2018年12月15日

Gazelle Twin / Pastoral(2018)

UKエレクトロ嬢による3rdフルアルバム。

2014年の"Unflesh"以来、Remix、サウンドトラック、EP、シングル等コンスタントなアピアランスを続けるElizabeth Bernholz嬢 aka Gazelle Twin。アルバムオブザイヤー2014にも選出した前作を改めて聴くと、ミニマルとアヴァンギャルドと空恐ろしさが同居する素晴らしい変態作でござった。それが後発のEP"Kingdom Come"ではアトモスフェリックでより難解な作風にシフトし、不安な中迎えた本作である。

結果からいえば楽曲の不安定さをなぞるような、作風の不安定さでやたらとリズムの強さ...Gazelle風ドラムンに乗せたFutureブレイクス的な楽曲に。展開の読めないコラージュ的展開、歌ものの排除、謎のボンテージによる肌露出の排除etc、従来からの一貫した姿勢も見えるものの、全体的に五月蝿い。こんなElectroclashじみた俗なGazelle Twin(他に比べたら十分エクスペリメンタルで攻め攻めですが...)は要らない。早く空恐ろしさを取り戻して欲しい...!

【Favorite Number】Sunny Stories

PastoralPastoral
Gazelle Twin

曲名リスト
1.Folly
2. Better in My Day
3. Little Lambs
4. Old Thorn
5. Dieu Et Mon Droit
6. Throne
7. Mongrel
8. Glory
9. Tea Rooms
10. Jerusalem
11. Dance of the Peddlers
12. Hobby Horse
13. Sunny Stories
14. Over the Hills

Amazonで詳しく見る






Wiseblood
Zola Jesus & Johnny Jewel
Wiseblood
Aviary
Julia Holter
B07DPF47LV
Nowhere
Esben and the Witch
B07B64T365
posted by kerkerian at 21:42 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

Princess Chelsea / The Loneliest Girl(2018)

ニュージーランドのSSWによる3rdアルバム。

絵に描いたようなメルヘンチックなジャケ、姫を名乗っちゃってる事からも察せられる通り、フェアリーテイリングなIndie-Popを鳴らすChelsea Nikkel嬢。キャッチーなメロと共にピアノやストリングスを交えたハッピー感溢れるポップミュージック...一聴するとそんな印象なんだけど、どこか仄かな狂気を帯びている気がしてならない。リヴァーヴの深い多層的なコーラスワークや不穏なコード進行...ダークファンタジー感はSchneewittchenを、キャバレーポップ感はFiona Appleみを想起してならない。

ただこの闇印象がChelsea姫の狙いなのか、或いはダークミュージックに冒され過ぎて白いものも黒く見えてしまう私の気のせいなのかが今ひとつ判別が付かない。深読みさせてしまうような深みがある音楽であることは確かなのだが...それにしても今どき歌パートがフェイドアウトして終わる曲が多いのも気がかりで、コード進行の件もだが「解決しない」要素が多いのだ。あと今気がついたがジャケのChelsea姫、目が紅くビーストモード化しておる...やはり闇堕ちしておったか...!

【Favorite Number】The Pretty Ones / Wasting Time

The Loneliest GirlThe Loneliest Girl
Princess Chelsea

曲名リスト
1.The Deer with the Golden Lights
2. Good Enough
3. The Pretty Ones
4. I Love My Boyfriend
5. Wasting Time
6. The Loneliest Girl
7. I Miss My Man
8. It’s Nothing
9. Respect the Labourers
10. Cigarette
11. Growing Older
12. All I Need to Do

Amazonで詳しく見る






Ribbed Music for the Numb Generation
Sohodolls
Black Light
Strange Pleasures
Still Corners
B07DPF47LV
Country Falls
Husky Rescue
B07B64T365
posted by kerkerian at 00:12 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

Scarlet Dorn / Lack of Light(2018)

ドイツのAlternative-Rockシンガーによる1stアルバム。

冒頭のクラシカルなピアノの旋律に荘厳な8分の6ビート、数秒でこれはMuseフォロワーや!と喜びの舞。10数年Female-Voものブログをやっていますが、未だMuseは私の中でナンバーワンは揺るぎないのです。その影響下にあるアーティストはすべからくLOVEなんですが、ここまで全開なのは余りない...因みに1曲限定ですが、まんま"New Born"のパク...オマージュを収録した作品がござった。

Scarlet嬢は低音イケボ8割の中性的な歌唱スタイルでダークな世界観にベストフィット。ピアノ・ギター・ドラムを従えたバンド編成ではあるものの、バンドサウンド感<エレクトロ要素となっていることで単純なFemale版Museになることを回避している。この塩梅が素晴らしいオリジナリティを放つ。全曲ミッド〜スローテンポに統一されていることから00's以降のGothic(Metalほど重々しくない)の影響が大きい。とりわけ" Don't Know, I Don't Care"のカタルシスはEvanescenceの3rdを思わせる会心曲。そしてラスト曲"In Another Life"は最後の30秒で初めて高キーでの朗々とした歌唱を披露し、ポテンシャルを垣間見せたところでアルバムが終わる何とも心憎い構成。ルックスも暗黒王女感溢れるScarlet Dorn...マジで推せる...!

