タグ / ethereal

記事
Cindergarden / Architectures of the Becoming(2017) [2018/03/25 21:18]
USのDarkwaveバンドによる5thアルバム。 豊作揃い、さらに大御所揃い踏みの2017年作品に止めを刺すCindergarden。取り上げるのは3rd"Grim Confections"以来ですが、決して死んだーガーデンだった訳ではなく寧ろベテラン勢の中では精力的かつ定期的にリリースを重ねている勤しんだーガーデンです。作風的に大きな変化はないが、ゴリゴリの暗黒Industrialにも、ヘヴンリーな歌声に包まれるEtherealどちらにも振り切れるのがCinderg..
Falling you / Shine(2017) [2017/10/08 16:09]
米Electroプロジェクトによる7thアルバム。 The Eden Houseで思い出したので。直近でMonica Richards嬢が参加したプロジェクトがもう一つここに。あとはUnwomanのErica Mulkey嬢なんかも参加するFalling youのShine…曾てのスピッツロビンソン問題が再燃しそうなアーティスト&タイトル名ですが、こちらも20世紀のころ(と言っても19年前)から続く、女性Voゲスト方式の老舗プロジェクトです。 Ethereal、D..
Myrkur / Myrkur(2014) [2014/10/21 02:35]
デンマークのBlack-Metalプロジェクトによる1stEP。 Black-Metalと言えば背後の激烈暴虐サウンドに負けじとグロウリング、或いはスクリーミングをVoが血走った目で悶絶歌唱する…それがテンプレートな訳です。しかしサウンドメイク次第でその慣習は打ち破れるという可能性を示したのがこのMyrkurである…! SSWにしてモデル(!)のAmalie Bruun嬢によるエンジェリックなソプラノボイスパートと、ブラストを主体とするメタルパートに大まかに分かれ..
Flёur / Пробуждение(2012) [2012/03/08 01:58]
ウクライナのNeo-Folkバンドによる6thアルバム。 これまで同国含めロシア勢は、暗黒電子音楽のメッカのイメージでしたが、広大無辺な市場にはFlёurのような超良質Ethereal-Waveも居るから目が離せません。VoのOlga嬢とGt&VoのOlena嬢による清冽でメランコリックなOrganic Alternative-Rockは、息を呑むような美しさと溢れた全14曲。 All About EveやCocteau Twinsの影響を公言する通りDream-..
Autumn's Grey Solace / Eifelian(2011) [2011/06/24 21:39]
USシューゲイズバンドの6thアルバム。 薄っすらとしたギターの残響音に包まれたどこまでもアンビエントでミニマルな音世界。これは1stから一貫しており、さらに曲毎の個性も見つけづらい、何とも感想の書きにくいアーティストである・・・。さらに今作はほぼ歌詞が無く、Erin嬢によるボーカルはスキャット?ハミング?ウィスパー?良く解りませんが、完全にサウンドに融合している。 スローでオーガニックな質感の楽器隊によって淡々と反復されるリズムに、どこまでも奥行きと深みを与える..
Angelzoom / Nothing Is Infinite(2010) [2010/10/09 00:50]
ドイツのエレ姫、Claudia Uhleによるプロジェクトの6年振り2ndアルバム。 これまでの音源は未聴なんですがこのクラウディア嬢はX-perienceというSynth-Popバンドで90年代半ばから活動をしている15年選手。その歌声にはそこらのパッと出の娘っ子には真似できない威厳と優美と深みを感じさせます。まさに名の如く、エンジェリックなEthereal Waveである。そういえばEtherealと癒されるって響きも似ているな。 楽曲的にフックやドラマ性の類..