2017年01月05日

Eyevory / Inphantasia(2016)

独Progressive / Folk Rockバンドによる2ndアルバム。

前作"Euphobia"から3年…当時から既に次作が待ち遠しかったEyeboryですが、期待に違わぬ素晴らしさ。Vo/BaseのJana嬢、Vo/Flute/KeyのKaja嬢という理想的な2枚看板娘のハーモニーは磨きが掛かっている。だが今作ではギターとドラムの頑張りが耳を惹く。トラッド感が少し後ろに引っ込むことで相対的にモダンなSymphonic-Rock、Progressive性が押し出され、美麗な歌メロ・流麗な裏メロと共にキャッチーさを強くアピールする結果に。

ジャーマン・ロックの本領とも言える泣きメロに、フェアリーテイリングな世界観。長尺を感じさせない展開と物語性を持つEyevoryは、同人ファンタジ―系リスナーにも是非お薦めしたい逸品です。

【Favorite Number】La Cage / Tartarus / Pictures



InphantasiaInphantasia
Eyevory

曲名リスト
1. Prologue
2. La Cage
3. The Star
4. Inphantasia
5. Tartarus
6. Elysium
7. Mundalis
8. Pictures
9. Human
10. The Perfect Empire
11. Hope

Amazonで詳しく見る






Final Delusion
Delusion Squared
B00J9BM8JW
Entertaining Angels
Landmarq
B0075LTODG
Iamthemorning
Iamthemorning
B00AANGI58
posted by kerkerian at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

Se Delan / Drifter(2016)

UKオルタナティヴ・ロックデュオによる2ndアルバム。

地味な存在から一向にブレイクスルーの気配を見せないGoth-Rock、90's〜00'sの局所的ブームでサブカル止まりのDream-Pop(シューゲイズ)。この2ジャンルに於ける閉塞感を一気に打破するかもしれないそんなデュオがSe Delanである…!

空間系と歪み系の巧みなコンビネーションでShoegazeとはまた異なる様相の壁を創りしかも抜けが良いギター、妖艶でありながら荘厳過ぎない、でも時折病的と絶妙な歌唱を聴かせる女性Vo(ベリンダ嬢という名前もまた運命的な気がしなくもない)。地味は地味なんだけど、Belinda嬢の美貌も相俟って、マイナージャンルでのスター性のようなものをSe Delanに感じてしまう。不思議な引力を持つ作品だ…!

【Favorite Number】Ruined By Them / Blue Bird / In Obsura



DrifterDrifter
Se Delan

曲名リスト
1. Going Home
2. Ruined by Them
3. Blue Bird
4. All I Am
5. In Obscura
6. Blueprint
7. Shadowbox(ers)
8. Gently Bow Out
9. She's Wild
10. Fear No Ghosts

Amazonで詳しく見る






Salome
Marriages
B00U25DDHA
Marked For Death
Emma Ruth Rundle
B01KOCXNT8
Navigator
Her Name Is Calla
B00JEFIZPY
posted by kerkerian at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

Boy Harsher / Yr Body Is Nothing(2016)

USダークエレクトロ・デュオによる1stアルバム。

Boy Harsherと銘打ちながら、女性VoによるHarshではなくウィスパリング主体の歌唱。そしてYr Body Is Nothingと謳いながらジャケは妙にボディコンシャス(ニップル強調)…そんなアンビバレンツを内包する彼ら。だが前回のStrvngersが異端…邪道に近い…だけに、Boy HarsherのDarkwaveがとても正しいものとしてスッと入ってくる。

最少のリズムトラックを、薄っすらとSynthが不協和音気味に覆い、JAE嬢が抑揚のないメロディラインを諦観し切ったように囁く。曲調はアッパーなEBM、難解なAmbientなど様々だがどれもがダーク・アトモスフェリアに彩られディープかつミニマルに響く。この音楽的パラドックス性が、冒頭のアーティスト名やアルバム名にも繋がるのかなと。やはり音や世界観に意味性を感じさせてこそソフィスティケートされた音楽…特に暗黒系音楽にはそうあって欲しいなあと。

