タグ / norway

記事
Soft As Snow / Deep Wave(2018) [2018/06/11 23:40]
ノルウェーのエレクトロ・デュオによる1stフルアルバム。 名は体を表す…正にタイトル通りのディープなDarkwaveだ。StereogumサイトがPurity Ringのシンセ・ビートとThe Knifeのエクスペリメンタル性を併せ持つ感じ、とベタな解りやすい例えで評している通りの音楽。個人的にはPurity Ringの清冽さは極表層的なところで、Gazelle Twin × The Knifeというのが本質的なところだろう...つまり2018年の変態エレクトロ枠ってこ..
Omit / Medusa Truth Part 2(2018) [2018/06/01 00:21]
ノルウェーのProg-Metalバンドによる3rdアルバム。 60分強で3曲...やべーやつに手を出してしまった...過去に紹介したプログレもので長尺曲は珍しくないが、ここまで極端なやつは初めてだ。加えて曲調がフューネラル・ドゥームメタルである。ひたすらにスローなテンポの中で最低限の音数で奏でられる音楽は、ポップ(広義の)のヴァース・コーラス・ヴァース構成に慣れた耳にはカタルシス不足ではありますが、クラシックを聴くような感覚で挑むと良いかもしれません。バンド名だからと..
High Priest of Saturn / Son of Earth and Sky(2016) [2016/10/02 22:51]
ノルウェーのProgressive-Rockバンドによる2ndアルバム。 大仰なバンド名、6分〜10分の尺で5曲入りという構成からも、解り易いオールドスクールなプログレ作品です。ベース兼女性Vo、Key、Gt、Drの4ピースでDoom、Storner、Psychedelic風味な混沌世界を奏でます。まず冒頭が余りにもキンクリのアレで、あぁ今を生きる我々こそが21世紀のスキッツォイド・マンなんだなあと香ばしい気持ちにさせられる…とにかく10年代後半の音とは思えないアナログ..
Leaves' Eyes / King Of Kings(2015) [2015/10/31 01:02]
ドイツのSymphonic Metalバンドによる6thアルバム。 "King Of Kings"・・・そのタイトルからいにしえのシュミレーションゲームやチャンピオンを連想してしまう昭和脳な俺のことはさて置き、本作は古代ノルウェーを統一した王に纏わるコンセプトアルバムである。彼らの・・・というかLiv嬢のルーツともいえるテーマだけに北欧フォークメタル色が前面に出ており、へヴィネス化した前作"Symphonies of the Night"を酷評させていただいた私としては..
Royksopp & Robyn / Do It Again(2014) [2014/06/21 01:04]
ノルウェーのエレクトロ・デュオとスウェーデンのSSW嬢による1stEP。 これは今年最大のコラボレーションかもしれない…何しろRoyksoppの刹那エレポップを女性シンガーが歌うのである…!Schiller feat.Tarja以来のワクワク感でもって本作を手に取る。因みにRobyn嬢とはキャリア20年近いシンガーだが知名度は限定的で、R&Bやエレクトロ系ミュージシャンへの曲提供などレコーディング・アーティストとして知る人ぞ知る的な存在…らしい。 冒頭の"Monu..
Leaves' Eyes / Symphonies of the Night(2013) [2013/12/31 00:57]
ドイツのSymphonic Metalバンドによる5thアルバム。 Female fronted-Metalシーンを代表する、もはや説明不要の彼ら…意外にもこれまで紹介してこなかったのは、印象薄だったの一言に尽きる。それでも前作"Meredead"はフォークメタル/トラッド色を前面に出し、北欧伝承という彼ら(というかLiv嬢)のルーツを改めて提示した好盤だったように思います。 翻っての本作は前半部の適度なパワーメタル具合の印象が強い…もっともEpicaのような荘厳..