2018年11月18日

Aiboforcen / Sense & Nonsense(2018)

ベルギーのDark-Electroユニットによる6thアルバム。

前作"Dédale"から7年振りの待望新作...この導入、前回の記事も同じだったので14年間で3枚ということになる...ともあれ、退廃とロマンが全開の暗黒妖艶Darkwaveという作風はしっかり担保されており一安心。メインVoのPatrice Synthea嬢を軸にMari Kattman嬢、JunksistaのDiana嬢、Lovelorn DollsのLadyhell嬢がFeaturing Vocalとして参加。更にLimited盤ではDiffuzionPsy'Aviah、Neikka RPMによるmixも収録。宛らダークエレクトロシーンの総決算(或はいつものAlfa Matrixコンピ盤)といった態の本作。

"Come Clean"はじめ(Curveのカバーじゃなかった)、佳曲揃いながら惜しまれるのは楽曲の半数を男性Voが占めている点。伝説的EBMプロジェクトRegeneratorのVoとしても知られるPatrice嬢の思春期のような不安定魅惑ヴォイがもっと聴きたいんですが!というか他のFemale-Voゲストも要らないから、とにかく歌をPatrice嬢に固定してください...!

【Favorite Number】Come Clean / Tears / Nos Silences

	
One More NightSense & Nonsense (Deluxe Edition)
Aiboforcen

曲名リスト
1.We Woke Up The Dragon (feat. Jean-Luc De Meyer)
2.Come Clean
3.Tears (feat. Mari Kattman)
4.Hall Of Mirrors
5.Guilty Eyes (feat. Damasius/Mondträume)
6.Caresse
7.In My Arms (feat. Mari Kattman)
8.Loud (feat. Jean-Luc De Meyer)
9.Shallow Then Halo (feat. Jan Dewulf/Mildreda)
10.Etching Herself In Acid (feat. Lars Bass/Kant Kino)
11.Ablation à Vif (feat. Dan Barrett/Venal Flesh)
12.The Arrival (feat. Jean-Luc De Meyer)
13.Nos Silences
14.Ritual Control
15.Life In The Valley Of Death
16.Sense & Nonsense
17.We Woke Up The Dragon (feat. Jean-Luc De Meyer)
18.Come Clean (Diffuzion rmx)
19.Tears (feat. Mari Kattman) (Aesthetische clean rmx)
20.Nos Silences (moonrise edit)
21.Numb Hearts (feat. Diana/Junksista)
22.Come Clean (Neikka RPM rmx)
23.We Woke Up The Dragon (feat. Jean-Luc De Meyer) (Daniel B. Prothèse rmx)
24.Come Clean (Implant never comes clean rmx)
25.Tears (feat. Mari Kattman) (Psy’aviah rmx)
26.Lost In Translation (feat. Ladyhell/Lovelorn Dolls)
27.In My Arms (feat. Mari Kattman) (tentacles edit)
28.Come Clean (Kilmarth rmx)

Amazonで詳しく見る






Hunger
Regenerator
Hunger
Something Violent Stirs
Diffusion
B07DPF47LV
Battle Scars
Neikka Rpm
B07B64T365
タグ:EBM darkwave Belgium
posted by kerkerian at 20:45 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

Kingfisher Sky / Technicoloured Eyes(2018)

オランダのProgressive-Metalバンドの4thアルバム。

8年前の2nd"Skin of the Earth"でも触れましたがWithin Temptationから派生した数々のバンド。1枚で終わったAmbeonはともかくDelain、このKingfisher Skyと当初はそれぞれ個性豊かだったのですが作を重ねる毎に母体に収斂してきた感があります。
ウ  ど
ィみ  う
ズん せ
イ な



 る
あのトラッド・フュージョン感はどこへ。普遍的なGothic-Metalになったといえば聞こえは良いが。薄味でコクのないトッ●バ●ュ製の飲料みたいだ。

【Favorite Number】Walk With Brothers / Swimming Against The Tide

Technicoloured EyesTechnicoloured Eyes
Kingfisher Sky

曲名リスト
1. Sky Scrape Window
2. Paving Stones
3. Golden Thrones
4. Walk with Brothers
5. Cornelia
6. Swimming against the Tide
7. Stop the Silence
8. Technicoloured Eyes
9. Next in Line
10. Reveries
11. Dream Beyond a Dream

Amazonで詳しく見る






Moonbathers
Delain
Moonbathers
Resist
Within Temptation
B07DPF47LV
The Source
Ayreon
B07B64T365
posted by kerkerian at 00:03 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

