2017年01月16日

Fetal Zombie / Stand Up(2016)

USのAlternative-Metalバンドによる3rdアルバム。

ジャケの女闘士からブルータルな音楽を想像したが、存外にオルタナ寄りでBobbi嬢のVoはイケボとチャームボイスの切り替えが冴えわたる王道のAlternative-Metalでした。ギターが何気にエグく"Outrage"に代表されるスラッシーなBlack-Metalノリもありつつメロは嫋やかさを湛えている…これは良盤の匂いがするぜ、その予感は5曲目までしか続かなかった…!

6曲目から先が全て男性Voなのである…さらに音楽性も一気にブレ始めDef Lepardみたいなアメリカン・ハードロック、Rod Stewartみたいなムーディーなやつ、Misfitsみたいなハードコア…違うアーティスト、違うアルバムなのではと何度もプレイリストを確かめる。Fetal ZombieのVoとしてクレジットされているのはBobbi嬢のみだが、どうやら彼らは様々な男性ゲストVoを迎えるスタイルのようで、調べると1stから曲毎にfeaturingが記載されている。ようやく15曲目にして女性Voに戻ったがFemale率が全体の3分の1とは…序盤の期待値が相当高かっただけに失望が大きい。「胎児ゾンビ」というよりゾンビ退治したくなるクソアルオブザイヤー2016の決定版。

【Favorite Number】Warrior / Outrage / Passing You



Power to VictimsStand Up
Fetal Zombie

曲名リスト
01. Warrior
02. Outrage
03. But It Is
04. Passing You
05. Change the World
06. How Many Tears
09. Memories of Me
10. Another Rainy Night
11. Stand Up
12. Takin
13. Traction
14. Eye
15. Blood to Call My Own Reprise

Amazonで詳しく見る




Who You Selling For
The Pretty Reckless
B01K24FFJE
Rebuild
Letter Black
B00E21DCR6
Embrace Eternity
Infected Rain
B00U2DWAX0
posted by kerkerian at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

The Dark Side of Venus / Power to Victims(2016)

イタリアのAlternative-Rockバンドによる1stアルバム。

リードトラックの"I Don't Give a Damn"を聴いた印象では、初期Skunk Anansieにクサメロ(殆どダサメロ)を加えたポップなヘヴィロックといった態。ラップはSpice Girlsのアレを髣髴とする感じで、まあ90'sに生きてる「いなたい感じ」だなあと。ところがアルバム曲を聴き進めると泥臭さとポップネスが丁度よく融合しており、かつインテリジェンスに溢れていることが解る。当初感じたキッズ向け音楽ではなかったようだ…!さらに熟成されたらDie Happyみたいになりそうである。

アイドル的佇まいのFrancesca嬢によるVoはキュートながら力強さも兼ねるが、もう一人の看板Licia嬢のKeyが幅広い音楽性を演出しておりパートの文字通りカギを握る存在とみた。ロック曲ではSynthで彩り、後半ではピアノで楽曲をGothic-Cabaret的な世界観に染め上げている。キャッチーネスに定評があるイタリア産Alternetiveの新星…日本で受けそうな気配が…!

【Favorite Number】Everything Feels Fake / Dance Till The End Of The World



Power to VictimsPower to Victims
The Dark Side of Venus

曲名リスト
1. Distance
2. Everything Feels Fake
3. I Don't Give A Damn
4. I'm Never Alone
5. Never Forget
6. Sadistic Pervert
7. Meant To Cross The Line
8. Heal Me
9. Dance Till The End Of The World
10. Aurora Del Sud
11. He Walks Around
12. Slowly
13. I Adore Your Blood
14. In Flames
15. Oh Claire!
16. The Enemy Inside

Amazonで詳しく見る






EVERLOVE
DIE HAPPY
B00I3S388W
Life Screams
Lacey Sturm
B0183W1OZQ
Hits and Misses 2006-2012
The Freza
B00U2DWAX0
posted by kerkerian at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

Xeno & Oaklander / Topiary(2016)

USエレクトロ・デュオによる5thアルバム。

活動歴13年を誇る彼らだが、ここへきて大化けオブザイヤーかもしれない…!これまでの作風と言えばキッチュなトイ・ポップ的な音で鳴らされる箱庭的Electro-Popだった。序に言えばSean氏が結構な割合でVoを取っているためフィメこれ対象ではなかった…あ、このデュオのメンバーはXenoさんとOaklanderさんではなく、Liz嬢とSean氏なので要注意ね。

さて本作は一聴して音の広がりがこれまでとは段違いであり、都会的かつノクターナルな雰囲気を湛えた作風。環境的には逆で、ホームグラウンドであるNYブルックリンから離れ、田舎のコネチカットのスタジオで制作されたというのが面白い。チープさが除かれ、だがミニマルさは残り知的なアトモスフェリアが維持されているのは高ポイント。何よりVoをLiz嬢ひとりに絞ったのは正解だね。勇躍アルバムオブザイヤー候補に連なる勢いの出世作と言えよう…!

【Favorite Number】Marble / Palms / Worlding Worlds



TopiaryTopiary
Xeno & Oaklander

曲名リスト
1. Marble
2. Virtues and Vice
3. Baroque
4. Topiary
5. Palms
6. Chevron
7. Chimera
8. Worlding Worlds
9. Topiary II

Amazonで詳しく見る






Golden Dreams
Deux
B00FYCEMXU
Sub Rosa
Void Vision
B018HTM79W
Perte d'identite
Marie Davidson
B00U2DWAX0
posted by kerkerian at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

艶も酣 / 遺言桜(2016)

日エレクトロニカ・プロジェクトによる1stアルバム。

例によってゲームをビタイチ知らない私ですが、『サイレント・ヒル』のコンポーザーが手掛ける、女性Voフィーチュアリング作となる本作。ホラー音楽の大家だけにプロジェクト名、アルバム名、ジャケット、曲名、歌詞と世界観全てが「それ系」に設えてある。そんな印象だ。フィメこれ的には世界観は睡蓮ニーアゲシュタルト&レプリカント オリジナル・サウンドトラックに近しい趣を感じた。

Post-Rock、人力Trip-Hop、フォークトロニカを主軸に据え、女性Voがシアトリカルに歌い上げるドストライクな作風。なのだが、ここまで説明的である必要はあったのかなと。先述の「設えた感」もそうだし頻繁に挿し込まれる語り、芝居に寄せたVo…記号性を排して純粋に音楽を聴かせてくれたほうが個人的には楽しめた。まあ興の削がれ具合もまた「宴もたけなわ」のひとつの真実ちゅーこって。

【Favorite Number】遺言桜 -ゆいごんざくら- / 絶寵花 -ぜっちょうか-

遺言桜遺言桜
艶も酣

曲名リスト
1. 不如帰 -ふじょき- (語り)
2. 遺言桜 -ゆいごんざくら-
3. お月さん (語り)
4. 天地眼鏡 -あめつちめがね-
5. 鬼角ニョロリ -おにつのにょろり-
6. 覚醒プラットフォーム (語り)
7. 絶寵花 -ぜっちょうか-
8. 禍壺ドロリの慈悲 -まがつぼどろりのじひ- (語り)
9. 空虚壕 -くうきょごう-
10. 産断末魔 -さんだんまつま-
11. 帰子壺 -きこつぼ- (語り)

Amazonで詳しく見る






Illogical Dance
ハチスノイト
B017839Z0W

FERRI
B00NGA19LK
Night Lines
Cuushe
B00U2DWAX0
posted by kerkerian at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

陰陽座 / 迦陵頻伽(2016)

日妖怪ヘヴィメタルバンドによる13thアルバム。

同時リリースの『風神界逅』『雷神創世』は計24曲のボリュームだけに、"八百比丘尼"、"天獄の厳霊"など個々にお気に入り曲はあったものの全体としては弱いと言わざるを得なかった…本作は2年間熟成した選りすぐりの1枚だけに、ワイン風に言うと「ここ10年で最高クラスの当たり年」という感じの仕上がりになっておる…そう書くと胡散臭いけども…!

まず耳を惹くのは、表題曲(何気に陰陽座史上初)"迦陵頻伽"のイントロで聴けるガムラン的な音を始めとするSymphonic-Metal要素、"愛する者よ、死に候え"のBメロの打ち込み要素など新機軸を入れてきた点。そして惜しみなく投入されるキラーチューンの嵐。"刃"なんかはセルフオマージュかのようなド王道和風ポップメタルでノンタイアップなのが信じ難い…刀剣乱舞絡みを狙っているかのような世界観だが…笑

総じて、『臥龍點睛』『金剛九尾』と並ぶ艶やかキャッチー路線の代表作となる予感の本作。チャートも過去最高を記録し、瞬火への依存度が高すぎるのに一抹の不安を覚えるがまだまだ彼らの滾りは衰える気配を見せない…!

【Favorite Number】熾天の隻翼 / 刃 / 轆轤首 /愛する者よ、死に候え



迦陵頻伽迦陵頻伽
陰陽座

曲名リスト
1. 迦陵頻伽
2. 鸞
3. 熾天の隻翼
4. 刃
5. 廿弐匹目は毒蝮
6. 御前の瞳に羞いの砂
7. 轆轤首
8. 氷牙忍法帖
9. 人魚の檻
10. 素戔嗚
11. 絡新婦
12. 愛する者よ、死に候え
13. 風人を憐れむ歌

Amazonで詳しく見る






R.E.D
LIV MOON
B01LYOG7UQ
STATICE
TEARS OF TRAGEDY
B01MF6TC65
REVIVE
THE UNCROWNED
B01N8TXG2V
posted by kerkerian at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする