2019年03月25日

アルバムオブザイヤー2018



Kriistal Ann / Touched on the Raw
千変万化オブザイヤー。1つとして同系統の楽曲がなく的を絞らせない、がアトモスフェリアで統一感が創れる希有な才能。前作からの意味でも化けた。

Promenade Cinema / Living Ghosts
スタイリッシュオブザイヤー。Synthのキラめき、Darkwaveの終末感を最高のバランスで配合。男女ツインVoが楽曲と世界観に奥行きを与えてる。

アーバンギャルド / 少女フィクション
ワシが育てたオブザイヤー。2ndから聴いていた身としては、着実にアップデートを果たしつつ風格を纏ってゆく姿に異端が正統になる瞬間を見た思い。

Mari Kattman / Stay Up
2ndにして常連オブザイヤーが確約された感すら。よりドープになる一方で、よりポップで煌びやかに。一体どこまでエボリューションし続けるのか。

Whyzdom / As Time Turns to Dust
シンフォオブザイヤー。物語性、重厚、荘厳華麗な様式美、トラッド感、楽曲の完成度...ここ数年のSympho-Metal界隈で最高傑作の1つ。

Emika / Silver Eye
ASMRオブザイヤー。トラックメーカーとしての評価が先行しがちだが、歌唱の素晴らしさよ。天使のファルセットとイケボな地声で耳が最幸。

Kadebra / Color Of Nothing
プログレオブザイヤー。オリエンタルはじめトラッド風味で技巧的な側面を出しつつ荒々しさも兼備。文系と体育系の良い所取りな破天荒優等生。

New Haunts / Worlds Left Behind
Gothやポジパンの影響を受けつつ主体はAmbient-Synthという知的で至高の深淵アルバム。ブリストルはTrip-Hopの呪縛から解き放たれたか。

Roselia / Anfang
ストーリーオブザイヤー。1月のガルパライブ以降、Roseliaに全てを賭けた2018年。2次元コンテンツ+音楽を超越した物語に心を揺さぶられた。感謝。

Unlucky Morpheus / Change Of Generation
アルバムオブザイヤー。メタル新時代の旗手に相応しい、オリジナル初のフル作。クサピロドコドコだけでない普遍的なポップセンスにも驚嘆。

メタル勢が目立った2018年。例年に比べ10枚がサクッと選出できたのは出来・不出来の差が大きかったのが要因か。全体的には不作の部類かもしれない。とはいえ光る作品もまだまだあり、次点としてScarlet DornHelalyn FlowersOrion DustGrausame TöchterKælan Miklaを推す。
posted by kerkerian at 00:44 | Comment(0) | オブザイヤー2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

L'Ame Immortelle / Hinter dem Horizont(2018)

オーストリアElectro-Gothデュオによる12thアルバム。

20周年記念ベスト"Unsterblich-20 Jahre L'Ame Immortelle"を経て第3章(くらい)に突入した、らめぇことL'Ame。一時期幅を利かせていたメタル色は完全に払拭した模様で、私が一番聴きたいDarkwave/Industrial/EBMのらめぇが満載で勝利確定な作品である...!

作風としては"Namenlos"や"Momente"期と大差ないのだが、何よりキャッチーでポップで、フェミニンさに溢れているのが今作の印象だ...Thomas氏のVoも3割程度、根強く残っているにも関わらず優美な聴後感に浸れるのは、Sonja嬢の良い感じに力の抜けた歌唱具合に依るところが大きい。かつての苦みばしった顔が見えるような情念に満ちたVo..それはそれで好きなんだけど何かスケールの大きさというか余裕が感じられる。23年目を迎えてなお一皮剥け続けるL'Ame Immortelleを、見逃しちゃらめぇぇぇぇ...!

【Favorite Number】Memories / What Lies Beyond

Hinter dem HorizontHinter dem Horizont
L'Ame Immortelle

曲名リスト
1. Unendlich
2. Letztes Licht
3. Treiben
4. Am Ende aller Tage
5. Dein Kuss
6. Memories
7. Monument
8. Schwerkraft
9. Frei
10. Hinter dem Horizont

Amazonで詳しく見る








Staub & Asche
Mantus
Staub & Asche
Perle
Persephone
Perle
Grabsteinland V
Untoten
Grabsteinland V
タグ:austria darkwave
posted by kerkerian at 02:11 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

Valentine Wolfe / The Haunting of Mary Shelley(2018)

USネオ・クラシカルデュオによる9thアルバム。

様々なユニーク性を持ったアーティストだ...まずVoとアップライト・ベースという特異な構成である...!そう聞いてネオクラだな?と思う訳ですが実際はかなりバンドサウンドに寄っており、全体としては「華美な装飾を排した、旋律重視のSympho-Metal或いはGothic-Metal」といった態だ。そして驚くべきはその多作振り...2010年から2018年までに10枚のフルアルバム(実は2018年のうちに、本作の後にもう1枚ある)、なんと直近2年は4枚というワーカホリック具合だ...!初期はElectro/Industrialを配したGothic的な要素(Doujinものに近い)だったが一旦オーガニックでシンプルなNeo-Classicになった後6th"A CHILD'S BESTIARY"からメタル化して現在に至る。各時代ともクオリティが極めて高く、量と質が長年保たれている希有な存在だ...!

