タグ / progressive metal

記事
Kingfisher Sky / Technicoloured Eyes(2018) [2018/11/17 00:03]
オランダのProgressive-Metalバンドの4thアルバム。 8年前の2nd"Skin of the Earth"でも触れましたがWithin Temptationから派生した数々のバンド。1枚で終わったAmbeonはともかくDelain、このKingfisher Skyと当初はそれぞれ個性豊かだったのですが作を重ねる毎に母体に収斂してきた感があります。 ウ  ど ィみ  う ズん せ イ な ン に な  る あのトラッド・フュージョン感は..
Kadebra / Compass(2018) [2018/11/11 23:40]
ロシアのMetalバンドによる1stアルバム。 Destiny Potato、そしてAbove The Earth以来となる心揺さぶるProg/Djent-metalの登場...さすがは背徳大国、おそロシア...!Atmospheric/ Groove Metal/Fusion Metalを標榜する通り、神々しく重々しく難々しい(?)。DuneをCompassを持って彷徨する旅人...そんな情景が浮かぶシアトリカルさがあります。 冒頭の"Awakening"が私の..
Unlucky Morpheus / CHANGE OF GENERATION(2018) [2018/10/15 23:59]
同人メタル・プロジェクトによる3rdオリジナルアルバム。 "Vampir"以来3年振りとなる新作。この間幾つかのシングルやEP、"LIVE 2017""奇跡の平日"といったライブ盤でバカテク振りを見せつけ日メタルシーンの頂点に狂い咲いた感すらあるあんきもが、満を持して「初の」フルアルバムをリリース。「世代交代」と高らかに掲げたタイトルは、あんきマーなら遂にあのライブ定番アンセムが正式ラインアップされるのか...!と発表時点で高の胸鳴りが抑えられなかったはず(動転)。 ..
Omit / Medusa Truth Part 2(2018) [2018/06/01 00:21]
ノルウェーのProg-Metalバンドによる3rdアルバム。 60分強で3曲...やべーやつに手を出してしまった...過去に紹介したプログレもので長尺曲は珍しくないが、ここまで極端なやつは初めてだ。加えて曲調がフューネラル・ドゥームメタルである。ひたすらにスローなテンポの中で最低限の音数で奏でられる音楽は、ポップ(広義の)のヴァース・コーラス・ヴァース構成に慣れた耳にはカタルシス不足ではありますが、クラシックを聴くような感覚で挑むと良いかもしれません。バンド名だからと..
Vuur / In This Moment We Are Free(2017) [2017/10/25 02:30]
蘭Gothic-Metalバンドによる1stアルバム。 ソロ作品"Everything Is Changing"、"Drive"と大人のAlternative-RockでSSWとしての地歩を固めつつあったAnneke van Giersbergen嬢が、原点回帰ともいえるGothic-Metal界にご帰還あそばされた・・・The Gatheringではなく新バンドとして・・・!上述の2アルバムは結構個人的にお気に入りだったので複雑な気持ちもありましたが、アダルト・コンテ..
Shepot / Nepoznata Zemya(2017) [2017/07/21 14:18]
ブルガリアのProg-Metalバンドによる1stアルバム。 2017年のベスト・メタル候補が意外なところから出てきた…キリルの印象からWitchcraftやAbove The Earthのような終末的ロシアンメタルを髣髴するが、Шепотはもっとトラッドでプログレッシブな展開を持ちつつもポップさも辞さない、所によりAlternative-Rockに近い面も魅せる。因みにШепотはShepotと読みウィスパーの意味。 Лилия(リリア)嬢のVoは中音域の伸びが..