タグ / Post-Rock

記事
Anna Von Hausswolff / Dead Magic(2018) [2018/04/28 02:53]
スウェーデンSSWによる5thアルバム。 過去最強クラスの、空恐ろしいジャケ...これだけでSAN値削られそうなものですが、楽曲も中々にインサニティである。ドローンでアトモスフェリックなシンフォから立ちのぼるAnna嬢の熱に浮かされたような歌唱...基本美声なんだけど不定期に発せられる怪鳥の如きスクリームに戦慄を禁じ得ない。 とまあ作風は4thまでと然程変わらないのだが、本作では長尺による5曲構成というのが異彩を放ち、宛らプログレアルバムの様相だ。そのためか、従来..
Rebeka / Davos(2016) [2016/10/29 18:32]
ポーランドのエレクトロ・デュオによる2ndアルバム。 初聴は今年の初めくらいで、素晴らしいけど感想述べにくいやつだな…しかしアルバムオブザイヤー候補だからいつか書かねば…と先送りにした結果今に至ると。まあ間違いなく昨今に於いてはレベッカよりレベカ、NOKKOよりIwona、フレンズよりダボス。で正解だね。 Ambient寄りなSynth-Pop、エクスペリメンタルなElectronicaなどの様々な側面を持つ彼ら。例うるならSnow GhostsのAmbient、..
Midas Fall / The Menagerie Inside(2015) [2015/10/05 02:53]
UKのPost-Rockバンドによる3rdアルバム。 アルバムオブザイヤー2010の1st"Eleven Return & Revert"、より深化を遂げた2nd"Wilderness"を経て彼らが標榜する10'sの"Post-shoegaze-gothtronica-alt-prog-rock"の地歩を固めた感があるMidas Fall。もっと知られて良い存在だが…シーンの中心はマンチェスターには無いのか…。 今作の特徴は脱エレクトロ。「壁」と「粒」が織りなすギ..
Spiral / Cloud Kingdoms(2014) [2014/05/24 13:14]
ポーランド産Post-Rockによる2ndアルバム。 これは冒頭の出音で持ってかれるパターンだ…否、プログレ然としたアートワークの時点で既に昂ぶっていた…!タイトルの通り「雲の王国」を題材にした、フェアリーテールなコンセプトによる本作である。やっぱり某名作アニメのオマージュなのかな…ジャケのやつ巨大飛行石っぽいしな。Midas Fall好きなら聴いておきたい。 空間系ギターの瑞々しさと疾走感が実にエモい"Golden Afternoon"、微エレクトロとストリング..
Sorry Boys / Vulcano(2013) [2013/12/30 14:09]
ポーランドのIndie-Rockバンドによる2ndアルバム。 ブログ名と裏腹に、あまりオルタナロック勢を紹介できなかった2013年。しかし土壇場で凄いのに出会えた喜びに打ち震え中…ポーランドと言えば隠れ音楽大国、Gothic音楽中心なイメージがありますが、この名前こそB級感のバンドは文学的な匂いがありながらポップさも併せ持つ特A級のアートロックだ。隣国ウクライナのThe Moon Belongs To EveryoneのPost-Rock感を持ちつつもよりミニマルで、現..
Midas Fall / Wilderness(2013) [2013/04/10 01:18]
UKのPost-Rockバンドによる2ndアルバム。 65daysofstatic、Nedryらを擁する超実力派レーベルMonotreme Recordsの新星Midas Fall。3年前のデビュー作"Eleven Return & Revert"はもう1曲目の最初の音で勝負あり、即アルバムオブザイヤー2010入りのキラーアルバムでしたが今回もまた美しい…より醸成された深みのある作品を繰り出してきた。 Down-Tempo楽曲を中心に、トリプル・ギターによる空間系..