タグ / Symphonic Rock

記事
葉月ゆら / Ghost Sense(2017) [2017/09/09 01:09]
日Doujin歌姫による??thアルバム。 その音楽性、いやさ存在が秩序であり概念…同人音楽界の鹿目まどか(アルティメットまどか)こと葉月ゆら嬢である。例によって何10作品出しているか見当も付かない訳ですが、常に最新が最高…そう思わせてくれる新鮮さと安定感を提供してくれます今回も。 昨今のメルヘン路線とダークゴシック路線の2本柱(ALI PROJECTで言うところの白アリと黒アリ)に沿ったリリースで、昨年の"ORGIA"に続く後者のダーク作品です。箱庭感満載のシン..
Asriel / ABYSS(2013) [2014/03/25 00:42]
同人メタルユニットによる16th「インディーズ・ラスト」アルバム。 昨年の14thアルバム"XANADU"の項で、メジャーのノウハウをDoujin界に還元することを期待していた訳ですが、この度再度メジャーへの挑戦を表明したAsriel。前回は望まない形の契約だったのか、事情は推して知るべしだが、インディーズラストと敢えての明言に並々ならぬ不退転の決意が見て取れる。 Doujin界に戻ってからのここ数作は鬼気迫るほどの勢いと充実感に満ちており、遂に本作で「疾走叙情シ..
Queen Of Wand / Child Ghost Hour(2013) [2013/06/30 00:41]
日Doujinユニットによる9thアルバム。 六弦アリスや少女病、Asrielらと並んで老舗Gothic系Doujinサークルとして知られるQueen Of Wand。本作は8曲入りのオリジナルアルバムながら、彼らの音楽を構成する要素が全部入りの贅沢な内容となっている。 メルヘンティックな小曲""Pied Piper Parade"、ストリングス+ピアノ+Voのみで綴られる"ばらのなまえ"、一転トランシーなIndustrialが炸裂する"堕天ソリスト"、ポップとG..
Kalafina / 5th Anniversary LIVE SELECTION 2009-2012(2013) [2013/02/26 02:18]
日の歌姫ユニットによる、ライブ盤にしてベスト盤。 2ndの"Red Moon"以来、動向をあまりチェックしていなかったのすが…まどマギのED"Magia"はじめシングル、アルバムとも着実に枚数を伸ばし最早アニソン界隈には留まらない、J-POPを代表するFemale-Vocalユニットになりつつある彼女達。ベスト盤をライブ盤として出す辺りまさに自信の表れで、近年の充実振りと実力をまざまざと聴かせつける作品だ。 もちろん全曲生演奏によるもので、特にGtの是永巧一氏をは..
Cleshe −クレシェ− / レフィエリテの鏡(2012) [2012/12/08 19:11]
M3-2012秋特集その2はシンフォ・ロック系サークルの新作。 『レフィエリテの鏡』『アムヴェリテの鎖』と銘打たれた2枚のEP…一括りで4thアルバムの前者をご紹介。冒頭からメタル魂炸裂なギターと共に、打ち込み感を隠そうともしないリズムが疾走し可細いVoがたゆたう。六弦アリスとかの初期を髣髴する「正しい同人メタル像」に惹かれて購入した訳だが、2曲目以降でその期待は良い意味で裏切られることになる…! アカペラや台詞パートを挟むドラマティックかつプログレッシブな展開、..
Lana Lane / El Dorado Hotel(2012) [2012/02/25 23:46]
USプログレッシブ・ロックシンガーによる9thアルバム。 これまでその高名を耳にしながらも、聴く機会の無かった大御所である。プロフィールにはProgressive-Metal/Rockとカテゴライズされているが、"A Dream Full Of Fire"冒頭のコーラスやコンプを掛けたギターフレーズが如何にもなフュージョン系のスタイルを主張している・・・感想を書いた中でいうとKaipaみたいな感じ。アダルト・コンテンポラリな雰囲気を醸し出しつつもプログレッシブ性は薄く、..