タグ / Nu Metal

記事
UNDEAD CORPORATION / No Antidote(2017) [2018/02/06 23:39]
日メタルコアバンドによるオリジナル3rdアルバム。 2011年に"鬼伽草子"の感想を書いた頃は平野幸村氏によるあんきも、いくらの東方メタルアレンジシリーズのアナザープロジェクトで、ランコ嬢やめらみぽっぷ嬢がVo参加していた「あんこう」。固定の男女Voを擁した5人体制になってからは、基盤の音楽性はそのままにオリジナル作のリリースを重ねている。 メロデスでありながらステイリッシュに聴こえるのがUNDEAD CORPORATIONの素敵なところで、松ケンスケ氏(社長)に..
Infected Rain / 86(2017) [2018/01/25 22:06]
モルドバのAlternative-Metalバンドによる3rdアルバム。 聴くのは1st"Asylum"以来の6年振りですが印象は変わらず。時折スクラッチを交えたヘヴィリフとスクリーミング(気味のヴォイ)によるラウドパートと、クリーントーンによるメロウパートによって構成される、まあ00's前半によくあったエモ系ヘヴィロックです。奇しくも同国を代表するアーティストO-Zoneが流行っていた頃のメインストリームロックだハッハー。 必然、ラウドパートは金太郎飴になりがち..
Dust In Mind / Oblivion(2017) [2017/07/17 22:07]
仏Industrial-Metalバンドによる3rdアルバム。 Electroではなく、Power-Metal寄りのIndustrialのご紹介は久方振りではないだろうか…!これまでにも同郷のElyoseはじめXalynar、DyNAbyteなど挙げてきましたが男Voによるブルータルなデスボパート、女性Voによるメロディアスパートは王道中の王道、ノスタルジアさえ覚える「ひと昔前の近未来感」なサウンドです。アートワークにもそれが顕れていて大変良い。究極の既聴感をあなたに…..
大凶作 / 大喝采(2015) [2016/02/07 22:00]
日Alternative-Metalバンドによる1stフルアルバム。 そのバンド名から90'sを席巻したJ-コアシーン、山嵐とか宇頭巻とか怒髪天とかのフォロワーかと思ったら違っていた。自称「メランコリックポピュラーソングバンド」とのスタイルは半ばネタと思いきや、洗練されたエモいProgressive-Metalだった。タイトルとかメンバー名とかB級要素も散りばめつつ音楽的には変態性を薄めたiwrestledabearonceといったところか。 DEATH姫のボーカ..
Otep / Hydra(2013) [2014/01/09 09:08]
米Nu-Metalバンドによる6thアルバム。 既に1年近くが経ってしまいましたが、最後の作品と公言してリリースされた本作。2003年のデビュー盤"Sevas Tra"から追ってきた身としては、キワモノ的アングラバンドと思われた彼らがUSチャート上位にまで上り詰め、シーンを代表するバンドになる過程を見られたのは幸せなことでした。 4th"Smash the Control Machine"辺りから洗練されたAlternative-Metalの音になり、本作でもそれ..
Ashes To Ashes / Borderline(2013) [2013/08/04 00:25]
イタリアのAlternative-Metalバンドによるデビュー作。 テクニカルなフレーズを惜しげもなく繰り出すギターを筆頭に、スキルフルな演奏陣をバックにキャッチーなメロディが乗っかる00'sエモメタルの影響下にあると思しき彼ら…有りがちなバンド名と相俟って然程印象には残らない…はずだった。 聴き進めると、Marta嬢によるボーカルがこうしたジャンルではお約束の力強いヴォイではなく極めて可憐な、ときに消え入りそうな歌唱でバックのアグレッシブな音とのコントラストが..