タグ / France

記事
Fabolidays / Good Music For Better Mood(2016) [2017/02/11 15:41]
仏Electroユニットによる1stアルバム。 R&B寄りなTrip-Hop勢第2弾…ということで、言い忘れてましたがSound Meと同じくTrip-Hop.net Best Tunes 2016に挙がっていたアーティストです。件のBest Tune"Jean Michel"が良い意味でどっかで聴いたような、物凄くキャッチーでダンサブルなキラー曲だった訳です。そして辿りついたアルバムは大滝詠一ふうの、サマーソングのコンピ盤みたいなジャケで"Good music for..
Skinsitive / Somebodies(2016) [2016/03/11 02:03]
仏Alternative-Rockバンドによる2ndアルバム。 最初にバンド名をみて、すわSkindive再結成か!(※00's初頭にアルバム1枚残して消えた知る人ぞ知るアイルランドのバンド)と空目したのは世界で3人くらいは居るはずだ…残念ながら本作はそこまで神盤ではないが、Electronica要素を効果的に配している点では似ているかもしれない。 人力Trip-Hop的な浮遊感を持つ冒頭2曲で心は鷲掴みに。作詞作曲ギターをこなすVirginia嬢のソウルフルなV..
Hente. / This Fog That Never Ends(2016) [2016/02/29 00:37]
仏Darkwaveプロジェクトによる1stアルバム。 Synth-waveデュオ、Minuit Machineのコンポーザーとして知られるHelene de Thouryのソロアルバムである。音楽性はほぼ変らずSynth-PopにDarkwaveとミニマルウェーブの味付けを施した体裁。違いといえばインストゥルメンタルの割合が多めなところか。歌メロも殆ど起伏が無く、リーディング、ツイート、ウィスパリング調。偶に抑揚があるパートでもHelene嬢の歌唱は残念声というかおブス..
Jabberwocky / Lunar Lane(2015) [2015/12/13 18:24]
フランスのエレクトロユニットによる1stフルアルバム。 ユニット自体はKey、マニピュレータ、ギターの男3人組で、楽曲ごとに女性ゲストボーカルをFeaturingするスタイル。Schiller、Delerium、Anguisetteのフランス版といったところか。2013年に話題となった"Photomaton"に代表される通り、Bouncyさと叙情性が同居するTrip-Hopを標榜。陰鬱なソウルミュージックと言えなくもない…! "Photomaton"のクールな歌唱..
Infinite Silence / Landscape(2015) [2015/11/09 02:30]
仏Alternative-Rockバンドによる1stアルバム。 実に面白い(レグザッ)…福山ならずとも唸りたくなるような作品である。一言でいうと楽曲のハードさと対極の音の軽さ。Rec技術が稚拙なメタルバンドの1stでありがちなパターンではあるのだが、練り込まれたフックの利いた展開や、あからさまに音のバランスを崩している感じ…Synthだけが前面に出ていたり、ギターがやけにドンシャリだったり、性急なバンドサウンドとは別次元でフロウする、文字通り浮きまくったVoなど敢え..
Wildpath / Disclosure(2015) [2015/02/04 00:32]
仏Metalバンドによる4thアルバム。 2ndの"Non Omnis Moriar"から6年...凄く感触が良かった割に2011年の3rdを聴き逃していたので、本当にお久し振りさんだ。クサいメロとトラッド感はそのままに、エレクトロが追加されていることに心が躍る。シンフォメタルの荘厳さとフォークメタルの土着性(というか良い意味で垢抜けないギターフレーズ)にエレクトロ、ジャズ、ブルーズ要素は3rd"Underneath"から導入されたとのことだが、不思議と6年前の印象から..