2017年01月29日

X-O-Planet / Passengers(2016)

ドイツのDark-Electroデュオによる1stアルバム。

ユニット名やアートワークから予想されるのはギラついたスペイシーなEBMだった訳ですが、存外にロマンティックテイストな旋律を有し、OmnimarBella Luneに通じるノスタルジアがある。音的には重めなSynth-Pop...つまりトランシーなDarkwaveの王道といった態で各楽曲は個性に乏しいものの、哀愁メロが映える表題曲"Exoplanet"、美麗ピアノがポストイビザ的な雰囲気を醸すミッドテンポ曲"Outerspace"など聴きどころもちらほら。

歌唱のManja嬢はX-Pericenceのボーカリストでフィメこれ的にはJesus On Extacyへの加入でFemale化に一役買ったことで記憶に新しい…もう5年前になるのか…!しかし惜しむらくはどちらのプロジェクトも息してない模様で、活休請負人たる彼女の凛々しくも優美な歌声が次に聴けるのはどこになるだろうか…そう、このX-O-Planetもまた憑代に過ぎないのだ…!

【Favorite Number】Exoplanet / Anyway / Outerspace



Passengers Passengers
X-O-Planet

曲名リスト
1.Prelude
2.Can't sustain
3.Exoplanet
4.Seek and Hide
5.Passengers
6.Interlude
7.Remember
8.Anyway
9.Vice Versa
10.Outerspace
11.Postlude

Amazonで詳しく見る






Lost In Paradise
X-Perience
B01H0Z0JMQ
Dark and Faithful
Technikult of Flesh
B017S7YVP2
Satan and I
Soko Friedhof
B00CF9P58G
タグ:EBM germany darkwave
posted by kerkerian at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

Black Nail Cabaret / Dichromat(2016)

ハンガリーのエレクトロデュオによる3rdアルバム。

当ブログ的には前作"Harry Me Marry Me Bury Me Bite Me"がアルバムオブザイヤー2015、そして萌えオブザイヤー2015の二冠に輝いたBlack Nail Cabaretですが、何という事でしょう…その立役者たるSophie嬢が抜けてしまったのです…!

Emke嬢のイケメンボイスが軸ではありましたが、Sophie嬢のチャームボイスによってFemale性が担保されていただけに、これは痛い。コーラスパートは男性メンバーのKrisztian氏によって代替され、多層的なメロディラインは維持しているものの一聴した限りでは男性Synthユニットの音楽だ。トラック的にはノスタルジックさ、スペイシーさに磨きが掛かり一段階レベルアップしているだけに、この喪失が悔やまれる。況やビジュアル面の訴求低下をや…!

【Favorite Number】Therapy / Decay Avenue / Session



DichromatDichromat
Black Nail Cabaret

曲名リスト
1. Sister Sister
2. CO
3. Therapy
4. Freak Of Fancy
5. We Like To Suffer
6. Decay Avenue
7. Minor Panics
8. Lower The Shutters
9. Session
10. Orgasm
11. Comfort Zone
12. Soon

bandcampで詳しく見る






Ath.Lon
Marsheaux
B01H0Z0JMQ
Naphtaline LP
Celluloide
B017S7YVP2
Eclipse
Kirlian Camera
B00CF9P58G
posted by kerkerian at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

REOL / Σ(2016)

日Electro-Popユニットによる1stアルバム。

れをる単独名義での前作「極彩色」で有り余るセンスとソングライティング力を見せつけ、なんだやはりただの天才だったか…まあ「歌ってみた」時代から知ってたけどねフフフ。なんて独り言ちていたんですけども。サウンドクリエーター、映像クリエイターを正式メンバーとしユニット"REOL"としてリニューアルしたのが本作。

前作のFuture-Pop路線でCAPSULEとかの後釜かと思っていましたが、本作ではギガ氏得意のEDM(フィメこれ的にはEBMが近しいか)をふんだんに駆使したエグみのあるサウンドに変貌を遂げており、メジャー感アングラ感どちらにも振り切った印象である…!時折顔を覗かせる和旋律、歌謡感はオーラルヴァンパイアを、音のグリッチィさとマニアック感はBESPA KUMAMEROを髣髴…要するにこっち側…暗黒電子系に属するのではというのが個人的な見解である。顔出しをしたことで「なんだ、やはりただの可愛い天才だったか」になったれをる嬢、類稀なる歌唱力と編集力と演出力を備えた2.5次元時代の旗手である…!