本作の特徴は、これまで大人しめだったバンドサウンドがかなり暴れていることにある。アッパーな曲も増え本格メタルへの志向が見えるが、音は抑え気味であくまで歌と弦楽を中心にデザインされている。そのため常に優美で、たおやかなに時間が流れるような気品に満ちている。この1ヶ月後(!)にリリースされた10thはまた静謐サイドに寄っており、より深さを感じられる作品に。尽きないクリエイテビティには脱帽としか言いようがない。推そう。

【Favorite Number】On the Education of Daughters / Song for Justine / What Lies Beyond

The Haunting of Mary ShelleyThe Haunting of Mary Shelley
Valentine Wolfe

曲名リスト
1. A Voice in the Dark
2. On the Education of Daughters
3. Song for Justine
4. Soulgiver
5. Hours of Sorrow
6. It's Not Your Story to Tell
7. I Will Be with You on Your Wedding Night
8. Victor's Confession
9. Doomed to Live
10. What Lies Beyond

Amazonで詳しく見る








Walking on Graves
Deadly Nightshade Botanical Society
Walking on Graves
Fading Star
SchoolCraft
Fading Star
Drink Me
Lady Laudanum
Drink Me
posted by kerkerian at 19:41 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

Miss Kittin / Cosmos(2018)

仏Electro嬢による4thアルバム。

再三再四、関連作品(RIYL:Recommend If You Like 各記事の下に3作品紹介しているやつ)に挙げていながら感想を書くのは初なMiss Kittin...どうやらMiss FDと混同しがちというのもある...Goth-Electroで歌もの要素が強いのがMiss FD、テクノ色強めなミニマルエレクトロニカがMiss Kittin、ほっちゃんがミス・モノクロームと覚えるのが吉ですよほ、ほーっ、ホアアーッ!!

さてこの"Cosmos"、5年前の"Calling From The Stars"が過去最高にポップだった揺り戻しなのか、難解な作風だ...というかソロ名義なのに随分とMiss Kittin & The Hacker寄りだ。Caroline嬢のボーカルが聴ける場面は限られ、稀に遭遇する場面でも殆どバックトラックと一体化している。前作の"Maneki Neko"のような萌え萌え遊び心トラックがお気に入りではあったけど、このストイックでフロアオリエンテッドなトラック群も悪くはない...寡作ではあるがキャリア20年を迎えてなお、コモディティ化を善しとしない野心に限りなきリスペクトを。

【Favorite Number】Cosmic Address / Are You There ?

CosmosCosmos
Miss Kittin

曲名リスト
1. Cosmic Address
2. Are You There ?
3. Question Everything
4. Elevate
5. Atoms
6. Multiverse
7. Last Day on Earth
8. Deep Space Station
9. Scanner
10. #MeToo
11. White Magic
12. Utopia
13. Cosmos (Continuous Mix)

Amazonで詳しく見る








Lost Tracks, Vol. 2
Miss Kittin & The Hacker
Into the All
1982
Miss Kittin & The Hacker
1982
First Album
Miss Kittin & The Hacker
First Album

posted by kerkerian at 00:16 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

Orion Dust / Legacy(2018)

仏Progressive-Rockバンドによる2ndアルバム。

Dust In Mindの"Oblibion"とは関係ないし、況やオブリヴィオン・ダストをや。プログレ大国フランスの新星Orion Dustは女性3人男性3人のユニークな編成。ライブ動画を見るとドラムは男だったのですがLea嬢を迎えた新体制になった模様...ドラムを囲うアクリル板は遮音用とは解っていても、何か心の壁というかメンバーチェンジの伏線となる闇を感じてしまったり。

さてこの作品、長尺でのドラマティック展開良し、トラッドを打ち出した緩急良し、ヘヴィなアンサンブル良しと非の打ち所がない正統Progressive-Rock。中でもVoのCecile嬢はプログレにおいて陥りがちなお飾りになる事無く、メロウに歌い上げたりリーディングで物語を紡いだりウィスパリング声でラップしたりとバンドのアートロックな佇まいに一層華を添える絶大な存在感。アー写で1人だけ飛び抜けて小さいのもヒロイン感があって萌えポイント◎。プログレ=無骨な技術屋集団という概念を覆す総合力の高いバンドだ。

【Favorite Number】The Stream / Mireio

LegacyLegacy
Orion Dust

曲名リスト
1. Norroway Song
2. The Stream
3. Unrising Sun
4. Mireio
5. The Awakening
6. Prelude
7. CXXVI
8. Snegourotchka

Amazonで詳しく見る








Ioearth
Ioearth
Into the All
Awakening
The Reasoning
Awakening
Silence Between Sounds
Karmamoi
Silence Between Sounds
posted by kerkerian at 19:01 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする