タグ / Gothic Metal

記事
Scarlet Dorn / Lack of Light(2018) [2018/12/09 05:38]
ドイツのAlternative-Rockシンガーによる1stアルバム。 冒頭のクラシカルなピアノの旋律に荘厳な8分の6ビート、数秒でこれはMuseフォロワーや!と喜びの舞。10数年Female-Voものブログをやっていますが、未だMuseは私の中でナンバーワンは揺るぎないのです。その影響下にあるアーティストはすべからくLOVEなんですが、ここまで全開なのは余りない...因みに1曲限定ですが、まんま"New Born"のパク...オマージュを収録した作品がござった。 ..
Obsidian Shell / Soulminder(2018) [2018/11/25 00:17]
ハンガリーのSymphonic-Metalバンドの5thアルバム。 3rdの"Evershade"以降、Voを固定しないスタイルになったObsidian Shell。4thではツイン女性Vo体制となり、本作では代表作である2nd"Angelic Asylum"時代のAlexandra嬢が復帰。全盛期よもう一度!な狙い通りにファンタジー感、疾走感、重量感、シンフォニック感、メロディアス感とどれを取っても素晴らしい出来に。低音イケボ、中音ナチュラルボイス、ソプラノと3段階の..
Kingfisher Sky / Technicoloured Eyes(2018) [2018/11/17 00:03]
オランダのProgressive-Metalバンドの4thアルバム。 8年前の2nd"Skin of the Earth"でも触れましたがWithin Temptationから派生した数々のバンド。1枚で終わったAmbeonはともかくDelain、このKingfisher Skyと当初はそれぞれ個性豊かだったのですが作を重ねる毎に母体に収斂してきた感があります。 ウ  ど ィみ  う ズん せ イ な ン に な  る あのトラッド・フュージョン感は..
i:Scintilla / Swayed(2018) [2018/09/24 23:45]
USエレクトロ・バンドによる4thアルバム。 Alfa Matrix祭り第6弾...本来は新作が集中した春先に特集すべきなんだけど、このi:Scintillaのリリースに合わせて秋にスライドしてお送りしました。言わばこれまで紹介した作品は前座、そのくらい8年振りの本作に寄せる期待が絶大だった訳です...! そんな本作はアルバムオブザイヤー2010の大名作"Dying & Falling"以来のオリジナルアルバム。冒頭からフィードバックギターとタムによるビートロック..
Witchcraft / Cinema(2018) [2018/08/08 22:23]
露Gothic-Metalバンドによる4thアルバム。 ラフォーレ夏のグランバザール。そんな広告っぽい艶やかなジャケの本作。なるほど購買意欲をそそる感じではある。前作"7"の百合百合しいジャケといい、Witchcraftのアートワークは裏切らないな...個人的にはLyudmila嬢だけでなく、Kate嬢のアルティミシア風の魔女魔女しいコスも見たいぞ。WitchcraftといえばVoとViolinの紅二点なのじゃからな...! さてIntroのホラブルなSEからサイ..
Whyzdom / As Time Turns To Dust(2018) [2018/05/11 23:54]
仏Symphonic-Metalバンドによる4thアルバム。 デビュー作"From the Brink of Infinity"の感想を書いてから8年半になりますか...その間、3度のVo交代劇があり、最初のTelya嬢脱退後にXandria(こちらも人事の慌ただしさで有名)の元ボーカリストLisa嬢をゲスト起用した後、正式な後任として現Vision Of Atlantis(あちらも頻繁な加入脱退で有名)のClémentine嬢を迎えて2ndを制作、その後もう1人挟んで..