タグ / Estonia

記事
Suicidal Romance / Rêves & Souvenirs(2015) [2015/03/25 00:46]
エストニアのDarkwaveユニットによるベストアルバム。 "Souvenirs"と題している通り、3枚のフルアルバム…"Love Beyond Reach"、”Shattered Heart Reflections"、"Memories Behind Closed Curtains"と、3枚のEPから選りすぐられたお土産的な本作。何となく常に初々しい印象の彼らですが既に活動期間は10年、総括する時期なんですなあ・・・ってGoogle検索結果の右上(著名人で検索するとプ..
Maria Minerva / Histrionic(2014) [2014/08/24 02:01]
エストニアのエレクトロ嬢による3rdアルバム。 ズドラストビーチェ。これまでに紹介した中ではSuicidal Romance、HU?と良質Electroを輩出するエストニア…流石Skypeを生んだ少数精鋭にして先鋭国家である…! 2011年に"A Little Lonely"がガーディアン紙の年間ベスト40入りした彼女。夢遊病的なリバーヴ感を携えた同曲の選出には若干のネタ要素もあったのでは…と勘繰ってしまうのですが、本作は幾分メジャー感が増している。柔らかなSyn..
Suicidal Romance / Memories Behind Closed Curtains(2011) [2012/01/07 14:00]
エストニアのDark-Electroユニットによる3rdアルバム。 暴虐Harsh-Voiceに煽情的なダークトランスが奏でるディストピア・マーチ…イントロナンバー"Love Will Have Her Revenge"の掛け合いが象徴するように、ライブを意識した作りになっている。Suicidal Romanceにそんなストロングなイメージを持っていなかったけど?という貴方は正しい。デビュー当初のSynth-Popから前作でEBMテイストを徐々に強めた彼ら。"Shatt..
HU? / Läbi Öö(2011) [2011/07/07 22:56]
エストニアのElectroユニットによる3rd…くらい…のアルバム。一寸待てよ"MAXI EP"って書いてあるがそれってフルアルバムじゃね?w9曲入ってるし。因みにエストニアは今年から旧ソ連圏で初めてユーロを導入し、マーケット的にも注目が高まっている国です。 彼らが標榜するのはElectroclashとsynth-Popの狭間にポジショニングする音楽。肉感的なリズムと繊細でエモい旋律を7:3くらいの割合で配合。とにかくバラエティに富んだ内容でDrum'nぽいアゲアゲな四..
Suicidal Romance / Shattered Heart Reflections(2010) [2010/07/19 17:47]
エストニアのDarkwaveユニット、Suicidal Romanceの2ndアルバム。 Gravitator Recordsよりリリースの1st"Love Beyond Reach"が好評を博した彼ら。今作はReaper、Frozen Plasmaで知られるVasi Vallisをプロデューサーに迎え制作。その影響か、従来のロマンティシズム溢れるFuture-Popをベースとしながらも、よりEBM色が強くなっている。Dmitry氏のHarsh-Voiceによる攻撃的な..