タグ / sweden

記事
Fever Ray / Plunge(2017) [2017/12/14 02:56]
スウェーデンのElectroプロジェクトによる2ndアルバム。 Rermixやコラボレーション、プロデューサーChristoffer Berg氏の活動など、何かと他アーティスト作品の感想の文脈での登場頻度が高いFever Rayだが、リリースは1stアルバム"Fever Ray"以来、驚きの8年振りである…!そしてこれだけElectro界隈で影響力がありながら、まだ2枚目というのもまた驚きである…! 活動再開の背景にはDreijer兄妹によるThe Knifeの解..
Me The Tiger / What Is Beautiful Never Dies(2017) [2017/10/26 01:46]
スウェーデンのElectroバンドによる3rdアルバム。 北欧のブルゾンちえみwith BことMe The Tigar。Vo&SynthのGabriella Åström嬢と、Synth&Guitar、Drumの男2人という編成で、分厚いSynthを鳴らしながらギターと生リズムによる重々しさと疾走感を実現。 楽曲的には"Saknaden"の王道Synth-Pop、"Hollow"のクラブ映えするEDM、"Hiraeth"の内省的なSynthtronicaなど、理想..
The Murde Of My Sweet / Echoes of the Aftermath(2017) [2017/10/14 01:07]
スウェーデンGothic-Metalバンドによる4thアルバム。 Female-frontedメタル界隈は国内のほうが面白い昨今…対照的に海外では信頼のおけるアーティストが少ない現状ですが、The Murder of My Sweetは安定して良質の作品を供給できる数少ない存在である…! 全編に渡りミッドテンポの楽曲で固められ、ギターも含め剛性の高いリズム隊に諄くない程度のシンフォニアが楽曲を華麗に彩り、Angelica嬢のVoもクサくない程度の程好いキャッチーネ..
Rave The Reqviem / The Gospel of Nil(2016) [2016/10/22 02:41]
スウェーデンのメタルバンドによる2ndアルバム。 2年前の1st"Rave The Reqviem"でモダンメタルの文脈にそってエレクトロ主体のメタルを鳴らすバンドとしてシーンに登場した彼ら。それってIndustrial Metalじゃん?なんだが、アプローチによる新機軸ってのにフィメこれ的には注目しておったのだ…! そして本作ではEBMもインダストリアルも無くなり、メタルのフォーマットにトランスの装飾が施された凡庸な出来に。BLOOD STAIN CHILDをメ..
We Are The Catalyst / Elevation(2016) [2016/10/16 17:16]
スウェーデンのAlternative-Metalバンドによる2ndアルバム。 「そういえばEvanescenceの残党バンドWe Are The Fallenってどうなったの?」 「公式サイトがCGIエラーでFallenしてるくらいだから、推して知るべしだよな」 「それなら、俺たちが語りストとなって業務を引き継ごう。Evaの軋轢を後世に」 そんな感じで結成されたバンド(※違います)、スラッシーなリフに歌い上げる女性Voと、時に朗々と、時にラップ気味に語リストな..
Say Lou Lou / Lucid Dreaming(2015) [2016/01/19 01:04]
瑞典/豪エレクトロ・デュオによる1stアルバム。 年が明けましたが、2015年そういえばまだ感想書いてなかったねシリーズが、もうちっとだけ続くんじゃ…!2012年にキツネレーベルからリリースした"Maybe You"が話題となった彼女達。ユニット名、楽曲、声、そしてルックス(個人的にはあまり賛同できず)全てが可愛いとの評判で、当時はアルマーニ青山店のオープニングゲストとして来日するなどファッションアイコンとしての扱いがメインだったように思う。 その後自前のレーベル..