タグ / industrial

記事
Grausame Töchter / Engel im Rausch(2018) [2019/03/04 19:19]
独エレクトロバンドによる5thアルバム。 ドイツの残虐っ娘ことGrausame Töchter...1stからEBM/Industrialで鳴らされる過剰なフェティッシュ世界観に魅せられてきたフィメこれですが、遂に色モノではなく「聴けるエレクトロ」として認識する時が来たようです。従来作品と比較すると圧倒的にメロディアス。Vo含め、このジャンルで定番といえる音像のHarshyさが無く、Synth-Pop的なロマンティカさえ感じられる。楽曲のバリエーションもスローからファ..
Anna Lux / Wunderland(2018) [2018/11/26 00:07]
スイスのDark-Electroアーティストによる1stアルバム。 Dark-Rockを標榜する通り、Synth-PopとGothic風味の適度な重さとリズム展開、それらを極めてラジオフレンドリーな味付けで融合させた音楽である。HANGRY & ANGRY、Eisblume、UNDER FOREST、ARTERY VEIN...久々に現れたDarkwaveアイドルといって良いのではないだろうか...! とはいえAnna嬢はSSWである。容姿的に前述の方々と同じにカ..
Helalyn Flowers / Nyctophilia(2018) [2018/08/07 22:55]
伊Dark-Electroデュオによる5thアルバム。 Alfa-Matrix祭り第4弾。ポップ性溢れるDarkwave/Industrialの2nd"Stitches of Eden"に夢中になってから早9年、レーベル内の立ち位置も期待の新鋭からAyria、I:Scintillaに次ぐ重鎮(女性Voカテゴリでは)にまでなったHelalyn Flowers、いよいよ爛熟期かと思わせる充実作。Lovelorn DollsやJunksista、Sin.Sinら後継アーティス..
Lords Of Acid / Pretty In Kink(2018) [2018/06/16 01:52]
ベルギーのテクノ・レジェンドによる6thアルバム。 前作"Deep Chills"で12年振りの復活を果たしたLords Of Acid。その翌年には新作制作がアナウンスされ、少し間が空いたものの、Kickstartarで€800の調達に成功しリリースに漕ぎ着けた。Marnieの時に彼女レベルですらクラウドファンディングが必要なのかと書いた思いを今回も感じたが、固定ファンの付いた大御所だからこそ集客が可能な訳で...とこれも同じこと書いてたわ...!ともあれ、キッズの頃..
Geneviève Pasquier / Live Two(2018) [2018/06/03 01:26]
独Electro-SSWによるライブアルバム。 アルバムオブザイヤー2017に輝いた"Louche Effect"。半年足らずのリリースに、うそっ...Geneviève Pasquierの新作、早すぎ...?と口を押さえたのですがLive盤でした。調べたら7年前に"Live One"があったんですね。突っ込みどころが満載なので、ひとつひとつ丁寧に拾ってゆきましょう。 ●すごく昔の音源 2004年、2006年、2010年のライブ音源を収録。前作でのExperim..
Hide / Castration Anxiety(2018) [2018/05/28 00:44]
USのIndustrialデュオによる1stアルバム。 没後20年を迎えて尚、一過性のブームや沈静化することなく常に一定の存在感を放ち、恰もまだ現役で弾き続けているような、身近に感じ続けられるような気すらするレジェンドhide。そんなアニバーサリーな年に同名の凄いデュオが出て来たのは全くの偶然ながら運命だろうか。英語圏なので発音はハイドなんだろうけど...土井八郎ちゃうで...?hideは晩年のサイボーグ・ロックが有名ですが、当時先鋭的な音楽としてNine Inch N..