったり、Voがクドかったりメロが今ひとつだったり…何かが足りないバンドが意外と多かったりしますが、Daedric Talesはバランスが◎。シンフォを多用しつつも基本はPower-Metalでギター+リズムの重さも十分、何よりAlexandra嬢のVoがソプラノやファルセットに頼らずともナチュラルに美声で良い。 ..
陰陽座 / 迦陵頻伽(2016) [2017/01/08 20:01]
日妖怪ヘヴィメタルバンドによる13thアルバム。 同時リリースの『風神界逅』『雷神創世』は計24曲のボリュームだけに、"八百比丘尼"、"天獄の厳霊"など個々にお気に入り曲はあったものの全体としては弱いと言わざるを得なかった…本作は2年間熟成した選りすぐりの1枚だけに、ワイン風に言うと「ここ10年で最高クラスの当たり年」という感じの仕上がりになっておる…そう書くと胡散臭いけども…! まず耳を惹くのは、表題曲(何気に陰陽座史上初)"迦陵頻伽"のイントロで聴けるガムラン..
Theatres des Vampires / Candyland(2016) [2016/12/24 13:34]
イタリアのGoth-Metalバンドによる10thアルバム。 9th"Moonlight Waltz"から実に5年振りの新作。この期間何があったのかは知らないが、フル・オーケストラを起用したSymphonic-Metal化がトピックだった前作と比べるとシンプルになった印象…が、シンフォニアが削がれ、彼らのルーツであるBlack-Metalテイストへ回帰したのかといえばそうとも限らない様子。 本作ではハードロックというかAlternative-Metal路線…エレク..
Tarja / The Shadow Self(2016) [2016/09/20 02:46]
大御所絵巻其之六は、フィンランドのメタル女王による5thアルバム。 アルバムオブザイヤー2013を獲得した前作"Colours in the Dark"。本作でもキャッチーなシンフォメタル路線はそのままに更にバラエティ豊か...良くも悪くも突っ込みどころの多い快作(怪作)となっている。 @先行の"The Brightest Void"と対となるコンセプトだが、向こうはEPしかも色々なアーティストとコラボしてハードロックやろうぜ的な企画盤。なんで対にするのか謎。マイ..
Unlucky Morpheus / REBIRTH Revisited(2015) [2016/01/25 02:15]
同人メタルプロジェクトによるC89新作。 タイトル通り、2009年の1stフルアルバム"Rebirth"のリメイク作となるアルバム。あんきものリメイクといえば"Hypothetical Box ACT2"が思い出されるが、同じ全編バンドアレンジ化でも今回はさらに上を行く重厚さと完成度。まずKey/ピアノ、さらにストリングス(バイオリン)が生になったことでメタルサウンドの一体感が増したのが一番の進化か。勿論より速さと重さ、正確さと緻密さを増したドラム(ベルを織り交ぜたフィ..