タグ / Ukraine

記事
Anagram to Anna / God, Me & Monsters(2013) [2014/03/29 23:01]
ウクライナのGothic/Doomデュオによる1stアルバム。 駄洒落のようなバンド名ながら、シリアスかつシアトリカルな音楽性を標榜する彼ら…重々しくローテンポな展開の中にも緩急と目まぐるしい場面転換があり、Progressiveの様相も。Anna嬢の司る思索的で情感溢れる歌唱と抒情的なピアノ、さらにはフルートが効果的に織り込まれることでFolk-Metal的な味わいも。一方のAleksandr氏はギターとベースを担当し底なしのダークネスと荘厳美を演出する。 長尺..
Mortalium / A Gap Between Birth And Death(2013) [2013/08/13 00:00]
ウクライナのGothic-Metalバンドによる1stフルアルバム。 おそらく"Mortal"、"Immortal"はGothic音楽界の最頻出ワードではないだろうか…そんな象徴的テーマを冠するMortalium。作風も王道中の王道、かと思いきやDoom Gothic-Metalともいうべき重厚スロー楽曲の合間に挟まれる超展開。とりわけ80'sGoth-Rock的な疾走感を見せる"Frozen Night"とこのジャンルで有るまじきシャッフル調(しかも男Vo!)の"Pr..
Vivienne Mort / Teatr Pipino(2013) [2013/03/17 02:14]
ウクライナのExperimental-Rockバンドよる1stフルアルバム。 冒頭の"Перейди, місяцю!"や"Сліди маленьких рук"、"Голубка"などのスロー曲で聴かれるJazzとIndie-Popのクロスオーバーは解放感のあるFiona Apple、或いは"ГГПТКН"や"День, коли святі...."の癖のある疾走感はUnexpected辺りのPsychedelic感もあったり。総じて凄まじく音楽偏差値の高い、それ..
The Moon Belongs To Everyone / Existentia(2012) [2012/10/21 23:21]
ウクライナのPost-Rockバンドによる1stアルバム。 Bandcampで無造作に全曲公開されている本作(一応$7USD以上のName your own price)、オフィシャルサイトすら未確認のためそのバイオグラフィは一切の謎に包まれる彼ら…しかしこの8曲入りアルバムに、Pure Reason Revolutionを発見した時のような鮮烈な感動を覚えている…! スタイルはドラマティックな展開が目くるめくPost-Rockで、へヴィネスと空間系を行き来するギ..
Flёur / Пробуждение(2012) [2012/03/08 01:58]
ウクライナのNeo-Folkバンドによる6thアルバム。 これまで同国含めロシア勢は、暗黒電子音楽のメッカのイメージでしたが、広大無辺な市場にはFlёurのような超良質Ethereal-Waveも居るから目が離せません。VoのOlga嬢とGt&VoのOlena嬢による清冽でメランコリックなOrganic Alternative-Rockは、息を呑むような美しさと溢れた全14曲。 All About EveやCocteau Twinsの影響を公言する通りDream-..
Gosprom / 20(2011) [2011/09/12 20:36]
ウクライナのエレクトロバンドによる2ndアルバム。 Bouncyなリズムに、ソウルフルなMariana嬢のVo…それだけなら自分が決して手を出さないであろう只のR&Bなんですが、彼らはTrip-Hop的な曲調を軸にNu-jazz、Acid-Jazz、Electronicaの要素を織り交ぜたハイブリッド・エレクトロを標榜する。 特にメンバーにクラリネット、DJ(プログラミング)を擁するだけあり、Folktronicaの手触りとスクラッチやボーカルチョップなどの00'..