タグ / darkwave

記事
Schonwald / Night Idyll(2017) [2017/09/23 21:08]
イタリアDream-Popデュオによる4thアルバム。 2009年のデビュー作より一貫してDarkwaveとAlternative Gothic-Rockの狭間に位置する音楽を作ってきたSchonwald(シェーンバルド)。作を追う毎にDream-Pop要素、リバーブウォールが厚みを増しており、不協和音に近い不穏なハーモニーと疾走するビート、Alessandra嬢の熱量の低いVoのコントラストが独特の中毒性を引き起こす作風に。この美しい不安定さ、Dream-Popという..
The Birthday Massacre / Under Your Spell(2017) [2017/09/19 22:51]
カナダのGoth-Synthバンドによる7thアルバム。 出たわね。今夏のド本命、ボスクラスの1枚…昨年のリメイク盤"Imagica"を挟んで3年振りとなるオリジナル作です。ライブ盤"Show And Tell"から毎作感想をエントリしていながら、あまりにも名作過ぎる3rd"Walking with Strangers"を超えられないもどかしさを毎回のように書いていた気がする。が6th"Superstition"で感じた期待…そして本作で期待が確信に変わった、これは50..
Purple Fog Side / The Discord(2017) [2017/09/10 15:31]
ロシアDarkwaveプロジェクトによる6thアルバム。 新生PFSの開幕を告げる快作である…! 2013年の4th"Reality Awaits"では女性Vo曲が全体の3分の1に留まり、ひとつのサイクルの終焉を感じたのですがその通りに同年秋に発表の"The Farewell"でVeronica嬢が卒業。ベロニカは生命の樹の崩壊から仲間を救ったのだ…!涙 配信曲、未発表曲を集めたPavek氏個人作の色合いが強い5th"Anthology XX"を経て、新ボーカリ..
iEuropean / Into The Unknown(2017) [2017/09/07 02:14]
アイルランドのElectroデュオによる1stアルバム。 2017年の本命シリーズ発動…これから暫くの間、紹介する作品は全てアルバムオブザイヤー有力候補と覚悟するのじゃ…!まず"i"が頭文字のアーティスト一覧が神ってる。アーティスト、いやプロダクトを創る者は自意識、パーソナリズムの強い奴が正義なのである。Appleのiシリーズも多分そんな感じ。 そんなiEuropeanの面白味はアヴァンなFuture-Popを基軸としながらも、ディスコテイストなSynth-Pop..
Hante. / Between Hope & Danger(2017) [2017/09/04 00:51]
仏Darkwaveプロジェクトによる2ndアルバム。 2017年最大の、手のひらクルー作品やもしれぬ…前作"This Fog That Never Ends"から2年連続となるHante.ことHélène de Thoury嬢ソロ作な訳ですが、おブス声とかフックに欠けるとか批判的なことを書いて本当にスマンかったッ…! ミニマルなDream-Gazer気味だった音像が明瞭となり同時に奥行きも兼備。リバーヴサウンドに裏に潜んでいたHélène嬢のVoが前に出てきた事で..
Bestial Mouths / (Still) Heartless(2017) [2017/07/22 22:26]
USエレクトロユニットによる3rdアルバムのRemix盤。 タイトルからお察しの通り3rdアルバム"Heartless"のリミックス作品…いや察せないか。冒頭の"Witchdance"とラストの"High Walls"のみが新曲でLynette嬢のヒステリックな叫びがご堪能頂けます。どうやらフォークロア、Medieval要素を打ち出したElectro-Goth彼らの特長のようで、オリジナル作の"Heartless"は2016年内に出会えていればアルバムオブザイヤー候補だ..