タグ / Trip-hop

記事
Collide / Color Of Nothing(2017) [2017/11/11 19:15]
USエレクトロ・デュオによる8thアルバム。 再三お伝えしている通り、名作が多すぎて手が付けられない状態の2017年な訳ですがそういう時に限って、数年に1枚しか出さない大御所がキャリア最高レベルの決定盤を放ってきたりして更に悩みを増大させるのです…何なのまじで2017年。これは惑星直列、グランドクロスなの…? そんなフィメこれの象徴とも言うべき暗黒エレクトロの御大Collide。前作"Bent and Broken"がリコンストラクション作だったので、オリジナルと..
iEuropean / Into The Unknown(2017) [2017/09/07 02:14]
アイルランドのElectroデュオによる1stアルバム。 2017年の本命シリーズ発動…これから暫くの間、紹介する作品は全てアルバムオブザイヤー有力候補と覚悟するのじゃ…!まず"i"が頭文字のアーティスト一覧が神ってる。アーティスト、いやプロダクトを創る者は自意識、パーソナリズムの強い奴が正義なのである。Appleのiシリーズも多分そんな感じ。 そんなiEuropeanの面白味はアヴァンなFuture-Popを基軸としながらも、ディスコテイストなSynth-Pop..
Lydia Ainsworth / Darling Of The Afterglow(2017) [2017/07/23 01:03]
カナダのElectro-SSWによる2ndアルバム。 丁寧に構築された電子とアナログのエレメンツによるミニマルなElectronicaである…!透度の高いLydia嬢の歌唱は適度にエモーショナルでメロディアス。その隙間を埋めるピアノはじめストリングスとElectroの律動は呼吸をしているかのようで、一言でいうと極めてグレイトフルなアルバムだ…! 曲調的にはラウンジィかつExperimental性を帯びたTrip-Hopが多く、LoolacomaやPhantogra..
Kroy / Scavenger(2016) [2017/03/19 21:47]
加Electro-SSWによるソロ1stアルバム。 前の記事で2016年作品の紹介を終わるつもりでしたが、最後の最後でアルバムオブザイヤー級に出くわしてしまった…エレクトロデュオMilk & Boneとして知られるCamille Poliquin嬢。Milk〜のほうではSynth-Popに重きを置いており、耳触りの良いエレクトロという印象でしたがソロでは一転、インフルエンスがGoldfrappというだけあってミニマルな旋律とドープでホラブルな音遣いが同居する幽玄美溢れる..
Plike / Red Queen, White Queen(2016) [2017/03/06 03:35]
USエレクトロ・プロジェクトによる2ndアルバム(3rdEP?) 2017年も早いもので3月になり、そろそろ2016アルバムオブザイヤーを確定せねばいけない時期なのですが、Trip-Hop勢が豊作で決めかねている…そんな最中に土壇場で召集された侍ジャパン炭谷の如く現れた有力候補、それがPlike。伝わんないね。 多層的なストリングス、コーラスワークに彩られ、しかしカラフルでは無く寧ろモノクロームの終わりなき深淵に飲まれるようなサウンドメイク…BjorkやPorti..
Hooverphonic / In Wonderland(2016) [2017/02/23 23:44]
ベルギーのPopユニットによる9thアルバム。 元Trip-Hop勢ということで…今やオーガニックでアダルトコンテンポラリーなポップスを鳴らすことで知られるHooverphinic。その象徴的な歌姫Geike嬢の脱退後、7th"The Night Before"の公開オーディションを経て加入したNoemie嬢、With Orchestraでは過去曲への順応も見せていましたが8thアルバム後に脱退ッ…!本作ではVoの固定を諦め、5人のゲストボーカリストを迎える形で制作され..