【Favorite Number】Heavy Beauty / I Don't Know, I Don't Care / In Another Life

Lack of LightLack of Light
Scarlet Dorn

曲名リスト
1. Heavy Beauty
2. Hell Hath No Fury Like A Woman Scorned
3. I'm Armageddon
4. Hold On To Me
5. Rain
6. Kill Bitterness With Love
7. Snow Black
8. I Don't Know, I Don't Care
9. Cinderella
10. I Love The Way You Say My Name (feat. Chris Harms)
11. Frozen Fire
12. In Another Life

Amazonで詳しく見る






Evil Never Dies
Lesbian Bed Death
Black Light
Genesis
Cecile Monique
B07DPF47LV
An Intense Feeling of Affection
Lovelorn Dolls
B07B64T365
posted by kerkerian at 05:38 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

Train To Spain / A Journey(2018)

スウェーデンのSynth-Popデュオによる2ndアルバム。

前作"What It's All About"で余りにも真っ直ぐなSynth-Popを披露、そのあまりにも衒いのないスタイルにスペイン行きの列車はどこを目指すんだろう?と前回記事での問いに対し、彼らは至極普通に"A Journey"と答えてきた。ですよねー。まあ、当たり前に期待されていることを期待通りに応えた、そんな本作です。安心安定の80'sノスタルジーを連れてきます。

前作で際立った圧倒的な平面音楽...特に音域の狭さとパターンの少なさには眠気を覚えたものでしたが、今作では冒頭から音が立体的で奥行きを感じさせる空気感を出している。BPM的にも音域的にもローからハイまで各種取り揃えており良い塩梅。特に"80's Drum Machine"はキッチュなレイドバック感がTrain To Spainにしては斬新な部類。前作の出来からは、彼らが欧州エレクトロ・インディーシーンでブレイクしているという話が俄には信じ難かったですが、今なら解る。まあMuseとDepeche ModeとHuman League好きにハズレ無しって、ばあちゃんも言うとったからな...!

【Favorite Number】I Follow You / Monsters / 80's Drum Machine

A JourneyA Journey
Train To Spain

曲名リスト
1. I Follow You
2. Saviour
3. You've Got To Do It
4. Not With Me
5. Pretend We Won
6. Confused
7. Monsters
8. Teaser
9. What If?
10. 80's Drum Machine
11. Believe In Love
12. Dominant One

Amazonで詳しく見る






Black Light
Vile Electrodes
Black Light
In the Interest of Beasts
Dancing With Ruby
B07DPF47LV
Ecliptic
Neonsol
B07B64T365
タグ:sweden Synth-Pop
posted by kerkerian at 01:52 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

Anna Lux / Wunderland(2018)

スイスのDark-Electroアーティストによる1stアルバム。

Dark-Rockを標榜する通り、Synth-PopとGothic風味の適度な重さとリズム展開、それらを極めてラジオフレンドリーな味付けで融合させた音楽である。HANGRY & ANGRYEisblumeUNDER FORESTARTERY VEIN...久々に現れたDarkwaveアイドルといって良いのではないだろうか...!

とはいえAnna嬢はSSWである。容姿的に前述の方々と同じにカテゴライズするのはアレかもしれないが、音楽的にはアイドルポテンシャルが図抜けている。殆どの曲をピアノ、ギターで創るということで、バンドサウンドが軸であるとは見受けられるものの、アレンジャーの手腕により見事にElectroと調和された世界が構築されている本作。極めてキャッチーなロマンティカでありつつ、少しのダークネスを内包。暗黒エレクトロック音楽の入門編としてもお薦めな1枚。

【Favorite Number】Zuhause / Eifersucht / Applaus

WunderlandWunderland
Anna Lux

曲名リスト
1.Zuhause
2.Eifersucht
3.Spie De Gier
4.Mädche I Koma
5.Weiss Lichter
6.Verbrannt
7.Fragen
8.Tan Durc Di Nacht
9.Festung
10.Kleine Mann
11.Wunderland
12.Applaus

Amazonで詳しく見る






Me The Tiger
Me The Tiger
Me The Tiger
Hallo Leben
Sotiria
B07DPF47LV
Lack of Light
Scarlet Dorn
B07B64T365
posted by kerkerian at 00:07 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする