タグ / norway

記事
High Priest of Saturn / Son of Earth and Sky(2016) [2016/10/02 22:51]
ノルウェーのProgressive-Rockバンドによる2ndアルバム。 大仰なバンド名、6分〜10分の尺で5曲入りという構成からも、解り易いオールドスクールなプログレ作品です。ベース兼女性Vo、Key、Gt、Drの4ピースでDoom、Storner、Psychedelic風味な混沌世界を奏でます。まず冒頭が余りにもキンクリのアレで、あぁ今を生きる我々こそが21世紀のスキッツォイド・マンなんだなあと香ばしい気持ちにさせられる…とにかく10年代後半の音とは思えないアナログ..
Leaves' Eyes / King Of Kings(2015) [2015/10/31 01:02]
ドイツのSymphonic Metalバンドによる6thアルバム。 "King Of Kings"・・・そのタイトルからいにしえのシュミレーションゲームやチャンピオンを連想してしまう昭和脳な俺のことはさて置き、本作は古代ノルウェーを統一した王に纏わるコンセプトアルバムである。彼らの・・・というかLiv嬢のルーツともいえるテーマだけに北欧フォークメタル色が前面に出ており、へヴィネス化した前作"Symphonies of the Night"を酷評させていただいた私としては..
Royksopp & Robyn / Do It Again(2014) [2014/06/21 01:04]
ノルウェーのエレクトロ・デュオとスウェーデンのSSW嬢による1stEP。 これは今年最大のコラボレーションかもしれない…何しろRoyksoppの刹那エレポップを女性シンガーが歌うのである…!Schiller feat.Tarja以来のワクワク感でもって本作を手に取る。因みにRobyn嬢とはキャリア20年近いシンガーだが知名度は限定的で、R&Bやエレクトロ系ミュージシャンへの曲提供などレコーディング・アーティストとして知る人ぞ知る的な存在…らしい。 冒頭の"Monu..
Leaves' Eyes / Symphonies of the Night(2013) [2013/12/31 00:57]
ドイツのSymphonic Metalバンドによる5thアルバム。 Female fronted-Metalシーンを代表する、もはや説明不要の彼ら…意外にもこれまで紹介してこなかったのは、印象薄だったの一言に尽きる。それでも前作"Meredead"はフォークメタル/トラッド色を前面に出し、北欧伝承という彼ら(というかLiv嬢)のルーツを改めて提示した好盤だったように思います。 翻っての本作は前半部の適度なパワーメタル具合の印象が強い…もっともEpicaのような荘厳..
Her Royal Harness / The Hunting Room(2013) [2013/09/19 02:04]
UK/ノルウェーのSynth-Popデュオによる1stアルバム。 ノルウェー人のSSW、Helene Jaeger嬢とイギリス人のプロデューサーDylan Long氏による本ユニット。"A dark and sophisticated alternative pop"と表され、リード曲"Unseen"や"Blood + Fire"がじわじわと話題を集めつつある要注目アーティストです。 作風的にはParraloxのキラキラ感とIvyの生ディスコサウンドを足して2で割..
Sirenia / Perils of the Deep Blue(2013) [2013/07/02 00:48]
ノルウェーSymphonic-Metalバンドによる6thアルバム。 リリースに先立って公開された"Seven Widows Weep"を聴いてその「らしくなさ」におおっ?と腰を浮かしました。壮大なクワイア、男Voがリードする展開、何より疾走感とスラッシュ色の強いリズム隊…。Morten氏がほぼ一人で作り上げた前作"The Enigma of Life"が異色作だったとしても、Sireniaといえばミッド〜スローテンポを主体とした叙情的なシンフォ・メタルという印象だった..