2018年05月10日

PPP / ペパプ・イン・ザ・スカイ!(2018)

ペンギンアイドルユニットによる1stアルバム。

どうぶつビスケッツと並び、けものフレンズプロジェクトの顔としてお馴染みとなったPPP(ペパプ)。核であるアニメ2期が制作プロダクション降板で紛糾するなかアプリゲーム、舞台、ラジオ番組のメディア、あるいは商品キャンペーン等で奮闘が続いている。音楽面でもキャラソンアルバム「Japari Café」を皮切りに2ndアルバム、シングル、サントラ等が絶え間なく投下され、遂にサブユニットだったPPPが4/25世界ペンギンの日に、本作で主役に躍り出た。

冒頭のアンセム2曲と「わたしたちのストーリー」以外は新規曲(+謎カバー)で「メジャーデビュー」に相応しいオリジナルアルバムとなっている。驚くのは各々のパフォーマンスの高さ...プリンセスはミルキィホームズの、イワビーはRoseliaの実績で流石の安定感を誇るが、特筆すべきはあとの3人。ジェーンは抜群のルックス(中の人の)も相俟って生粋のアイドル的振る舞い、コウテイは最年少と思えないイケボでリーダーの矜持を示し、極めつけはフルルの超絶ナチュラル癒しボイス...所謂「アニメ的」に染まっていない声質がまた素晴らしく、これはアニソン界に矢野顕子が現れたと言って良いのではないだろうか...!グレープ君に捧げたと思しき「やくそくのうた」は久々に、音楽で泣かされたわ…例えアニメがどうなっても、プロジェクトは止まるんじゃねぇぞ...そう思わせる1枚。

【Favorite Number】純情フリッパー / 200キロの旅 / やくそくのうた

ペパプ・イン・ザ・スカイ! ペパプ・イン・ザ・スカイ!
PPP

曲名リスト
1. 大空ドリーマー/PPP
2. ようこそジャパリパークへ/PPP with マーゲイ
3. 純情フリッパー/PPP
4. 夢みるプリンセス/ロイヤルペンギン
5. Hello! アイドル/ジェンツーペンギン
6. Rockin' Hoppin' Jumpin'/イワトビペンギン
7. 200キロの旅/コウテイペンギン
8. やくそくのうた/フンボルトペンギン
9. ファーストペンギン/PPP
10. わたしたちのストーリー/PPP
11. 大陸メッセンジャー/PPP
12. 人にやさしく/PPP

1. ようこそジャパリパークへ/プリンセス ver.
2. ようこそジャパリパークへ/コウテイ ver.
3. ようこそジャパリパークへ/ジェーン ver.
4. ようこそジャパリパークへ/イワビー ver.
5. ようこそジャパリパークへ/フルル ver.

Amazonで詳しく見る






Japari Café2
けものフレンズ
B075P3DR8B
ミルキィパーティー! ! ! !
ミルキィホームズ
B00ANSOSBG
Soft Landing
矢野顕子
B075Q9XK4C

posted by kerkerian at 00:09 | Comment(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

X-O-Planet / Voyagers(2018)

ドイツのDark-Electroデュオによる2ndアルバム。

1st"Passengers"から意外にも2年で新作をドロップしてきたX-O-Planet。まずはVoのManja嬢のことを、その過去の実績から活休請負人とか書いたことを謝罪しなければならないだろう…めんごめんご。さて本作はスペイシーなアートワークに煌々Synth-PopテイストなDarkwave。特に個性も上積みもございませんが、どうしてもこの手の音楽は放っておけなくてのう...

7曲目まではコピペ?ってくらい似たようなテンポとバックトラック。ミッドな"Storytelling"と"Refocus"が耳を惹くくらい...ってこれも前作と同じ感想だな。。もう少し楽曲や歌唱にバリエーションが欲しいし、統一感を貫くならもっと尖ったスパイスが欲しいところ。高級素材を惜しみなく投入してエレクトロ界のX-O醬を目指すとかさ...バカ言ってる。

【Favorite Number】Gravity Lost / Storytelling / Refocus

VoyagersVoyagers
X-O-Planet

曲名リスト
1. Prelude 2019
2. Neutron Star
3. Distructive Shadow
4. Faster Than Light
5. Voyagers
6. The Unforeseen
7. Gravity Lost
8. Storytelling
9. Refocus
10. Mystery of Gravity
11. Goodbye

Amazonで詳しく見る






Tief In Mir
Caisaron
B01ERMEPVQ
Contact
Cosmic Armchair
B075XBY9Q3
The Oniric Geometry
Alkemic Generator
B00ALYN2KA

タグ:germany darkwave
posted by kerkerian at 00:52 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

Loma / Loma(2018)

米テキサスのIndie-Rockバンドによる1stアルバム。

Sub-Popレーベルの新人トリオということで、Bullyのようなオルタナロックかと思いきや真逆で。ストリングスやピアノ、乾いたギターアルペジオに、程よくElectroの味付けが施された上品・上質にして癒しの音楽でした。曲によってはアンビエントと言って良いかもしれない。