【Favorite Number】Save Me / Deep Well



Yr Body Is NothingYr Body Is Nothing
Boy Harsher

曲名リスト
1.Intro
2.A Realness
3.Yr Body Is Nothing
4.Last Days
5.Suitor
6.Morphine
7.Save Me
8.Deep Well
9.Big Bad John
10.Cry Fest

Amazonで詳しく見る






1987
Synths Versus Me
B00DMLT8E8
Her Fall And Rise
Hante.
B01ABVDXVK
Par Avion
Xeno & Oaklander
B00JWG8G2C
posted by kerkerian at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

Strvngers / Strvngers(2016)

カナダのElectroデュオによる1stアルバム。

Kangaの感想時は年末怒涛の更新ラッシュをKangaえていたのですが、気がついたら2017年になってしまいまいたね。本年も宜しくお願いします。一発目から縁起よく酷評してくよ!

StraingersのLeetと思しきStrvngers。非英語圏にはスッと入ってこない名前だね。Synth-Popサウンドを軸にドラムン、トランシー、Darkwaveが忙しなく混ざり合い、Maria嬢とKyle氏のVoが多層的に絡み合う…一言でいうなら、詰め込み過ぎッ…!楽曲自体はDark-Electro仕立てで非常に質が高いのだが、音のとっ散らかり具合が決して「音の分厚さ」や「情報量の多さ」にはならず、「五月蠅さ」にしかなっていないという、残念な出来です。あとVoも意図的に混ぜ合わせることで中性的なインプレッションを狙っているのかもしれないけど、フィメこれ的な都合でいうと女か男か前に出る方を決めてほしい。

総体的には80's〜10'sまでのエレクトロを節操無く投入してったらケミカルな怪物(産廃)ができた、みたいな。化けましておめでとうございます。しかし一方で「スペイシーなElectroclash」という新たな地平を拓く可能性も微レ存だったり。

【Favorite Number】Nostalgia / Existentialism / Venus



STRVNGERSStrvngers
Strvngers

曲名リスト
1.Nostalgia
2.Exestensial
3.Shape Shifter
4.Dressedo Kill
5.Chemicallynslaved (secells)
6.Stay With Me
7.Eternal Sunshine ofhe Spotless Mind
8.Tension
9.Casual Sex
10.Venus
11.Epilogue (Goodriddance)
12.Nostalgia (SlowScan's Demix)

Amazonで詳しく見る






The Ghosts of Christmas
Vile Electrodes
B00DMLT8E8
Creatures
Ari Mason
B01ABVDXVK
Jura
Vivien Glass
B01L2ZS6SE
posted by kerkerian at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

Kanga / Kanga(2016)

USのエレクトロ嬢による1stアルバム。

LAから彗星の如く現れたSSW…TechnoやIndustrialの要素を持つダークなElectro-Popを標榜するKanga嬢。バックグラウンドや実績が謎に包まれているが、ソングライティングに加えてプロデュースも手掛けており只者ではない感が凄い。

楽曲面はロックのリフ的アプローチの"Something Dangerous"、Ayriaのようなメロディアス・ダークポップ"Going Red"、忙しないドラムン要素を取り入れた"Machine"などバリエーションがありつつどれもリズムの強度…ガッツリした喧しさで統一されている。Mari Kattmanと並び2016年のDark-Electroを代表する一枚になるだろう…

【Favorite Number】Something Dangerous / Going Red / Animal



KANGAKanga
Kanga

曲名リスト
1. Something Dangerous
2. Going Red
3. Honey
4. Viciousness
5. Saviour
6. Dissonance
7. Vital Signs
8. Tension
9. Animal
10. Machine

Amazonで詳しく見る






Love Casualty
Night Club
B00DMLT8E8
Restart
Omnimar
B01LOD8LH0
Out of Body
Gazelle Twin
B01L2ZS6SE
posted by kerkerian at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする