2017年03月19日

Kroy / Scavenger(2016)

加Electro-SSWによるソロ1stアルバム。

前の記事で2016年作品の紹介を終わるつもりでしたが、最後の最後でアルバムオブザイヤー級に出くわしてしまった…エレクトロデュオMilk & Boneとして知られるCamille Poliquin嬢。Milk〜のほうではSynth-Popに重きを置いており、耳触りの良いエレクトロという印象でしたがソロでは一転、インフルエンスがGoldfrappというだけあってミニマルな旋律とドープでホラブルな音遣いが同居する幽玄美溢れる音楽性に。控えめに言って…傑作である…!

とりわけ、先行配信曲"River"は重厚なストリングスによる緊張感、エキゾチックなコーラス、Synthの多層的な旋律と濃密な音像ながら全体としてはシンプルなTrip-Hopになっており2016年を代表する名曲といって過言ではない。惜しむらくは、3年前のEPに収められていた"feet"や"birthday"もコズミックな良曲だっただけに、入っていればより華やかでバリエーション豊富になったかなあと。まあ、発表曲全てが神ってるということです、Camille嬢。活動、ソロ中心にしたら…?(小声)

次回こそアルバムオブザイヤー2016!

【Favorite Number】Hull / Learn / River



ScavengerScavenger
Kroy

曲名リスト
1. Hull
2. Bones
3. Learn
4. Monstrosity
5. Stay
6. Days
7. Cold
8. River
9. Go

Amazonで詳しく見る






Little Mourning
Milk & Bone
B00T7GGFFW
Silver Eye
Goldfrapp
B01N34Q4KF
Falling Up
Lyon
B01MDQ2UK7
posted by kerkerian at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

電気式華憐音楽集団 / 電気式音楽集III(2016)

同人メタル・プロジェクトの3rdベストアルバム。

既に2017年の新作が出ているデンカレな訳ですが、2016年の本作から。BLACK BOX、10th anniversary white box、RED BOXに続く恒例のBOX形式、"15th ANNIVERSARY BLUE BOX"としてのリリース…内容は電気式音楽集IIIと"DENKARE THE BEST"からなる3枚組なのだが今回は前者のみの単品購入とさせて頂いた。内容重複するベスト盤は幾つも要らない、ソシャゲでも1キャラ複数持ちはしないポリシーです。

さて、前作"DETONATOR"から一層メタル度を増した彼らだが「音楽集」シリーズは様々な美少女ゲームに提供した楽曲の集まりとあって幅広い音楽性で、商業作家としてのデンカレを堪能できます。この辺りは向こうと同じ立ち位置だな…というか中の人も…おっと帝國憲兵だ隠れろ…!

近年のヘヴィ路線を象徴する楽曲から打ち込み主体のポップソングまで…そして『キラ☆メキ♪シンデレイション』は一見、かつての『まじげっちゅ』『うちゅうがとらぶる!』を髣髴する久々の電波系萌えソングだが、今回は最初からメタルアレンジ後…"Death get you!"や"THRASHING TROUBLE"のようになってて笑える。あとはラストのクサメロ歌謡メタル"C.M.S."も素敵。やはり全体的に可憐嬢は歌唱も歌詞も自由を謳歌している感じがして等身大の彼女…いや音楽性の話であって、決してあちらのような設定縛りが無いことに言及している訳ではなくうわっ帝國憲兵まだいたのかくぁwせdrftgyふじこlp ザシュッ

〜2016年シリーズ完〜

【Favorite Number】向日葵の笑顔で / Ultimate Angel / 天空(そら)駆ける剣 / C.M.S.

電気式音楽集III電気式音楽集III
電気式華憐音楽集団

曲名リスト
1. 終焉り紡ぎし者
2. 向日葵の笑顔で
3. 未来への欠片
4. last Message
5. Eternal Season
6. キラ☆メキ♪シンデレイション
7. Ultimate Angel
8. 天空(そら)駆ける剣
9. 蒼き薔薇の名
10. C.M.S

Amazonで詳しく見る






あっぷぐれーど(仮)
激情★めたりっちぇ
B00TSRU0QU
BARYTE
BRIDEAR
B019SBA52E
right NOW
Disqualia
B01MDQ2UK7
posted by kerkerian at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

Plike / Red Queen, White Queen(2016)

USエレクトロ・プロジェクトによる2ndアルバム(3rdEP?)