ドラム以外でも多彩なパーカッションによる土着的な雰囲気もLomaならでは。そして其処はかとなく微妙な不協和音で不穏な空気を醸し出しているのも特徴的で、母性溢るる歌声が魅力のVoのEmily Cross嬢とメンバーのDan Duszynski氏が本作制作中に離婚したこと(しかも公式プロフィールにまで記載されている。。)も無関係ではないかもしれない。4曲目の"I Don’t Want Children"とか赤裸々過ぎませんかね?...そんな闇を抱えつつも、ほぼ毎日ペースで5月〜6月とアルバムを引っ提げてのツアーを敢行する彼ら。残る1人のメンバーJonathan Meiburg氏の心情を慮りつつ、バンドが今後どうなるか見てみよう。

【Favorite Number】Dark Oscillations / Relay Runner

LOMA (IMPORT)LOMA
LOMA

曲名リスト
1. Who is Speaking?
2. Dark Oscillations
3. Joy
4. I Don’t Want Children
5. Relay Runner
6. White Glass
7. Sundogs
8. Jornada
9. Shadow Relief
10. Black Willow

Amazonで詳しく見る








Silver Dollar Moment
The Orielles
B007XBR4AS
No Dogs Allowed
Sidney Gish
B00005OWHZ
Maiden
Jordan Reyne
B00WUQWUEQ
タグ:Indie Rock US
posted by kerkerian at 18:11 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

Noibla / Hesitation(2018)

ポーランドのProg-Rockバンドによる1stアルバム。

ポーランド産、というだけでセンス◎なのは約束されたようなもの...緩やかなグルーブに、Katarzyna嬢の美声美メロが紡ぐアダルト・コンテンポラリー風味な作品。音がProgressive-Rockっぽいのでカテゴライズしているが、iamthemorningThe Waking Seaのような変拍子や目紛しい展開、長尺などのプログレ要素はない。いわゆる雰囲気プログレだ。

そのトラッドな...アンビエントともいえる空気感を醸すのに貢献しているのがオーボエ、ソプラノ・サックス、コントラバスのアディショナル隊だ。終始落ち着いたテンポで、ともすれば淡々となり過ぎる楽曲にメランコリックなドラマ性を与えている。勿論ギター・ベース・ドラムの基本スカッドも堅実なプレイで熟練のアンサンブルを感じる。制作に4年費やしただけあって非常に丁寧な仕事振りが見てとれる、滋味ながら味わい深いアートロックの良作。

【Favorite Number】Atlantis / Cistercian Bell / Metanoia

HesitationHesitation
Noibla

曲名リスト
1. Faux Pas
2. One Minute More
3. Utani
4. Atlantis
5. Coming Home
6. Cistercian Bell
7. Metanoia
8. Hesitation
9. It's All I Have









New World
Ioearth
B00ZRACP4M
Live in Trojkais
Artrosis
B00005OWHZ
Rescarlet
Closterkeller
B016TVMSK8
posted by kerkerian at 23:10 | Comment(2) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

Roselia / Anfang(2018)

日ガールズバンドユニットによる1stアルバム。

ENOZ放課後ティータイムGirls Dead Monstarの系譜を継ぐ、日本を代表するガールズロックバンド(2.5次元)...それがPoppin' Partyであり、このRoseliaである…!共にゲーム「バンドリ!ガールズバンドパーティ(ガルパ)」の登場バンドであり、前述のガールズロックの音楽性という意味ではPoppin' Partyが正当後継者になる訳だが、RoseliaはGothic-Metal様式という点でアニメ/ゲーム界的にはエポックメイキングな存在だ。

更に特徴としては、ポッピンにしろロゼさんにしろ、担当声優がガチの演奏をしている点。これまで某団団長CVがギターVoで歌っていたり、某高軽音部CVのメンバーが曲限定で演奏していたりしていたがそれとはまるでレベルが違う。当然本人たちの想像を絶する努力やセンスはあるにしろ、そのクオリティを可能とするキャスティングとスケジューリング、演奏者のスキルアップに併せた成長のバッファを残した楽曲など、プロジェクトの戦略に拠るところが大きい。

さてこれだけ前置きを長くするのは、本作を単純にいつものGothic-Metalと比較するのはナンセンスということだ。メタルとしては軽く、ギターソロらしいソロは存在せず、曲調はどれもポップだ。しかしライブでの声優陣による演奏が前提であり(音源はもちろんプロによるもの)、何よりゲーム内のストーリーが詞や音に反映されている点が深い感動と高揚感をもたらすのである…そればかりか「軌跡」のような、3次元のエピソードを思わせる楽曲もあり涙無しでは聴けない。そんな魅力溢れる一枚、Roseliaに全てを賭ける覚悟を新たにしたのは言うまでもない…!


※ヲタによる早口の全曲解説※



【Favorite Number】Neo-Aspect / ONENESS / Re:birth day / Determination Symphony / 熱色スターマイン / LOUDER

AnfangAnfang
Roselia

曲名リスト
1.Neo-Aspect
2.BLACK SHOUT
3.Opera of the wasteland
4.陽だまりロードナイト
5.ONENESS
6.Re:birth day
7.Legendary
8.−HEROIC ADVENT−
9.Determination Symphony
10.熱色スターマイン
11.軌跡
12.LOUDER

Amazonで詳しく見る








STAR BEAT! 〜ホシノコドウ〜
Poppin'Party
B01ERMEPVQ
That Is How I Roll!
Afterglow
B074CRGPC9
しゅわりん☆どり~みん
Pastel*Palettes
B071F9W845

posted by kerkerian at 03:09 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする