タグ / Trip-hop

記事
Indarra / Walk On Fire(2018) [2019/03/05 23:23]
加Alternativeプロジェクトの1stアルバム。 カナダ・トロントの知る人ぞ知るRhea's Obsessionというバンド...2001年のリリースを最後に音沙汰ないのですが、そのボーカリストにしてマルチ・インストゥルメンタリストSue Hutton嬢によるサイドプロジェクトがこのIndarra。本体バンドと同様にカテゴライズが難しい何ともいえない系音楽だが、ワールド・ミュージック系オルタナといったところだろうか。Rhea'sからプログレやシューゲイズ要素を抜き..
ic3peak / Сказка(2018) [2018/12/24 01:48]
ロシアのエレクトロ・デュオによる4thアルバム。 ジャケからして、もうヤベー奴確定な作品で変態系にしてホラブル...Anna Von Hausswolff、Soft As Snowと2018年は怖いやつ多いのう...! EP作品で"Kawaii"とか"より多くの愛"とか邦題ではなく本題でタイトリングされているくらいジャパネスクを拗らせているようで、しかしその意味とは裏腹に攻撃的なElectroclashを撒き散らし、エスニックなTrip-Hop...The Gru..
Mari Kattman / Stay Up(2018) [2018/05/20 16:41]
UKのDark-Electroデュオによる2ndアルバム。 1st"Hover"がアルバムオブザイヤー2016に「秒で」決まったように、この2ndも1曲目のイントロで勝負あった感がある...!これはもう好みとしか言いようがない。Dark-Trip-Hopともいえる緩やかなリズム+Synthによる終末的なリフ+アトモスフェリックなElectro+Mari嬢の歌うノスタルジックなメロディ=Mari Kattman=最強。 もう本当に全てが、と言って良いほど好きなのです..
Collide / Color Of Nothing(2017) [2017/11/11 19:15]
USエレクトロ・デュオによる8thアルバム。 再三お伝えしている通り、名作が多すぎて手が付けられない状態の2017年な訳ですがそういう時に限って、数年に1枚しか出さない大御所がキャリア最高レベルの決定盤を放ってきたりして更に悩みを増大させるのです…何なのまじで2017年。これは惑星直列、グランドクロスなの…? そんなフィメこれの象徴とも言うべき暗黒エレクトロの御大Collide。前作"Bent and Broken"がリコンストラクション作だったので、オリジナルと..
iEuropean / Into The Unknown(2017) [2017/09/07 02:14]
アイルランドのElectroデュオによる1stアルバム。 2017年の本命シリーズ発動…これから暫くの間、紹介する作品は全てアルバムオブザイヤー有力候補と覚悟するのじゃ…!まず"i"が頭文字のアーティスト一覧が神ってる。アーティスト、いやプロダクトを創る者は自意識、パーソナリズムの強い奴が正義なのである。Appleのiシリーズも多分そんな感じ。 そんなiEuropeanの面白味はアヴァンなFuture-Popを基軸としながらも、ディスコテイストなSynth-Pop..
Lydia Ainsworth / Darling Of The Afterglow(2017) [2017/07/23 01:03]
カナダのElectro-SSWによる2ndアルバム。 丁寧に構築された電子とアナログのエレメンツによるミニマルなElectronicaである…!透度の高いLydia嬢の歌唱は適度にエモーショナルでメロディアス。その隙間を埋めるピアノはじめストリングスとElectroの律動は呼吸をしているかのようで、一言でいうと極めてグレイトフルなアルバムだ…! 曲調的にはラウンジィかつExperimental性を帯びたTrip-Hopが多く、LoolacomaやPhantogra..