タグ / spain

記事
Grajo / Grajo(2016) [2016/12/11 20:04]
スペインのストーナー/スラッジバンドによる1stアルバム。 グラ女、いやスペインだからぐらほーって読むのかな。いずれにしても初のJ2降格を経験したグランパスサポーターとしては心抉られるバンド名じゃのう。いつの日かまた笑って、グラ女の皆さんと勝利後のぐらほーを交わしたいもんじゃて…twitter上でな…! 失意の余り関係ない話しましたが、先のSubRosaとは対照的に基本4ピースによる展開とアンサンブルで勝負するタイプのGrajo。Liz嬢のVoは凛としてブルージー..
Divino Disturbo / Op I(2013) [2013/12/08 12:11]
スペインのSymphonic-Metalバンドよる1stアルバム。 イントロ明けの"Lux Aeterna"冒頭から、エレクトリック・オルガンとギターによる怒涛の「お城を建てるような」フレーズの連打、疾走するメロスピ…久々に聴くネオクラ様式美メタルだ。国内の同人メタル系では主流の作風といえど、やはり生楽器による重爆サウンドは違うな…! NightwishやRhapsodyに交じって、しれっとLV Beethoven、JS Bach、A Dvorakの影響を公言する..
Everlyn / A Ticket To The Moon(2013) [2013/03/11 00:06]
スペインのAlrernative-Rockバンドによる1stアルバム。 La Oreja de Van Gogh、Ankorと近年とみに良質なAlternative-Rockを輩出する同国。Everlynの音楽性は両者の中間くらいで重量感と疾走感に溢れ、抜群のポップネスを持ったPop-Rock、或いはEmoにカテゴライズできそうな感じ。 さらに昨今のトレンドであるElectro要素も、Keyによるトランシー程度ながらしっかり押さえており、デビュー作ながら世界基準の..
Ankor / My Own Angel(2011) [2011/12/09 17:41]
スペインのAlternative-Metalによる2ndアルバム。 2008年の1st"Al fin Descansar"では全曲スペイン語によるMelodic-Power Metalの王道を見せつけた彼ら。同じ路線なら感想は書かないところでしたがこの2ndでは一転、Screamo系にシフト。5〜6年前にこういうのよく聴いたなーとノスタルジックな気分に浸る。Bullet For My Valentine、Avenged Sevenfold、Funeral For A F..
Niobeth / Silvery Moonbeams(2011) [2011/10/29 14:20]
スペイン繋がりで、同国Gothic-Metalシーンを代表するNiobethの2ndアルバム。 分厚いSymphonic/Power-Metalサウンドにイテア嬢のソプラノボイスが乗っかるスタイルで、音楽性のみならず世界観のスケールの壮大さが特徴です。シンフォ・メタルはこうでなくてはな!(Goth中心なら内向的な方が説得力あるけど)因みに1st"The Shining Harmony Of Universe"は母国以外で唯一、日本盤が出ているようで「〜輝ける宇宙の調和〜..
La Oreja de Van Gogh / Cometas por el Cielo(2011) [2011/10/28 23:28]
スペインPopバンドによる6thアルバム。 何と大それた名前を冠するのか!と驚きますが、日本でいうOKAMOTO'Sみたいなもんですかね。活動15年に及ぶキャリアバンドだが、日本におけるチメイドは高くは無い…まあ当ブログのアーティスト全般そうだが…しかしwikiや個人サイトの情報が充実しているあたり、熱心なファンが存在するようで、本作を聴くとそれも納得。 熟成された大人のPower-Popを軸に、1曲目のデペッシュ風味な"La niña que llora en ..