タグ / Alternative Rock

記事
Emma Ruth Rundle / On Dark Horses(2018) [2018/12/16 01:20]
USのSSWによる3rdアルバム。 The Nocturnes、Red Sparowes、Marriagesのボーカリスト/ギタリストとしてAlternative界において知る人ぞ知る存在のEmma Ruth Rundle嬢。それぞれの活動でPost-Rock的な音楽性を標榜していたが、ソロの作風もその延長上にあると見ていい。但しより深化し、アートロックの態で世界観もパーソナルな面を大きくクローズアップしているのが特徴、まあソロらしいソロっすわ。 ソロ3作目を数え..
Colouring Rainbows / Moments(2018) [2018/11/24 21:10]
独Alternativeプロジェクトによる3rdフルアルバム。 Colouring Rainbowsこと、Jessica Müller嬢によるソロプロジェクト。2010年以来精力的に活動しEPとサウンドトラックも含めるとリリースは10数枚にものぼる。デビュー当初から一貫してオーガニックでインプロヴィゼーション溢れるPost-Rockを標榜する彼女。一聴すると爽やかなPop-Rockと思わせておいてギターノイズやデスボをぶっ込んでくる一筋縄ではいかないArt-Rockの態..
Kælan Mikla / Mánadans(2018) [2018/11/21 02:54]
アイスランドのAlternativeバンドによる2ndアルバム。 先入観っていけませんね。冒頭"Lítil Dýr"のスモーキーなフォークトロニカに、Bjork、Worm Is Green、Emiliana Torriniらに続くアイスランドの良質エレクトロが出てきたなと思った訳です。ところが2分15秒あたりからフリーキーなベースが入ってきてドラムビートが重なり、子供が駄々を捏ねるようなシャウトが撒き散らされる。ボヘミアン・ラプソディかパラノイド・アンドロイドかっつう超..
THE THIRD(仮) / THE THIRD(仮)1st ライブ(2018) [2018/09/28 03:24]
日ガールズ・ロックバンドによるライブアルバム。 5バンドを擁するBang-Dreamプロジェクトにおいてキーとなる「キャラクターとリアルのリンク」を体現するPoppin' PartyとRoselia。しかしあとの3バンドの声優陣にリアル演奏によるバンド活動を望むべくもない。そのジレンマを埋める存在が3バンドの楽曲をカバー演奏するTHE THIRD(仮)である。ライブによっては各バンドのVoキャストのみゲスト出演する形で演奏に徹することもあるが、単なるバックバンドに留まら..
My Indigo / My Indigo(2018) [2018/06/13 01:01]
オランダのAlternative-Rockプロジェクトによる1stアルバム。 Within Temptationのボーカリストとして著名なSharon den Adel嬢...個人的にウィズインは2007年の"The Heart of Everything"が頂点だったと思っているので、ソロ活動開始は遅すぎたくらいの印象ではあります。自身と向き合った、内省的な作品というだけあり、Kate BushやFlorence and the Machineの影響を感じさせるオーガ..
Rolo Tomassi / Time Will Die & Love Will Bury It(2018) [2018/05/01 03:22]
英Mathcoreバンドによる5thアルバム。 個人的に聴くのは2ndの"Cosmology"以来8年振りで、今回は敢えてその間の作品をスルーして挑んでみた...まあ聴くのに体力を消耗する系の音楽性ってのが主な理由なんですが、この間VoとKey以外のメンバーが交代しているということで、どのくらいの変化があったのかを検証したく。 冒頭のアンビエントな"Towards Dawn"、2曲目のエモなDream-Pop"Aftermath"でArt-Rock路線かな、丸くな..