Lazer & Lipstick / One More Night

UKのSynth-Popプロジェクトによる1stアルバム。

音楽プロデューサーAthena Queen嬢による幾つかのサイド・プロジェクトの1つLazer & Lipstick。アーティスト名、プロジェクト名、アルバム名とキラキラフェミニン感が全開。ネオンの煌めくB級なジャケからも「あの頃系」なナイトクラブ・ミュージックであることが解り易く伝わってきます。Me The TigarElectric Valentine...そこら辺のFuture-Popなのかなと。

ところが意外にもギラギラ感が抑えられた、ミニマルなラップトップ・ミュージックの態でした。最小の音遣いながら歌とSynthの美メロ、ツボを押さえつつ曲により表情を変えるパーカッション。あとは個人的に大好物な、ビート感のある曲で「モヨモヨモヨ」と鳴るSynth-Bass。どれもがノスタルジックを控えめに主張していて大変好感が持てる。一見フロア向きですがドライブの車内あるいは、ヘッドフォンで孤独に堪能したい密室型Synth-Popです。

【Favorite Number】Falling / I Wish / Nothing

	
One More NightOne More Night
Lazer & Lipstick

曲名リスト
1.Away
2.Falling
3.One More Night
4.I Wish
5.Happy
6.Into The Blue
7.Torn Apart
8.Nothing
9.Frozen
10.Tell Me

Amazonで詳しく見る








Living Ghosts
Promenade Cinema
Synthesis
Get the Balance Right
Marsheaux
B07DPF47LV
A Journey
Train To Spain
B07B64T365
タグ:Synth-Pop UK
posted by kerkerian at 02:14 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

Kadebra / Compass(2018)

ロシアのMetalバンドによる1stアルバム。

Destiny Potato、そしてAbove The Earth以来となる心揺さぶるProg/Djent-metalの登場...さすがは背徳大国、おそロシア...!Atmospheric/ Groove Metal/Fusion Metalを標榜する通り、神々しく重々しく難々しい(?)。DuneをCompassを持って彷徨する旅人...そんな情景が浮かぶシアトリカルさがあります。

冒頭の"Awakening"が私の大好きなAlice In Chainsの"Would?"の女性版のようで、早くも心を鷲掴みに。リズムパートは足数の多さでグルーブを刻み、ギターとKatie Thompson嬢のVoはオリエンタルなフレーズ、グロウル、美メロで多層的な旋律を織り成す。頭も振れてウットリもできる、感情を振れ幅大きく揺さぶられる逸品です。メタルオブザイヤー候補に躍り出た感。

【Favorite Number】Awakening / Dune / Path To Destiny

CompassCompass
Kadebra

曲名リスト
1. Awakening
2. Dune
3. Reborn
4. Navigators
5. Baron
6. Spice Must Flow
7. Path To Destiny
8. Seraphim

Amazonで詳しく見る








Synthesis
Chiasma
Synthesis

All Flesh Is Grass

Madder Mortem
B07DPF47LV
Anima
Akribi
B07B64T365
posted by kerkerian at 23:40 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

Deimos Moon / Dark Desire(2018)

ロシアのDarkwaveデュオによる1stアルバム。

年イチの推し新作だったi:Scintillaのメタル化で頭を抱える俺に、耳元で囁きかけるダークエンジェルが現れた...代わりは幾らでも居るのよと言わんばかりに...

エレクトロと生音が程良く配合され(7:3くらい)、エレクトロ曲ではクールで時折ドープなDark-Synth waveがプロジェクト名の通り捉えどころの無いスペーシーな印象を与え、生音曲では先のFuture-Pop色とGothの雰囲気が漂う味わいの深さ。Anastasia嬢のブレない妖艶ヴォイが一層の神秘性を帯び。そうi:Scintillaの新作に求めていた要素がほぼほぼ含まれておるのだ...!2010年から活動をしているとのことだが直近で音楽性のシフト変更があったようで、特に2017のEPでロマンティックなSynth-Popだった"Paralyzed Shut-Eye"が本作ではテンポダウンしたドローンなDarkwaveに様変わりしているのが顕著だ。勿論フィメこれ的にはウェルカム闇化のアルバムオブザイヤー候補。

【Favorite Number】Paralyzed Shut-Eye / Dark Desire / Other Place

CHANGE OF GENERATIONDark Desire
Deimos Moon

曲名リスト
1. Intro
2. Dark Angel
3. Heaven and Hell
4. Paralyzed Shut-Eye
5. Burning Star
6. Dark Desire
7. Melancholy
8. Five Signs of Autumn
9. Live or Die
10. Other Place
11. Behind the Wheel (Cover DM)

Amazonで詳しく見る






Activity Of Sound
iEuropean
high $pec

Bête Noire

Black Nail Cabaret
B07DPF47LV
Songs From A Dead City
Ego Likeness
B07B64T365
posted by kerkerian at 22:01 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする