2017年07月22日

Bestial Mouths / (Still) Heartless(2017)

USエレクトロユニットによる3rdアルバムのRemix盤。

タイトルからお察しの通り3rdアルバム"Heartless"のリミックス作品…いや察せないか。冒頭の"Witchdance"とラストの"High Walls"のみが新曲でLynette嬢のヒステリックな叫びがご堪能頂けます。どうやらフォークロア、Medieval要素を打ち出したElectro-Goth彼らの特長のようで、オリジナル作の"Heartless"は2016年内に出会えていればアルバムオブザイヤー候補だったかもしれぬな…

因みに本作にピックアップされたのは3rdの10曲中4曲のみという偏り、重複っぷりである。"Worn Skin"に至ってはver違いが4曲も入っており、こういう構成はRemixされる側は素材の乏しさを、Remixする側は料理スキルの乏しさを露呈していてLose-Loseな気がするのだが。尤も、全部同じ曲のBomb A Head!20周年盤Get Wild30周年盤くらい突き抜けていたら話は別…!

【Favorite Number】Worn Skin (Ludovico Technique Remix) / Down to the Bones (Bestial Mouths No Longer See Mix)



(Still) Heartless(Still) Heartless
Bestial Mouths

曲名リスト
1. Witchdance
2. Worn Skin (Ludovico Technique Remix)
3. Greyed (Danny Saber Mix)
4. Down to the Bones (CX KIDTRONIK KraK attacK Remix)
5. Heartless (The Horrorist Remix)
6. Worn Skin (Die Krupps Remix)
7. Heartless (Zanias Remix)
8. Worn Skin (Shredder Remix)
9. Greyness (FORCES Iridescent Mix)
10. Worn Skin (GYS Version)
11. Down to the Bones (Bestial Mouths No Longer See Mix)
12. High Walls

Amazonで詳しく見る






My Bloody Seraph
Stillborn Diz
B00ARWWNOC
Fleshed Out
Gazelle Twin
B01HDGB25K
Okovi
Zola Jesus
B072JWXKLB
タグ:US darkwave EBM
posted by kerkerian at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

Shepot / Nepoznata Zemya(2017)

ブルガリアのProg-Metalバンドによる1stアルバム。

2017年のベスト・メタル候補が意外なところから出てきた…キリルの印象からWitchcraftAbove The Earthのような終末的ロシアンメタルを髣髴するが、Шепотはもっとトラッドでプログレッシブな展開を持ちつつもポップさも辞さない、所によりAlternative-Rockに近い面も魅せる。因みにШепотはShepotと読みウィスパーの意味。

Лилия(リリア)嬢のVoは中音域の伸びが映える、良い意味で無個性。Femaleプログレに最適人材である…最大の長尺曲にして最もスリリングな"Tamni Dni"は歌パートがそれなりの割合を占めているのに良い意味で空気。ピアノもギターもドラムもそれなりに暴れているのに、音は主張するどころか譲り合いながら調和を保っているような…バランスに優れた一品かなと私には映りました。ブルガリアと言えば?の問いにヨーグルト、ストイチコフ、琴欧州に続く4番手に名乗りを上げるか、シェポット。

【Favorite Number】Spomen / Tamni Dni



Nepoznata ZemyaNepoznata Zemya
Shepot

曲名リスト
1.Moisey
2.Spomen
3.Voina
4.Tamni Dni
5.U Doma
6.Do Men
7.Because Of You
8.S Men Ela
9.Broken Illusions

Amazonで詳しく見る






Ash
Witchcraft
B01N5RR2CR
Septima
Slot
B01DO98TZQ
Бесконечность
Tracktor Bowling
B000HWZB46
posted by kerkerian at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

Dust In Mind / Oblivion(2017)

仏Industrial-Metalバンドによる3rdアルバム。

Electroではなく、Power-Metal寄りのIndustrialのご紹介は久方振りではないだろうか…!これまでにも同郷のElyoseはじめXalynarDyNAbyteなど挙げてきましたが男Voによるブルータルなデスボパート、女性Voによるメロディアスパートは王道中の王道、ノスタルジアさえ覚える「ひと昔前の近未来感」なサウンドです。アートワークにもそれが顕れていて大変良い。究極の既聴感をあなたに…!因みにDust In Mindの"Oblivion"との事ですが、たぶんOBLIVION DUSTは関係ないと思う…趣を同じくするところは多分にあるけれど。

