2017年09月11日

Marnie / Strange Words and Weird Wars(2017)

英エレクトロSSWによる2ndアルバム。

言うまでもなくSynth-Pop界をリードする(してきた)LadytronのボーカリストHelen Marnie嬢のソロ2作目。Ladytronのほうもソロソロ動きがあって良いものなんですが、公式では2016年7月に「"Gravity the Seducer"から5年のハイエイタスを経て新章突入」とポストされて以来、息してません。まあにー、今の時代なかなか難しいのかもしれません。

しかしまだまだ、思い出のMarnieとなってもらう訳にはいかぬ…前作"Crystal World"の延長上でありつつ、実質Ladytronの新作…正確には"Best of 00-10"以前を継承した、バンドのダイナミクスも付与された良作。ソロでもシーンに健在振りを聴かせつけておる。音楽性が安定の一途を辿る一方で、ビジュアル面は前作のレオタード今作のうさ耳と迷走中の模様。それにしても、今年のエレクトロ勢が豊作過ぎて。ワインでいうと「100年に1度といわれた一昨年をしのぐ」といったところか。特に、うわっ…2017年のSynth-Pop作品のアベレージ、高すぎ…?

【Favorite Number】Lost Maps / Heartbreak Kid



Strange Words and Weird WarsStrange Words and Weird Wars
Marnie

曲名リスト
1. Alphabet Block
2. Bloom
3. G.I.R.L.S
4. Electric Youth
5. A Girl Walks Home Alone At Night
6. Lost Maps
7. Summer Boys
8. Little Knives
9. Invisible Girl
10. Heartbreak Kid

Amazonで詳しく見る






The Planet
Young Ejecta
B00E7YPQ72
Get the Balance Right
Marsheaux
B071P3KZ21
Sideration
Mohini Geisweiller
B01F9D1G3C
タグ:Synth-Pop UK
posted by kerkerian at 00:18 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

Purple Fog Side / The Discord(2017)

ロシアDarkwaveプロジェクトによる6thアルバム。

新生PFSの開幕を告げる快作である…!
2013年の4th"Reality Awaits"では女性Vo曲が全体の3分の1に留まり、ひとつのサイクルの終焉を感じたのですがその通りに同年秋に発表の"The Farewell"でVeronica嬢が卒業。ベロニカは生命の樹の崩壊から仲間を救ったのだ…!涙

配信曲、未発表曲を集めたPavek氏個人作の色合いが強い5th"Anthology XX"を経て、新ボーカリストLaly Fox嬢を迎えたのが本作…のタイトルが"Discord"=不和というのが何とも笑。ナイトフィーバー的なジャケからDiscoとも掛かっているんだろうけど。
前任者よりもハイトーンとウィスパリングが映えるLaly嬢の声質に合わせてかDarkwave色が薄れ、分厚いSynthサウンドと何時になくバンド感に満ちたキラキラポップである。だがキャッチーでどこか影のあるPavek氏の楽曲は変わらず冴えており、何より全曲女性Voによる歌ものに回帰したのがフィメこれ的にはウェルカムバック。スタイルは変われどメランコリー具合は"Music For Indigo Kids"以前を髣髴する正にPurple Fog Sideの真骨頂が詰まった一作である。同じくキラキラSynthのSPECTRA*parisとアルバムオブザイヤーを争うことになるであろう…!

【Favorite Number】Ashen Sleepwalkers / Take Me Away / Losing My Religion



The DiscordThe Discord
Purple Fog Side

曲名リスト
1. One Night
2. Your Image Alive
3. Ashen Sleepwalkers
4. When I'm Gone
5. Moths (Feat. Requiem4FM)
6. Ничья
7. My Faith
8. The Garden Of Whispers
9. Take Me Away
10. Breathe In
11. Losing My Religion
12. Empty Roads
13. Breathe In (PreCog Remix)

Amazonで詳しく見る






Ego
Otto Dix
B00E7YPQ72
Color of Nothing
Collide
B071P3KZ21
Oikumene
Theodor Bastard
B00EUML526
posted by kerkerian at 15:31 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

葉月ゆら / Ghost Sense(2017)

日Doujin歌姫による??thアルバム。

その音楽性、いやさ存在が秩序であり概念…同人音楽界の鹿目まどか(アルティメットまどか)こと葉月ゆら嬢である。例によって何10作品出しているか見当も付かない訳ですが、常に最新が最高…そう思わせてくれる新鮮さと安定感を提供してくれます今回も。

昨今のメルヘン路線とダークゴシック路線の2本柱(ALI PROJECTで言うところの白アリと黒アリ)に沿ったリリースで、昨年の"ORGIA"に続く後者のダーク作品です。箱庭感満載のシンフォロック、場末なスウィングジャズ風味など鉄板なラインナップなのだが、とりわけGoth-Industrialとプログレが入り混じる"Exorcism"と、ケルト的音遣いとElectro-Popを異種配合させたような「101の命を持った黒猫」が出色。いつも王道と思わせておいて、前衛要素を意外なタイミングでブチ込んでくる(飛び道具のようなピアノの変則フレーズとか)、この辺りが正に真骨頂。揺るぎないリスペクトを集め続ける理由なんじゃろうな…!

【Favorite Number】Exorcism / 101の命を持った黒猫

Ghost SenseGhost Sense
葉月ゆら

曲名リスト
1. 蛍星
2. Exorcism
3. 贖いの亡霊
4. Demise Perfume
5. Ghost Sense
6. 101の命を持った黒猫
7. 灰の残像
8. Exorcism (instrumental)
9. 贖いの亡霊 (instrumental)
10. Demise Perfume (instrumental)
11. Ghost Sense (instrumental)
12. 101の命を持った黒猫 (instrumental)

とらのあなで詳しく見る






百火撩乱
Kalafina
B00E7YPQ72
金平糖レトロチカ
中恵光城
B00L5VZN6O
un secret
霜月はるか
B009MO5GWW
posted by kerkerian at 01:09 | Comment(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

SPECTRA*paris / Retromachine Betty(2017)

イタリアのElectroプロジェクトによる3rdアルバム。

1st"Dead Models Society"が2007、2nd"License To Kill"が2010と2作続けてアルバムオブザイヤー入りしているSpectra Paris。Elena Alice Fossi嬢としてはKirlian Cameraの"Black Summer Choirs"以来4年振りの新作である。そういえば表記にアスタリスクが入ってSPECTRA*Parisになった模様…花*花リスペクトだな…!

さてこれまで「覆面強盗の共犯者」「その被害者」「ボンテージ」などのコスで我々の劣情を煽ってきたElena嬢ですが、今回はパリピなサイバーコップでギャグ路線に走り、Future感な作風を体現。確かに昨今のキリアン作風から、キラキラSynth路線はSpectraのほうに寄せている傾向ではあったが、2ndと比べるとRock/Industrial要素が減った印象…必然色彩もダークからブライトネスに。煌びやかなFuture-Pop路線に緻密な音使い、妖艶なVoは相変わらず濃密で陶酔感と昂揚感をもたらす。3回目のアルバムオブザイヤーも現実味を帯びてきたか。

【Favorite Number】Star Bubbles / Universal



Into the UnknownRetromachine Betty
SPECTRA*paris

曲名リスト
1. Star Bubbles
2. Alice (Geistersterne)
3. Ludovico Technique
4. Machinedream
5. Universal
6. Lux Industries
7. Girl You Really Got Me
8. Metrolynx
9. E-Girl Song
10. E-Kitsch Souvenier Of Italy

Amazonで詳しく見る






Down in the Dungeon
Miss FD
B00E7YPQ72
Lonely Heroes
Dear Strange
B00L5VZN6O
I Will Crush You & Go to Hell
Junksista
B009MO5GWW
posted by kerkerian at 02:44 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

iEuropean / Into The Unknown(2017)

アイルランドのElectroデュオによる1stアルバム。

2017年の本命シリーズ発動…これから暫くの間、紹介する作品は全てアルバムオブザイヤー有力候補と覚悟するのじゃ…!まず"i"が頭文字のアーティスト一覧が神ってる。アーティスト、いやプロダクトを創る者は自意識、パーソナリズムの強い奴が正義なのである。Appleのiシリーズも多分そんな感じ。

そんなiEuropeanの面白味はアヴァンなFuture-Popを基軸としながらも、ディスコテイストなSynth-Pop、バンド感のあるシンフォ・ロックなど様々な表情を見せている点。曲調の違いプラス、音が千変万化なのである。エレメンツ違いというのは下手すると散漫な印象を与えてしまうがRuth Lalor嬢のソウルフルなVo(超イケボ)が絶対的な存在感を放ち、一貫性を持たせている。スウィートネス、ディープネス、ホラブル、トリップ、ドライブ感…エレクトロの心地良さが全て詰まった快楽作と言って良い…!

【Favorite Number】Worry Not Sweet Paranoia / Don't Lose Control / Requiem / Bring on the Rain



Into the UnknownInto the Unknown
iEuropean

曲名リスト
1. Worry Not Sweet Paranoia
2. Falling
3. Fire Out
4. Don't Lose Control
5. I Will Follow
6. Requiem
7. Sweet Dreams
8. Bring On The Rain
9. We Are Brothers
10. World Of Fantasy

Amazonで詳しく見る






Garten Der Seraphina
Irrlicht
B00E7YPQ72
Antimatter
Mei Ohara
B00L5VZN6O
Deliverance
Karen Nielsen
B009MO5GWW
posted by kerkerian at 02:14 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする