2017年04月23日

Soldout / Forever(2017)

ベルギーのエレクトロ・デュオによる3rdアルバム。

4年前に1st"More"の感想を書いていたようですが何も覚えておらず、Hip-Hopみたいだなあと思ったらそれも書いてた…逆にそういったアーティストと思いがけずに再会できるのが音楽のいいところ。

さてその後SOUL'd OUT(言ってしまったね。)が活休したことで晴れてソールドアウト界を手中に収めたSoldout。改めてこの4年間を振り返ると「○○っぽい」というデジャアンタンデュな感想しかない1stから、疾走感とロックテイストなSynth-Popに変貌を遂げた2ndを経ての今作。ボディコンシャスな脱ぎたがりジャケットなのはいつも通りだが、確実にスケールアップを果たして今様なElectro-Popに。最早ノスタルジックだけが売りではなく自分のメロディ、自分の音を手に入れた模様…さすがはエレクトロ強国ベルギーだなと思わせる逸品。因みにForeverにSoldoutなんてことは無く、ちゃんとダウンロード販売しておるのでご安心を…!

【Favorite Number】Breaks / Do it again / Fake



ForeverForever
Soldout

曲名リスト
1. Call me out
2. Breaks
3. Forever
4. Do it again (feat Goose)
5. My love
6. Fake
7. Because of you
8. Oppression
9. Fallen
10. Dune

Amazonで詳しく見る




The Doppelgänger EP
Freezepop
B0091YXOP4
All My Demons Greeting Me As a Friend
Aurora
B0195QXHRW
Obscure but Visible
Computer Magic
B01J5X3GE4

posted by kerkerian at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

Daedric Tales / The Divine Menace(2017)

オーストリアのシンフォ・メタルバンドによる1stフルアルバム。

久々に滾る感じの美麗メタル…!この手のバンドはオーケストレーションが前に出過ぎてリズムが貧弱だったり、Voがクドかったりメロが今ひとつだったり…何かが足りないバンドが意外と多かったりしますが、Daedric Talesはバランスが◎。シンフォを多用しつつも基本はPower-Metalでギター+リズムの重さも十分、何よりAlexandra嬢のVoがソプラノやファルセットに頼らずともナチュラルに美声で良い。

bandcampのタグにmorrowindとあるが、彼らはElder Scrolls Onlineをコンセプトに結成されたバンドで特に公式アーティストって訳ではないのかな…?まあファンタジー感やビジュアルのメディーヴァル感、アルバムの章立てなどそれっぽいわね。因みに本作ではChapterVから収録されていますがTとUは先行EP"Cult Of Ashes"をどうぞ。ESOファンはプレイ中に本作流しながらやると、より滾るんじゃないでしょうか…!

【Favorite Number】Son Of Storms / Planes Of Oblivion / Catalyst / Chapter VIII: The Divine Menace



The Divine MenaceThe Divine Menace
Daedric Tales

曲名リスト
1. Son Of Storms
2. Plains Of Oblivion
3. Chapter III: The Elven Era
4. Chapter IV: The Red Mountain
5. Chapter V: Shattered Alliances
6. Demonic Twilight
7. Seven Companions
8. Catalyst
9. Chapter VI: Sleepers Awake
10. Chapter VII: Child Of Moon And Star
11. Chapter VIII: The Divine Menace
12. Lament For The High King

Amazonで詳しく見る






The Elder Scrolls V: Skyrim: Original Game Soundtrack
B00494WNU8
The Elder Scrolls Online Original Game Soundtrack
B01BW80CR4
The Great Momentum
Edenbridge
B01MSQKKZ5
posted by kerkerian at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

King Of Woman / Created in the Image of Suffer(2017)

米Doom-Metalバンドによる1stフルアルバム。

70'sハードロックへのオマージュっぽい名前そして出で立ちで、Kingを名乗っていてもヒッピー的な格好は襤褸を着ても心は錦、ってやつですかね。たぶん違うか。何にせよKing Womanで検索すると名前が返ってくるVoのKristina Esfandiari嬢は相当な地位にいる女性とお見受けする…!

