タグ / progressive rock

記事
Noibla / Hesitation(2018) [2018/05/05 23:10]
ポーランドのProg-Rockバンドによる1stアルバム。 ポーランド産、というだけでセンス◎なのは約束されたようなもの...緩やかなグルーブに、Katarzyna嬢の美声美メロが紡ぐアダルト・コンテンポラリー風味な作品。音がProgressive-Rockっぽいのでカテゴライズしているが、iamthemorningやThe Waking Seaのような変拍子や目紛しい展開、長尺などのプログレ要素はない。いわゆる雰囲気プログレだ。 そのトラッドな...アンビエント..
Excessive Visage / You Are Lost Anyway(2017) [2018/04/14 16:29]
独Progressive-Rockバンドによる4thアルバム。 2017年作品の、いわゆる変態枠である...!序盤からパーカッションとピョロロ〜と気の抜けた音によるインプロヴィゼーシブな展開からの牧歌的な歌唱…Arcade Fireを思わせるジャズインディー・サイケデリックロックな様相。ピョロロが止むと同時にメインの女性Voが登場で、どうやらこのLarissa嬢がVo兼スライド・ホイッスル担当のようだ。この終始フリーテンポでブラックホール的な1曲目の"Dragged I..
Eyevory / Inphantasia(2016) [2017/01/05 23:38]
独Progressive / Folk Rockバンドによる2ndアルバム。 前作"Euphobia"から3年…当時から既に次作が待ち遠しかったEyeboryですが、期待に違わぬ素晴らしさ。Vo/BaseのJana嬢、Vo/Flute/KeyのKaja嬢という理想的な2枚看板娘のハーモニーは磨きが掛かっている。だが今作ではギターとドラムの頑張りが耳を惹く。トラッド感が少し後ろに引っ込むことで相対的にモダンなSymphonic-Rock、Progressive性が押し出さ..
iamthemorning / Lighthouse(2016) [2016/12/18 19:14]
露Progデュオによる4thアルバム。 フィメこれ的にはiamamiwhoamiに続くオレだオレだシリーズですが、この2組ジャンルは異なるが名前に反して自己顕示的な要素がまるでない…世界から音を紡いで組み合わせ彼らの世界観に溶け込ませたような真摯さ、必然性があって大変好感が持てます。 プログレでデュオ、という中々珍しい構成のiamthemorning。楽曲の多くを占めるのはピアノとストリングス、時にハープとMarjana嬢の情感溢れる歌唱によるネオクラシカルなもの..
The Purple Curfew / The Void(2016) [2016/10/15 02:51]
USのProgressiveバンドによる1stフルアルバム。 16ビートのリズムに、ギターのアルペジオと嫋やかで情緒的なSara嬢のVo。うねるような展開とテンション・コード中心に流れる疾走感。トラッドな雰囲気の中にも緊張感を湛えたブリッジ、目まぐるしく変わる拍子は正にフュージョン系プログレであるが、同時にモダンなAlternative-Rock…エモさを感じるのだ。 その要因としてプログレらしからぬ3〜5分の短尺にまとめられた楽曲群、そして謎のElectroが2..
High Priest of Saturn / Son of Earth and Sky(2016) [2016/10/02 22:51]
ノルウェーのProgressive-Rockバンドによる2ndアルバム。 大仰なバンド名、6分〜10分の尺で5曲入りという構成からも、解り易いオールドスクールなプログレ作品です。ベース兼女性Vo、Key、Gt、Drの4ピースでDoom、Storner、Psychedelic風味な混沌世界を奏でます。まず冒頭が余りにもキンクリのアレで、あぁ今を生きる我々こそが21世紀のスキッツォイド・マンなんだなあと香ばしい気持ちにさせられる…とにかく10年代後半の音とは思えないアナログ..