タグ / Australia

記事
Seraphic / Journey to Illumination(2017) [2017/08/12 21:54]
豪Power-Metalバンドによる1stアルバム。 Shepotに続き、滾るメタルオブザイヤーの最有力…良い加減、豪メタル=AC/DCの計算式に変化があっても良い時期なのですが、ましてフィメタルのまあ不毛な事。Seraphicはそんなイメージを覆す。攻撃的なスラッシーリフがありつつメロはどうしようもなくクサメロ度が高く泣きのギターフレーズに加えてピアノが大きな役割を果たす。VoのSam嬢がピアノ兼任というのは、このジャンルにおいて在りそうで無い編成である…! ピ..
Sia / This Is Acting(2016) [2016/09/05 00:30]
大御所シリーズ第2弾は、豪エレクトロSSWの7thアルバム。 2014年"1000 Forms of Fear"のヒットによりブライテストホープ、もしくはGLAYのHISASHI氏、ゴルボンの歌広場氏と並ぶ音楽界三大ツートンアーティスト…そう思われがちなSia嬢ですが、Zero7のボーカリストとして名を馳せた20年選手ということは意外と知られていないらしい…ヤングな世代は是非2004年の名盤"When It Falls"を聴いて頂きたい。 さて本作は、元々は他アー..
VHS Dream / Departure(2016) [2016/08/15 22:06]
豪Dream-Popデュオによる1stフルアルバム。 その名の通り、80's〜90'sのShoegazeを現代に甦らせた音楽性の彼ら…ヤングに説明すると、その昔ビデオテープという動画記録媒体があってその規格にはVHSとBetaというのがあったのじゃ…!因みにVHS Dream"s"というへなちょこユーロビートPopsのユニットがあるようだからご注意されたし。 2年前のEP"Wonderfully Hopeless"はスロウコア/サッドコア的な文字通り絶望的な世界観..
Say Lou Lou / Lucid Dreaming(2015) [2016/01/19 01:04]
瑞典/豪エレクトロ・デュオによる1stアルバム。 年が明けましたが、2015年そういえばまだ感想書いてなかったねシリーズが、もうちっとだけ続くんじゃ…!2012年にキツネレーベルからリリースした"Maybe You"が話題となった彼女達。ユニット名、楽曲、声、そしてルックス(個人的にはあまり賛同できず)全てが可愛いとの評判で、当時はアルマーニ青山店のオープニングゲストとして来日するなどファッションアイコンとしての扱いがメインだったように思う。 その後自前のレーベル..
Rosie Roulette / Racing the Dark(2015) [2015/11/29 00:39]
豪SSWによる1stアルバム。 Emilie Autumn、Nehl Aelinに続く10年…は言い過ぎだから5年に一人の逸材かもしれない。Neo-Classicalを軸とした作風なのでアクの強さでは劣るものの、トータルの世界観、美意識、そして音遣い…ここに歌唱力が上積みされれば新世代のSarah Brightmanになるやも知れぬ…! 1曲目のLittle White Dressに集約されているのだが、ピアノとストリングスに導かれたリリカルな歌。徐々にリズムが加..
The Crystalline Effect / Anechoic Lock(2014) [2014/09/30 01:53]
豪エレクトロユニットによる2.6枚目…?のEP 2011年の"Industrial Re-Evolution"に続いてのEP…verが0.1しか進んでないとお気付きでしょう、タイトルと曲順、アートワークを除いて内容が「同じなのである」…!いや、寧ろRemixが2曲減っている分、2.5枚目のEPから3年振りのリリースとなる2.4枚目のEPと言えるかもしれない。何を言ってるのかわからねーと思うが(ry しかしそれを中々オリジナル作品を出さない浜省商法と揶揄するのは少し..