2010年01月31日

萌えオブザイヤー2009

前々から予告していた真の「オブザイヤー2009」。
つまるところ評価は萌え具合で決まります。下記に挙げた嬢達は萌えどころか
「蕩れ」と言っても良いクオリティ。ご堪能あれ。
蕩れ【とれ】
「萌え」のさらに上を行く、次世代を担うセンシテイブな言葉として、期待が集まっている言葉。語源は「見蕩れる」 ― 出典:『化物語』第參話 -まよいマイマイ 其ノ壹-より

Petite(Terry Poison)





Gala Bell(Music Go Music)





Lisa Mitchell





Mima Stilwell(Kish Mauve)





Ibadet Ramadani(Super700)





Akane Liv(LIV MOON)





Ria(Eisblume)





Josephine Ayling(Boat Beam)





Emilie Simon

タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | オブザイヤー2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

アルバムオブザイヤー2009

いよいよ今年も大詰め。ちゅーこって!
恒例の『オル弦』的アルバムオブザイヤーです☆



Kish Mauve / Black Heart
デビュー作にして、ヒット曲目白押しのベストアルバム。今のElectro-Popの全てが詰まっています。新機軸のサイケデリック路線に今後の期待が膨らむ。正統派ブロンド美女のMima嬢に何かが膨らむ。

Marsheaux / Lumineux Noir
ギリシャから飛び出した女性デュオ。最先端をいくエレクトロニクスと、胸締め付けるノスタルジアが魅力です。向かって左側の嬢が超絶キュート。右側はうーん。

Erben der Schöpfung / Narben der Zeit
権利関係云々、色々あってようやく表舞台に登場した苦労人ユニット。さながら熟したワインの如く味わい深いDark Electroを展開。Untotenと並んで帝國ドイツの底力を見せつけられました。

Blind Devine / Soul Retriever
Etherealオブザイヤー。デジタルダウンロード限定ながら、アートワークが目に浮かぶ美麗な22曲。浮遊感と郷愁漂う全22曲は、胎内回帰を錯覚するようなスピリチュアルさに満ちている。

Xanima / Inside Warrior
驚異の新人Xanima。聴く度に印象が変わる彼ら、今日は12Roundsっぽく聞こえました。90年代のNIN的インダストリアル。そういう意味ではGothicの印象があるのも頷ける。にしてもEvaは無いわー(またか)。

Untoten / Grabsteinland IV-die Schwarze Feder
貫禄の15年目。分かり易くかつマニアック。音楽、世界観、ファッション性と、遍くゴシック・インダストリアルユニットはUntotenを指標にするべき。本国以外でもっと評価されて然るべき!と憤りすら覚える至高の一枚。

Auradrone / Whitelite Britelite
女優/モデルのJon Mack嬢擁するアトモスフェリックなエレクトロ。US版睡蓮といったところでしょうか。この後本作のRemix盤が出ましたが「( ^ω^ )どうしてこうなった!」的な野暮ったい出来に。

Epica / Design Your Universe
メタルものでは頭一つ抜けた作品。金の掛け具合もさることながら、バンドの完成度としてもひとつの頂点に達したといえる充実の出来。病を克服して時代を代表するゴシックディーバになったシモーネ嬢に拍手。

Company Of Thieves / Ordinary Riches
オーガニックでシンプルなUSロック。Genevieve嬢のワンフレーズで雰囲気を作る歌声は希有。00年代というディケイドの終わりにさしかかり、ロックンロール・リヴァヴァルも総括の時代になったなーと実感する一枚。

Super700 / Lovebites
今年の1枚を選ぶとしたらこれ。80'sポップスとメランコリアの融合、さらにTrip-Hopとジャズ、Synth-Popの味つけで懐かしくも新しいオルタナティヴ音楽に。頽廃と煌びやかさを両立した驚異のアルバム。

やむ落ちとしてはFading ColoursValravnAmberian DawnWorm Is Green辺り。あと今年の邦楽は刺さるのが少なかったなー。因みに一番聴いたのは放課後ティータイム。

TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」TVアニメ「けいおん!」劇中歌ミニアルバム 「放課後ティータイム」
放課後ティータイム


タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | オブザイヤー2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

アクセスオブザイヤー2009

暮れの元気なご挨拶。●●オブザイヤーの季節だよ!
ちゅーこって第1弾は、今年の全148エントリーからアクセスの多かった記事ベスト10。




10位 Eyes Set To Kill / The World Outside
9位 Krypteria / My Fatal Kiss
8位 Delain / April Rain
7位 Katzenjammer Kabarett / Grand Guignol & Varietes
6位 Autumn / Altitude
5位 六弦アリス / 新興宗教 万華教
4位 Mastercastle / The Phoenix
3位 Rekevin / Nulukatuk
2位 Pure Reason Revolution / Amor Vincit Omnia
1位 睡蓮 / 六花ノ音

はい。『オルタナティヴ弦奏』らしいなんとも渋いラインナップ。
8〜10位と6位のAutumnはGothic Metalでも比較的メジャーどころなので納得のランクイン。7位のダークキャバレーバンドKatzenjammer Kabarett は意外なダークホース。5位六弦アリスをはじめ幾つかエントリーした同人系音楽は総じて人気高いです。来年も引き続き積極的にフィーチャリングしていきたい。4位と3位は書いた本人覚えてないくらい印象薄ですが、Rekevinはボーカルの娘の萌え度が高かった気がします。で1位2位はたぶんあんまり良いこと書いてないと思う。両方凄く好きなアーティストなだけにちょっと失望感が出過ぎたのかも。

因みに、このあとアルバムオブザイヤー2009を選びますが、
今回の10枚は候補にも残りませんでした(笑)
タグ:Of The Year
posted by kerkerian at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | オブザイヤー2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする