タグ / Dream Pop

記事
Fazerdaze / Morningside(2017) [2017/07/03 01:43]
ニュージーランドSSWによる1stアルバム。 先行シングルの"Lucky Girl"は直線的なベースとギターのバッキングによる疾走ネオアコ・ポップなイメージでしたが、アルバムではLo-fiなガレージロックだったり薄っすらとしたDream-Popも垣間見えたり。単なるパワーポッパーとは一味違うところを聴かせつけている。まあ、夏にぴったりの爽快文系ギタポです。VHS Dream、Winter Tamar Antler、Vanbotと毎年、夏に似合う音楽と言うのが恒例になって..
Tashaki Miyaki / The Dream(2017) [2017/05/08 02:26]
USAlternative-Rockバンドによる1stフルアルバム。 宅録チップチューンElectronicaを標榜する引きこもり系SSW、田崎美由紀さん(28)がCDが売れないこんな世の中とコミュ障な現状を打破すべく一念発起してロリキャラを纏い「たしゃき・みゃき」名義でバンドを結成、地下アイドル活動を開始…そんなストーリーを思い浮かべたのは俺だけでいい…歴としたUSのIndie-Popバンドでした。『崇史・三池』をうろ覚えで発音したらこうなったんだとか…これはこれで酷..
Plike / Red Queen, White Queen(2016) [2017/03/06 03:35]
USエレクトロ・プロジェクトによる2ndアルバム(3rdEP?) 2017年も早いもので3月になり、そろそろ2016アルバムオブザイヤーを確定せねばいけない時期なのですが、Trip-Hop勢が豊作で決めかねている…そんな最中に土壇場で召集された侍ジャパン炭谷の如く現れた有力候補、それがPlike。伝わんないね。 多層的なストリングス、コーラスワークに彩られ、しかしカラフルでは無く寧ろモノクロームの終わりなき深淵に飲まれるようなサウンドメイク…BjorkやPorti..
Se Delan / Drifter(2016) [2017/01/04 21:02]
UKオルタナティヴ・ロックデュオによる2ndアルバム。 地味な存在から一向にブレイクスルーの気配を見せないGoth-Rock、90's〜00'sの局所的ブームでサブカル止まりのDream-Pop(シューゲイズ)。この2ジャンルに於ける閉塞感を一気に打破するかもしれないそんなデュオがSe Delanである…! 空間系と歪み系の巧みなコンビネーションでShoegazeとはまた異なる様相の壁を創りしかも抜けが良いギター、妖艶でありながら荘厳過ぎない、でも時折病的と絶妙な..
VHS Dream / Departure(2016) [2016/08/15 22:06]
豪Dream-Popデュオによる1stフルアルバム。 その名の通り、80's〜90'sのShoegazeを現代に甦らせた音楽性の彼ら…ヤングに説明すると、その昔ビデオテープという動画記録媒体があってその規格にはVHSとBetaというのがあったのじゃ…!因みにVHS Dream"s"というへなちょこユーロビートPopsのユニットがあるようだからご注意されたし。 2年前のEP"Wonderfully Hopeless"はスロウコア/サッドコア的な文字通り絶望的な世界観..
Say Lou Lou / Lucid Dreaming(2015) [2016/01/19 01:04]
瑞典/豪エレクトロ・デュオによる1stアルバム。 年が明けましたが、2015年そういえばまだ感想書いてなかったねシリーズが、もうちっとだけ続くんじゃ…!2012年にキツネレーベルからリリースした"Maybe You"が話題となった彼女達。ユニット名、楽曲、声、そしてルックス(個人的にはあまり賛同できず)全てが可愛いとの評判で、当時はアルマーニ青山店のオープニングゲストとして来日するなどファッションアイコンとしての扱いがメインだったように思う。 その後自前のレーベル..
Diverting Duo / Desire(2015) [2015/11/01 21:59]
イタリアのエレクトロデュオによる3rdアルバム。 2009年のデビュー作"lover/lover"では宅録サウンドに美麗なハーモニーが乗っかるギターポップを聴かせた彼ら。3年後の2nd"we lend you a memory"では一転、柔らかなElectronicaに大変貌を遂げていて心を鷲掴みにされた…の割にはレビュー漏れだった訳ですが、今回はちゃんと書こう…何しろこれは疑いなくPurity Ringと並んで2015年を代表するDream-Gazerだからな…! ..
Winter / Supremae Blue Dream(2015) [2015/05/13 00:24]
USのShogazerバンドによる1stアルバム。 Winterと言いつつジャケ、タイトル、サウンドとも夏の陽光に煌めく水面のような瑞々しさに溢れる本作...サザンのクリスマス・ラブの逆みたいなもんか(適当)。新世代のガレージポップアイコンとして知られるかSamira Winter嬢(萌え度=特大)率いる同バンドが鳴らすのはロリータ・シューゲイズと評される甘々ドリームポップなんですが、彼女のVoは割と明瞭に聞き取れる感じでギターのフィードバックウォールに彩られている訳で..
Esben and the Witch / A New Nature(2014) [2014/12/06 02:16]
UKのGothic-Rockバンドによる3rdアルバム。 再三お伝えしている通り、当ブログに登場する音楽ジャンルでは抜群の不人気を誇るGothic-Rock(因みにGothic-Metalは人気)な訳ですが、Esben and the Witchはそんな不人気勢の中ではメジャーなオルタナ感…ロキノン系と言ったら解り易いだろうか…を持っており、特に昨年の2nd"Wash The Sins Not Only The Face"はクリアな音像のDream-Pop+Electr..
LLLL / Paradise(2014) [2014/08/25 00:45]
日エレクトロ・ユニットによる1stアルバム。 アイスウォーターチャレンジなる様々な意味で救い難いキャンペーンが流行っていますが、このLLLLのジャケット…まさか先取りしていたのだろうか(錯乱)。このユニットはエレクトロゲイザー勢らしくプロフィールは一切謎。やはり音の輪郭が朧げなシューゲイズと、金や善意の行方が朧げなチャリティは匿名性を帯びているのが一番美しい…! そんなささくれ立った気持ちでいた近頃の私。小難しいPost-Rock系や過度なEtherealをアピー..
The Fauns / Lights(2013) [2013/12/23 23:52]
UKのShoegazeバンドによる2ndアルバム。 美しいフィードバック・ウォールに彩られ、消え入りそうなFemale-Voiceによる繊細さと荘厳さを併せ持つスタイルは、一聴してオールドスクールなShoegazeと解る。ただスローテンポやボーカルレスのストイックな叙情Dream-Popがある一方で、"Ease Down"、"In Flames"などの疾走感溢れる楽曲に、My Bloody Valentineとは異なってエモやGothic-Rockなんかも消化したネオ・..
SPC ECO / Sirens and Satellites(2013) [2013/11/05 11:35]
英Shoegazeバンドによる4thアルバム。 2010年以来、確実に毎年新作を届けてくれる彼ら。さらに合間にEPを挟むのが恒例になっておりしかもフルアルバムとは楽曲の被りはないという…全く、マシーンの如き旺盛なクリエイティビティである…! 作風も挑戦的な姿勢を崩しておらず(模索なのかもしれないが…)、ロック寄りな2nd"You Tell Me"、一転アンビエントな3rd"Dark Noise"と来て、本作ではよりElectro-Popな側面を強調した楽曲が目立つ..
≪前へ  次へ≫