タグ / Indie pop

記事
Princess Chelsea / The Loneliest Girl(2018) [2018/12/10 00:12]
ニュージーランドのSSWによる3rdアルバム。 絵に描いたようなメルヘンチックなジャケ、姫を名乗っちゃってる事からも察せられる通り、フェアリーテイリングなIndie-Popを鳴らすChelsea Nikkel嬢。キャッチーなメロと共にピアノやストリングスを交えたハッピー感溢れるポップミュージック...一聴するとそんな印象なんだけど、どこか仄かな狂気を帯びている気がしてならない。リヴァーヴの深い多層的なコーラスワークや不穏なコード進行...ダークファンタジー感はSchne..
Chvrches / Love Is Dead(2018) [2018/08/27 01:34]
蘇格蘭のエレクトロ・バンドによる3rdアルバム。 フジロック2018のショウが記憶に新しいチャーチズ。数々のゲーム、TV、映画でのメディアフィーチュアやNMEアワードやブリットアワードの常連で既にスターダムにのし上がった感のある彼ら...余りにも眩しくて今更フィメこれで取り扱うのも憚られるし、「ワシが発見したのじゃ」とドヤれないのはレビュー価値あんのかって話なんですけども。前作の2nd"very Open Eye"がエントリ漏れしたのが悔やまれたためリベンジを。当時は同..
Fazerdaze / Morningside(2017) [2017/07/03 01:43]
ニュージーランドSSWによる1stアルバム。 先行シングルの"Lucky Girl"は直線的なベースとギターのバッキングによる疾走ネオアコ・ポップなイメージでしたが、アルバムではLo-fiなガレージロックだったり薄っすらとしたDream-Popも垣間見えたり。単なるパワーポッパーとは一味違うところを聴かせつけている。まあ、夏にぴったりの爽快文系ギタポです。VHS Dream、Winter Tamar Antler、Vanbotと毎年、夏に似合う音楽と言うのが恒例になって..
Tashaki Miyaki / The Dream(2017) [2017/05/08 02:26]
USAlternative-Rockバンドによる1stフルアルバム。 宅録チップチューンElectronicaを標榜する引きこもり系SSW、田崎美由紀さん(28)がCDが売れないこんな世の中とコミュ障な現状を打破すべく一念発起してロリキャラを纏い「たしゃき・みゃき」名義でバンドを結成、地下アイドル活動を開始…そんなストーリーを思い浮かべたのは俺だけでいい…歴としたUSのIndie-Popバンドでした。『崇史・三池』をうろ覚えで発音したらこうなったんだとか…これはこれで酷..
Poliça / United Crushers(2016) [2016/04/16 15:41]
米Indie-Rockバンドによる3rdアルバム。 デビュー作"Give You the Ghost"でいい感じの聴き応えを得たものの、その後の2ndアルバムは完全にスルーしておった彼ら。本作を聴く限りでは、その間にエレクトロ要素を濃くしていったのかなという印象。ベルギーでスマッシュ・ヒットを放った"Dark Star"で味を占めたかな。 Poliçaの特徴として、ベースが力強く牽引するNew-Wave的ノリにSynthとChanny嬢のリヴァーヴ哀愁Vo、そして..
Purity Ring / Another Eternity(2015) [2015/07/15 00:38]
加エレクトロデュオによる2ndアルバム。 2012年の1st"Shrines"がUSチャート上位に食い込みFUJI ROCK出演、Lady GagaのRemix仕事などでスターダムに躍り出た彼ら。本作では2枚目のジンクスなど吹っ飛ばすかのような各方面での激賞。前作を上回るチャートアクション(全米26位、エレクトロチャート1位)を見せた。 パッと聴き、保守的なエレクトロニカに思えるがWitch-HouseやElectro-gazer的なギミック感も併せ持ち、聞き流し..