タグ / russia

記事
Omnimar / Poison(2017) [2017/05/27 18:11]
露Darkwaveユニットによる2ndアルバム。 前作"Start"のリメイク作"Restart"、Singleの"Assasin's Creed"(おそらく非公式オマージュソング…Daedric TalesのESOリスペクトみたいなもんか)を経ての本作。格段に音の密度と深度が増し「暗めのSynth-Pop」からマジもんのDarkwave/EBMに深化。前作でロシアの割にはポップで期待外れ、みたいな事を書きましたがやはり露産エレクトロは裏切りらぬな…! Maria..
The Grus / Harvest(2016) [2016/12/19 00:03]
露エレクトロ・デュオによる2ndアルバム。 昨年、滋味ながら鮮烈な印象を残した1st"Nest"から早くも新作が登場。変わらずヴィンテージワインのような味わい深いTrip-Hop、そしてAlexandra嬢の気品ある甘ロリボイスはSneaker Pimps時代のKelli Aliを髣髴。Downtempoに身を委ねて恍惚の時が流れる… (。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ! いくらなんでも、ミニマル過ぎ…!オーガニック過ぎだ…!前作で多用されていたホ..
iamthemorning / Lighthouse(2016) [2016/12/18 19:14]
露Progデュオによる4thアルバム。 フィメこれ的にはiamamiwhoamiに続くオレだオレだシリーズですが、この2組ジャンルは異なるが名前に反して自己顕示的な要素がまるでない…世界から音を紡いで組み合わせ彼らの世界観に溶け込ませたような真摯さ、必然性があって大変好感が持てます。 プログレでデュオ、という中々珍しい構成のiamthemorning。楽曲の多くを占めるのはピアノとストリングス、時にハープとMarjana嬢の情感溢れる歌唱によるネオクラシカルなもの..
Stillborn Diz / The Crypt of Forgotten Deities(2016) [2016/02/25 00:58]
2016年の一発目は露Darkwaveデュオによる4thアルバム。 これを聴きながら六本木ヒルズのイルミネーションを逃げるようにすり抜ける。チョコレート色に煌めく光のなか、この世を呪うような暗澹たる気持ちにイヤホンの中のStillborn Dizが寄り添う。これを歌にするならば、「けやき坂の道であの娘僕がStillborn Dizを爆音で鳴らしてしまったらどんな顔をするだろうと、僕なりに何秒か考えた上でのやや気忙しい呪詛のようなもの」って感じだろうか。 久し振りの..
The Grus / Nest(2015) [2016/01/30 23:06]
露エレクトロ・デュオによる1stアルバム。 最近はtrip-hop.netのお蔭でDown-Tempoもののエレクトロを見つけるのが捗るわい…!そんなTrip-Hop.net Best Tunes 2015にはAmazon流通すらしていない知られざるアーティスト、作品が目白押し。このThe Grusもその一つである("Welcome To The Night"がランクイン) サイケデリック・バンドのようなジャケの本作…確かにその要素はあるものの全体としてはダークか..
Omnimar / Start(2015) [2015/12/06 03:26]
ロシアのElectroユニットによる1stアルバム。 一見ダークウェーヴのオムニバス盤のようなジャケで、この手のは8割がたFemale-Vocalものではないことを承知している…ロシア物らしからぬド直球なビジュアルワーク、そしてタイトル。そして音楽性にもそれは当て嵌まり、想像通りのダーク気味なSynth-Pop。 Maria嬢の解り易く憂いを帯びたポップなVoが映える。 が、パッケージからしてもう少しDarkwave寄りかと思っていたが存外にポップ寄りで、中盤のミ..