マシーナリーさが心地良いリズム、コーラス含め多層的に作り込まれているJEN嬢のボーカリゼーション、時にピアノも用いてGoth色を織り交ぜたりと、総じてNu-Metal、Mixtureといったふた昔前の要素とGoth-Meatalのメランコリアといったひと昔前の要素が混合された、世界は3回り目くらいに突入したなあ的な己の年輪を感じさせる作品。

【Favorite Number】Mrs Epilepsy / Oblivion



OblivionOblivion
Dust in Mind

曲名リスト
1. Get Out
2. Spreading Disease
3. Lullaby
4. I’m Different
5. Mrs Epilepsy
6. Oblivion
7. Born to Fight
8. Too Far
9. Anesthesia
10. Coward

Amazonで詳しく見る






Star Blood
Red Queen
B01N5RR2CR
Infection - Erasure - Replacement
Noein
B0716KY617
Toxicnology Part 1 & 2
Alcoholika La Christo
B000HWZB46
posted by kerkerian at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

Furniteur / Perfect Lavender(2017)

USのSynth-Popバンドによる1stアルバム。

フリーミアム音楽警備員としては、bandcampやSpotifyを巡回していると、表立ってムーブメントになっている訳ではないんですがここ数年、密かにイタロ・ディスコ(イタロ・ハウス)が来ている気がするんですよね。このFurniteurもその一つで、まずジャケットの80'sがやばい。アー写と背景画の合成感、斜体のフォント、全体のパステル感…音楽の世界観をそのまま可視化したような。

そんな中身を容易に想像できる全8曲。清涼でウェットなSynthビートに乗せてノスタルジックな旋律を息多めに歌うBrittany嬢。ハンドクラップや粒々なシンセ・ベース、Funkなカッティングギターなど王道サウンドに加え、時折今っぽいIDM的なグリッチィサウンドを混ぜてくる辺りが仕事できる感。

【Favorite Number】Redundant Buzz / Brat / All of the Punks



Perfect LavenderPerfect Lavender
Furniteur

曲名リスト
1. Redundant Buzz
2. Brat
3. Air Castles
4. Swimming
5. Mysteries
6. Fault
7. All of the Punks
8. Unforgettable

Amazonで詳しく見る





Still / Alone
Golden Filter
B01N5RR2CR
Heartbreak Hi
Avec Sans
B0716KY617
Omni
Navvi
B01MSJ1MC5
タグ:Synth-Pop US
posted by kerkerian at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

Fazerdaze / Morningside(2017)

ニュージーランドSSWによる1stアルバム。

先行シングルの"Lucky Girl"は直線的なベースとギターのバッキングによる疾走ネオアコ・ポップなイメージでしたが、アルバムではLo-fiなガレージロックだったり薄っすらとしたDream-Popも垣間見えたり。単なるパワーポッパーとは一味違うところを聴かせつけている。まあ、夏にぴったりの爽快文系ギタポです。VHS DreamWinter Tamar AntlerVanbotと毎年、夏に似合う音楽と言うのが恒例になってるっぽいですが本当に夏が嫌いです。

さてこのAmelia Murray嬢、とても可憐で萌えオブザイヤー候補でもあるのですが、各MVを観ると何となく生活感じみていて、お疲れOL的な雰囲気を漂わせつつムスタングにカポを嵌めて一生懸命掻き鳴らしている感じがとても庇護欲をそそられるというか、文系宅録女子っぽくてとても良いです。個人的にエレキにカポってのはこういう娘以外は許さぬ…!

【Favorite Number】Lucky Girl / Misread / Friends / Bedroom Talks



MORNINGSIDEMorningside
Fazerdaze

曲名リスト
1. Last to Sleep
2. Lucky Girl
3. Misread
4. Little Uneasy
5. Jennifer
6. Take It Slow
7. Shoulders
8. Friends
9. Half-Figured
10. Bedroom Talks

Amazonで詳しく見る






Love in the 4th Dimension
Big Moon
B01N1ETZ7U
Soft Sounds from Another Plane
Japanese Breakfast
B0716KY617
Alvvays
Alvvays
B00KB493VC
posted by kerkerian at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする