タグ / Alternative Rock

記事
The Cranberries / In The End(2019) [2019/05/06 17:55]
アイルランドのAlternativeレジェンダリィによる8thにしてラストアルバム。 1989年に幕を開け2019年に幕を閉じた平成時代。活休を挟んでいるものの、奇しくもほぼ同一期間を駆け抜けたバンドがこのThe Cranberries。1989年に結成された彼らはこの最新作リリースの2019年4月26日をもってクランベリーズ時代に終止符を打つのである...その要因が不世出のボーカリストDolores O'Riordanの死去である故に、本作の感想も感傷的にならざるを得..
Poppin' Party / Poppin' On!(2019) [2019/03/27 21:54]
日ガールズバンドによる1stアルバム。 Roseliaの項で述べたとおり「キャラクターとリアルがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクト」Bang Dream!の主役バンド。既に活動は5年目で、11枚のシングル+αを網羅した実質ベストアルバム。2次元ガールズバンドものでは"放課後ティータイムU"、"Keep The Beats!"と並ぶ伝説盤となることが、最初から決まっておるのです...! 時系列に並べられた楽曲はキャストの演奏前提で作られたため、詞と曲のクオリ..
Emma Ruth Rundle / On Dark Horses(2018) [2018/12/16 01:20]
USのSSWによる3rdアルバム。 The Nocturnes、Red Sparowes、Marriagesのボーカリスト/ギタリストとしてAlternative界において知る人ぞ知る存在のEmma Ruth Rundle嬢。それぞれの活動でPost-Rock的な音楽性を標榜していたが、ソロの作風もその延長上にあると見ていい。但しより深化し、アートロックの態で世界観もパーソナルな面を大きくクローズアップしているのが特徴、まあソロらしいソロっすわ。 ソロ3作目を数え..
Colouring Rainbows / Moments(2018) [2018/11/24 21:10]
独Alternativeプロジェクトによる3rdフルアルバム。 Colouring Rainbowsこと、Jessica Müller嬢によるソロプロジェクト。2010年以来精力的に活動しEPとサウンドトラックも含めるとリリースは10数枚にものぼる。デビュー当初から一貫してオーガニックでインプロヴィゼーション溢れるPost-Rockを標榜する彼女。一聴すると爽やかなPop-Rockと思わせておいてギターノイズやデスボをぶっ込んでくる一筋縄ではいかないArt-Rockの態..
Kælan Mikla / Mánadans(2018) [2018/11/21 02:54]
アイスランドのAlternativeバンドによる2ndアルバム。 先入観っていけませんね。冒頭"Lítil Dýr"のスモーキーなフォークトロニカに、Bjork、Worm Is Green、Emiliana Torriniらに続くアイスランドの良質エレクトロが出てきたなと思った訳です。ところが2分15秒あたりからフリーキーなベースが入ってきてドラムビートが重なり、子供が駄々を捏ねるようなシャウトが撒き散らされる。ボヘミアン・ラプソディかパラノイド・アンドロイドかっつう超..
THE THIRD(仮) / THE THIRD(仮)1st ライブ(2018) [2018/09/28 03:24]
日ガールズ・ロックバンドによるライブアルバム。 5バンドを擁するBang-Dreamプロジェクトにおいてキーとなる「キャラクターとリアルのリンク」を体現するPoppin' PartyとRoselia。しかしあとの3バンドの声優陣にリアル演奏によるバンド活動を望むべくもない。そのジレンマを埋める存在が3バンドの楽曲をカバー演奏するTHE THIRD(仮)である。ライブによっては各バンドのVoキャストのみゲスト出演する形で演奏に徹することもあるが、単なるバックバンドに留まら..