2017年も早いもので3月になり、そろそろ2016アルバムオブザイヤーを確定せねばいけない時期なのですが、Trip-Hop勢が豊作で決めかねている…そんな最中に土壇場で召集された侍ジャパン炭谷の如く現れた有力候補、それがPlike。伝わんないね。

多層的なストリングス、コーラスワークに彩られ、しかしカラフルでは無く寧ろモノクロームの終わりなき深淵に飲まれるようなサウンドメイク…BjorkやPortishead信者なら間違いありませんが、Trip-Hopのほかwith-HouseやDreamgaze要素もあり、より躍動的で解り易いと言えるかもしれません。Veela、Holly Drummond、Francesca Gencoの3人の嬢によるVoですが全てリバーヴが強力に掛かっているため差異を感じず、同一人物による多層的なコーラスのように聴こえる。逆説的Kalafinaといったところか。ゴシックな世界観も病み付きになる1枚。

【Favorite Number】The Proving Grounds / Rabbit Hole / Headroom



Red Queen, White QueenRed Queen, White Queen
Plike

曲名リスト
1. The Proving Grounds
2. Never Always
3. Stigmatized
4. Rabbit Hole
5. A Bottle Marked Poison
6. Stage Five
7. Dust
8. Headroom (feat. ASH)

Amazonで詳しく見る






Decade
The Silk Demise
B00SJOO4SI
Bleeding Edge
Auradrone
B00J3D36LA
far on the water
Kalafina
B011J6GF1Q
posted by kerkerian at 03:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

Noémie Wolfs / Hunt You(2016)

ベルギーのボーカリスト、Noémie Wolfsによるソロデビュー作。

オリジナル2枚を出したあと2015年にHooverphonicを脱退した彼女。冒頭の"The Night"は"The Night Before"へのオマージュ…これからが本番とでも言いたげ?ってのは邪推だろうか。どの楽曲もメロが際立つ良質なオーガニック・ポップスで彼女在籍時のHooverphonicの作風を踏襲しているような。薄くストリングス被せてくるところまで…少なくとも最新作"In Wonderland"よりはHooverっぽさを感じた。初代VoのGeikeのソロデビュー作もやはり、在籍時のHoover的感触があったので、良くも悪くも影響は大きいのだなと。

Noémie嬢はGeike嬢とは違ってキャリアは未だ浅いため、今後次第では売名レッテルを貼られることになるかもしれないが、天性のエンジェリックボイスに加えソングライティング面でも伸びしろは十分、数年後にはNina Persson的存在になっているかもしれない…そんな可能性を大いに感じさせるアルバムではある。

【Favorite Number】The Night / Lost In Love / Hunt You


Hunt YouHunt You
Noémie Wolfs

曲名リスト
1.The Night
2.All You Ever Wanted
3.Sleeper
4.Burning
5.Lost In Love
6.Hunt You
7.Trying To Pretend
8.Wounded
9.Maybe
10.My Mountain

Amazonで詳しく見る






Maya's Moving Castle
Maya's Moving Castle
B00SJOO4SI
Sometimes
Nina Persson
B00J3D36LA
Reflection
Hooverphonic
B00H317OXU
タグ:Belgium pop
posted by kerkerian at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

Beta Evers / Delusion(2016)

ドイツのDarkwaveプロジェクトによる1stフルアルバム。

99年から活動するBeta EversことBrigitte Enzler嬢。EPリリース7枚くらいあるようだがフル作は17年目にして初、という00's以降の音楽界の現状を表しているなあと…俺のように10曲前後のまとまったパッケージでストーリーや世界観を担当したいリスナーは最早マイノリティなのだろうか…制作側のコストの問題、単曲でお手軽にプロモーションできるのが大きいんだろうけど。

さてBeta Eversは暗めのSynth-PopプラスNew-Waveというか、アナログSynthの質感を持ったオールドスクールDarkwaveといったところか。低音で妖艶なBrigitte嬢のVoは背徳感を携えており、Olga KouklakiSally DigeBlack Nail Cabaretなどユニセックスな低音イケメンボイスを操る女性Voは近年、Electroシーンでのトレンドのひとつかもしれぬな…!但しBeta Eversは歌モノでは無いので律動感を楽しむ感じでひとつ。

【Favorite Number】Frozen Breath / Nothing But Art And Pain



DelusionDelusion
Beta Evers

曲名リスト
1. Velvet Leaves
2. Frozen Breath
3. Sore Suspense
4. Nothing But Art And Pain
5. Stirring Dreams
6. Skin-Tight
7. Garden Of Love
8. Torrid Illusions
9. Hit Me
10. Kalt

Amazonで詳しく見る






Paradox Obscur
Paradox Obscur
B00SJOO4SI
Oxytocin EP
Olga Kouklaki
B004IWQUEQ
Paranormale Aktivitat
Zwischenwelt
B01EM8DYZI
タグ:germany darkwave
posted by kerkerian at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする