タグ / Japanese

記事
陰陽座 / 覇道明王(2018) [2018/06/09 04:37]
日妖怪へヴィメタルバンドによる14thアルバム。 前作"迦陵頻伽"で、12年ぶり二度目のアルバムオブザイヤーを獲得した陰陽座(1回目は2004年の5th"夢幻泡影")。20年近いキャリア、200曲近いオリジナル作を誇りながらも枯れない滾りに最早驚嘆を通り越してドン引きである・・・!そして今回もまた、新たなる傑作が産み落とされてしまったと思わせる出来。ないわー(嬉) ピアノで始まる「覇王」は"鬼子母神"や"迦陵頻伽"で見られる近年の開幕パターン。序盤ブルータルかと思..
Unlucky Morpheus / Saireco Jealousy(2018) [2018/05/25 01:23]
日メタル・プロジェクトによるリメイクアルバム。 2009年リリースの東方メタルアレンジアルバム"Jealousy"。あんきもとの出会いの1枚であり、同人音楽への入口となった個人的にも思い出深き作品を、現ラインナップのフルバンド形式でサイレコしたのが本作。巧いこと言ってる感と脱力感が同時に押し寄せるタイトルが、また良き。 最初にあんきもをレビューした"猫吟鬼嘯"の時も書いたのですが、東方曲と某メタルレジェンド曲の2つの本ネタを合体させ、かつオリジナリティを出すという..
PPP / ペパプ・イン・ザ・スカイ!(2018) [2018/05/10 00:09]
ペンギンアイドルユニットによる1stアルバム。 どうぶつビスケッツと並び、けものフレンズプロジェクトの顔としてお馴染みとなったPPP(ペパプ)。核であるアニメ2期が制作プロダクション降板で紛糾するなかアプリゲーム、舞台、ラジオ番組のメディア、あるいは商品キャンペーン等で奮闘が続いている。音楽面でもキャラソンアルバム「Japari Café」を皮切りに2ndアルバム、シングル、サントラ等が絶え間なく投下され、遂にサブユニットだったPPPが4/25世界ペンギンの日に、本作で..
Roselia / Anfang(2018) [2018/05/02 03:09]
日ガールズバンドユニットによる1stアルバム。 ENOZ、放課後ティータイム、Girls Dead Monstarの系譜を継ぐ、日本を代表するガールズロックバンド(2.5次元)...それがPoppin' Partyであり、このRoseliaである…!共にゲーム「バンドリ!ガールズバンドパーティ(ガルパ)」の登場バンドであり、前述のガールズロックの音楽性という意味ではPoppin' Partyが正当後継者になる訳だが、RoseliaはGothic-Metal様式という点で..
アーバンギャルド / 少女フィクション(2018) [2018/04/26 00:06]
日トラウマ・テクノポップバンドによる8thアルバム。 デビュー10周年記念アルバムと銘打たれた本作。2nd"少女都市計画"からフルアルバムは全て当ブログで取り上げており、言うまでもなくどれもフェイバリッ度が高いのですがここ数作...ガイガーカウンターカルチャー、鬱くしい国、昭和九十年は風刺色が強く、やや胃もたれ気味だったのが正直なところだ。そこへ来て今回の原点回帰、やはりアーバンのモチーフは少女でなくてはな...! 4周ほど聴いて、これは過去最高作ちゃうんかな?と..
EGOIST / GREATEST HITS 2011-2017 “ALTER EGO”(2017) [2018/04/15 01:06]
日アニソンユニットによる2ndアルバム(ベストアルバム)。 年末某日、冬コミ(C93)で戦利品を得、国際展示場から隣の東雲まで上機嫌で一駅歩いている際に執拗に俺を追ってくる一台のADトラック…それがEGOISTの"GREATEST HITS 2011-2017 “ALTER EGO”"なのであった…!偶々、駅とビッグサイト間を巡回していたんだろうけど、周りに誰も居ない中マンツーマンみたいな状況が暫く続きその間Deperturesのアコギverがずっと流れていた。原曲がバ..