"Led by the hypnotic and breathy vocal..."とある通りアトモスフェリックな響きとジャリついたギターに彩られた…というより塗り潰された感のあるサウンド。Sludge気味と言えるかもしれない。1曲目がボーナストラックでしかもインストという高度なボケをかましつつKristina嬢の囁き呻くVo以外に聴きどころはありませんが、何にせよ専制君主のKing Womanなのだから仕方ないか。重爆音のヒプノティカに塗れたい向きはどうぞ。

【Favorite Number】Shame / Manna



Created in the Image of SufferCreated in the Image of Suffer
King Woman

曲名リスト
1. Citios (Digital Bonus Track)
2. Utopia
3. Deny
4. Shame
5. Hierophant
6. Worn
7. Manna
8. Hem

Amazonで詳しく見る






The Sacred Flame
Astral Cult
B00494WNU8
Change
Universe217
B01BW80CR4
Opus IV
Weeping Silence
B00ZVSH0OA
タグ:US Doom Metal
posted by kerkerian at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

Cloud Spell / Yarrow(2017)

USエレクトロ・デュオによる1stアルバム。

Electro-gazer的な薄っすらノイズに彩られながらも美メロが映えるColdwaveといったところか。ミニマルで難解な"Passege"がちょいちょい挟まるが、基本は多層的なSynthとアナログ的質感のパランスが素敵なElecftro。何よりJoelle嬢のソフトリーなVoが心地良過ぎ。ややレイヤーを剥いだDiverting Duo、或いはフェミニンなBlack Nail Cabaretといったところか。

"Yarrow"のタイトル通り、野郎のVoがコーラスに垣間聴こえるがまあアトモスフェリック醸すのに一役買ってるからオッケーかなレベル…なれど"Be Where You Are"はメインVoだった…只でさえ頭数少ない歌もの曲を1枠削られたことに野郎ッ…!とは憤らないことにしましたよ2017年からは。因みにYallowってのはノコギリソウの事ね。女性Voフリークの皆様に置かれましては、男声に拒否反応示してチェーンソーなど持ち出さぬように留意されたし。

【Favorite Number】Shadow / Dreamseeker / Nature Is My God



YarrowYarrow
Cloud Spell

曲名リスト
1.Intro
2.Shadow
3.No Secret
4.Passage 1
5.Mother
6.Dreamseeker
7.Passage 2
8.Garden
9.Nature Is My God
10.Passage 3
11.Be Where You Are
12.Keep It Steamin
13.Outro

bandcampで詳しく見る




Poison
Omnimar
B00494WNU8
Future Politics
Austra
B01M5D77OT
Demain Est Une Autre Neut
Essaie Pas
B019QE4NQC
posted by kerkerian at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

Rainbowlicker / I Saw The Light But Turned It Off(2017)

フィンランドのElectroデュオによる1stアルバム。

ジャケットから音楽をdigる時、大概はダークな色合いのものを選べば間違いはないのだが、偶にこうしたパステル調のやつが闇とか深淵を抱えた音楽性だったりするから油断ならない…最近で言うとFabolidaysとかちょろゴンずとか…因みに後者はエイプリルフール合わせの投稿ですが感想は至って真剣だし何より下等で愚かな人間を殲滅したい欲望を抱えたドラゴン達の歌なのでコンセプト的にはフィメこれに合致しておるだろう…?

因みに過去の4/1投稿にはこんなのがあった。
パンコレ〜voice actresses’legendary punk songs collection〜(2009)
GIRL NEXT DOOR / NEXT FUTURE(2010)

さてこのRainbowlicker、アルバムタイトルからして反骨心をお持ちな様子だが1曲目の"All The Best Girls Are Boys"はショタ萌えの歌なんでしょうか…レインボーカラーから察するに思想的なアレがあるのやも…その辺に言及するのは面倒なので止めておこう…音楽性はJunksistaのサイバー感とMy Woshin Mashinのオールドスクール感の中間に位置するようなElectroclashで、Vo嬢のハイテンション・濁声ぶりはRiot Girrを忠実に体現。まあ基本ずっとウェーイ風のメロディレスなので、後ろの作り込まれたトラックで機微を楽しむ系ですな。

【Favorite Number】All The Best Girls Are Boys / Highscore



I Saw The Light But Turned It OffI Saw The Light But Turned It Off
Rainbowlicker

曲名リスト
1.All The Best Girls Are Boys
2.Highscore
3.Seduce Me With A Sandwich
4.City Of Wild Cats
5.Penikka
6.I Am A Cemetery
7.Friend Zone
8.Dirty Fingers
9.Riot!
10.Jekyll & Hyde
11.Terror Night

Amazonで詳しく見る






Love & Nature
Le Corps Mince De Francoise
B00494WNU8
Sinner's Delight
Junksista
B00545KNP8
Mawama
My Woshin Mashin
B01N1MUEYS
posted by kerkerian at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする