タグ / France

記事
Whyzdom / As Time Turns To Dust(2018) [2018/05/11 23:54]
仏Symphonic-Metalバンドによる4thアルバム。 デビュー作"From the Brink of Infinity"の感想を書いてから8年半になりますか...その間、3度のVo交代劇があり、最初のTelya嬢脱退後にXandria(こちらも人事の慌ただしさで有名)の元ボーカリストLisa嬢をゲスト起用した後、正式な後任として現Vision Of Atlantis(あちらも頻繁な加入脱退で有名)のClémentine嬢を迎えて2ndを制作、その後もう1人挟んで..
EDH / SOS Spring(2017) [2017/09/05 02:50]
仏Electro-Popプロジェクトによる4thアルバム。 Hypo & EDHも入れると6thになるのかな。 と知ったふうに書いておるがバイオグラフィは公式Facebookやレーベルサイトから殆ど掴めず。ライブ写真ではDr、Key、Vo/baの女性トリオバンドなようだが、どうやらEmmanuelle De Hericourt嬢、略してEDHがこのプロジェクトの正体な模様…恐らくベースボーカルの子だという理解で合ってるんだろうが、Voも含め楽曲がソフィスティケイテッド..
Hante. / Between Hope & Danger(2017) [2017/09/04 00:51]
仏Darkwaveプロジェクトによる2ndアルバム。 2017年最大の、手のひらクルー作品やもしれぬ…前作"This Fog That Never Ends"から2年連続となるHante.ことHélène de Thoury嬢ソロ作な訳ですが、おブス声とかフックに欠けるとか批判的なことを書いて本当にスマンかったッ…! ミニマルなDream-Gazer気味だった音像が明瞭となり同時に奥行きも兼備。リバーヴサウンドに裏に潜んでいたHélène嬢のVoが前に出てきた事で..
Dust In Mind / Oblivion(2017) [2017/07/17 22:07]
仏Industrial-Metalバンドによる3rdアルバム。 Electroではなく、Power-Metal寄りのIndustrialのご紹介は久方振りではないだろうか…!これまでにも同郷のElyoseはじめXalynar、DyNAbyteなど挙げてきましたが男Voによるブルータルなデスボパート、女性Voによるメロディアスパートは王道中の王道、ノスタルジアさえ覚える「ひと昔前の近未来感」なサウンドです。アートワークにもそれが顕れていて大変良い。究極の既聴感をあなたに…..
Fabolidays / Good Music For Better Mood(2016) [2017/02/11 15:41]
仏Electroユニットによる1stアルバム。 R&B寄りなTrip-Hop勢第2弾…ということで、言い忘れてましたがSound Meと同じくTrip-Hop.net Best Tunes 2016に挙がっていたアーティストです。件のBest Tune"Jean Michel"が良い意味でどっかで聴いたような、物凄くキャッチーでダンサブルなキラー曲だった訳です。そして辿りついたアルバムは大滝詠一ふうの、サマーソングのコンピ盤みたいなジャケで"Good music for..
Skinsitive / Somebodies(2016) [2016/03/11 02:03]
仏Alternative-Rockバンドによる2ndアルバム。 最初にバンド名をみて、すわSkindive再結成か!(※00's初頭にアルバム1枚残して消えた知る人ぞ知るアイルランドのバンド)と空目したのは世界で3人くらいは居るはずだ…残念ながら本作はそこまで神盤ではないが、Electronica要素を効果的に配している点では似ているかもしれない。 人力Trip-Hop的な浮遊感を持つ冒頭2曲で心は鷲掴みに。作詞作曲ギターをこなすVirginia嬢のソウルフルなV..