【Favorite Number】宵々古今 / DetaramE KiddinG / 404 not found



ΣΣ
REOL

曲名リスト
1. VIP KID
2. ギミアブレスタッナウ
3. 宵々古今
4. コノヨLoading...
5. RE:
6. Lunatic
7. 神様になった日
8. ちるちる
9. -FINAL SIGMA-
10. DetaramE KiddinG
11. サマーホラーパーティ
12. 404 not found
13. VIORA

Amazonで詳しく見る






amorous profumo
くろくも
B01LQ00N18
EVOLUTION
EVO+
B017S7YVP2
No title-
あにょすぺにょすゃゃ
B00MJT2IR8
posted by kerkerian at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

Fetal Zombie / Stand Up(2016)

USのAlternative-Metalバンドによる3rdアルバム。

ジャケの女闘士からブルータルな音楽を想像したが、存外にオルタナ寄りでBobbi嬢のVoはイケボとチャームボイスの切り替えが冴えわたる王道のAlternative-Metalでした。ギターが何気にエグく"Outrage"に代表されるスラッシーなBlack-Metalノリもありつつメロは嫋やかさを湛えている…これは良盤の匂いがするぜ、その予感は5曲目までしか続かなかった…!

6曲目から先が全て男性Voなのである…さらに音楽性も一気にブレ始めDef Lepardみたいなアメリカン・ハードロック、Rod Stewartみたいなムーディーなやつ、Misfitsみたいなハードコア…違うアーティスト、違うアルバムなのではと何度もプレイリストを確かめる。Fetal ZombieのVoとしてクレジットされているのはBobbi嬢のみだが、どうやら彼らは様々な男性ゲストVoを迎えるスタイルのようで、調べると1stから曲毎にfeaturingが記載されている。ようやく15曲目にして女性Voに戻ったがFemale率が全体の3分の1とは…序盤の期待値が相当高かっただけに失望が大きい。「胎児ゾンビ」というよりゾンビ退治したくなるクソアルオブザイヤー2016の決定版。

【Favorite Number】Warrior / Outrage / Passing You



Power to VictimsStand Up
Fetal Zombie

曲名リスト
01. Warrior
02. Outrage
03. But It Is
04. Passing You
05. Change the World
06. How Many Tears
09. Memories of Me
10. Another Rainy Night
11. Stand Up
12. Takin
13. Traction
14. Eye
15. Blood to Call My Own Reprise

Amazonで詳しく見る




Who You Selling For
The Pretty Reckless
B01K24FFJE
Rebuild
Letter Black
B00E21DCR6
Embrace Eternity
Infected Rain
B00U2DWAX0
posted by kerkerian at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

The Dark Side of Venus / Power to Victims(2016)

イタリアのAlternative-Rockバンドによる1stアルバム。

リードトラックの"I Don't Give a Damn"を聴いた印象では、初期Skunk Anansieにクサメロ(殆どダサメロ)を加えたポップなヘヴィロックといった態。ラップはSpice Girlsのアレを髣髴とする感じで、まあ90'sに生きてる「いなたい感じ」だなあと。ところがアルバム曲を聴き進めると泥臭さとポップネスが丁度よく融合しており、かつインテリジェンスに溢れていることが解る。当初感じたキッズ向け音楽ではなかったようだ…!さらに熟成されたらDie Happyみたいになりそうである。

アイドル的佇まいのFrancesca嬢によるVoはキュートながら力強さも兼ねるが、もう一人の看板Licia嬢のKeyが幅広い音楽性を演出しておりパートの文字通りカギを握る存在とみた。ロック曲ではSynthで彩り、後半ではピアノで楽曲をGothic-Cabaret的な世界観に染め上げている。キャッチーネスに定評があるイタリア産Alternetiveの新星…日本で受けそうな気配が…!

【Favorite Number】Everything Feels Fake / Dance Till The End Of The World



Power to VictimsPower to Victims
The Dark Side of Venus

曲名リスト
1. Distance
2. Everything Feels Fake
3. I Don't Give A Damn
4. I'm Never Alone
5. Never Forget
6. Sadistic Pervert
7. Meant To Cross The Line
8. Heal Me
9. Dance Till The End Of The World
10. Aurora Del Sud
11. He Walks Around
12. Slowly
13. I Adore Your Blood
14. In Flames
15. Oh Claire!
16. The Enemy Inside

Amazonで詳しく見る






EVERLOVE
DIE HAPPY
B00I3S388W
Life Screams
Lacey Sturm
B0183W1OZQ
Hits and Misses 2006-2012
The Freza
B00U2DWAX0
posted by kerkerian at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする