2016年10月01日

For Everest / We Are at Home in the Body(2016)

USのAlternative-Rockバンドによる1stフルアルバム。

エモエモー!とエモンガならずとも叫びたくなる驚きのエモさ。早くも先日書いたばかりのField Mouseを上回るエモでこちらはよりPop-Punk寄りか。Get Up KidsとかMake Good Your Escapeとかを思い出すね。大体において、For Everestという名前からしてエメぇよな…!

手数多めなドラムが疾走し、フィードバックウォールとリフを分担するツインギターと勢いだけではなく緻密なIndie-Rockも垣間見せる辺りは如何にもNYのバンドって感じだが最大の魅力はSarah Cowell嬢のVoだろう。力強さと伸び、ミッド曲では繊細さも備えるSara嬢はロック・ヒロイン感十分。凄い逸材な気がする…ルックスはスター性ゼロだが…!あと惜しむらくは、時折メインVoにシャシャってくる素人感十分な男Voだ。WeezerとかOzmaみたいなへなちょこパワーポップ系に映える感じではあるんだけど、ちょっと棒歌い過ぎて萎える。これさえ無ければアルバムオブザイヤー候補だった。



【Favorite Number】Vitamins / I'm in a Boxcar Buried inside a Quarry / Penny Royalty

We Are at Home in the BodyWe Are at Home in the Body
For Everest

曲名リスト
1. Reasons #2-7
2. Vitamins
3. Slurpee pt. 1
4. Slurpee pt. 2
5. I'm in a Boxcar Buried inside a Quarry
6. Autonomy
7. Penny Royalty
8. The Body
9. 50/50

Amazonで詳しく見る




Disappear+2
ETC. FOOTBALL
B00U6DW5EK
Digital DNA
Neo Geo
B00EMLKW06
The Other Side
Tonight Alive
B00DS4M7U6
posted by kerkerian at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

Field Mouse / Episodic(2016)

USのAltenative-Rockバンドによる2ndアルバム。

疾走するリズムに轟音ギターとクサメロ…エモい。The Nuri以来の「滾るエモさ」だ…!それも00's以降のEmo-Punk系というよりその前の世代…Sunny Day Real EstateやDeath Cab For Cutieあたりの文学的な匂いがするエモだ。そういえば1st"Hold Still Life"はもっとソリッドなIndie-Rockだった。その名残でギターの音の壁の作り方にはDream-Pop感も漂う。

フィメこれ的に言うと、"The Mirror"、"A Widow with a Terrible Secret"などの疾走ナンバーは昔でいえばPretty Girls Make Graves、最近ではThe Joy Formidableを髣髴し、ギターのアルペジオ主体のパートではBline DvineMidas Fallを思わせる。つまり女性Voものオルタナロックの総決算にして10'sの新たなスタンダードがここに…!



【Favorite Number】The Mirror / A Widow with a Terrible Secret / Over and Out

EpisodicEpisodic
Field Mouse

曲名リスト
1. The Mirror
2. Half-Life
3. Accessory
4. The Order of Things
5. A Widow with a Terrible Secret
6. Beacon
7. Over and Out
8. Do You Believe Me Now?
9. Never Would Have Known
10. Out of Context
11. Awkward Phase

Amazonで詳しく見る






New Romance
Pretty Girls Make Graves
B0000ALWDN
Pages
Bright Light Parade
B008CP6MS4
Hitch
Joy Formidable
B01B80CCJW
posted by kerkerian at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

D.A.R.K. / Science Agrees(2016)

大御所シリーズ第5弾はAlternative-Rockユニットの1stアルバム。

中二的なバンド名でジャケの覆面も何だか香ばしい彼らですが(カサビアンも髣髴するこういうの…好き…)、その正体はCranberriesの世界的な歌姫、Dolores O'Riordan嬢ほか2名のトリオ。ソロでは"No Baggage"以来7年振り、超待望作です。The SmithsとThe Cranberriesの融合!と知った時にはガタッ!となりましたがモリッシーでもジョニー・マーでもない人と聞いてスッ...となりました。マーそこはいいです、Dolores嬢の新譜が聴ければOK。

音楽性は正に80's〜90's初頭を思わせるポスト・ニューウェーヴやネオアコ…マッドチェスターのダンサブルながら薄暗い雰囲気を纏っている。それでいてキャッチーさも持ち合わせ、普通にアルバムブザイヤー候補になりそう。残念なのはスミス男がベーシストであることが足枷になっており昔のフォーマットから脱せていない、端的にいうとレガシーをなぞっているだけなのだが、ここでツインVoを務める第3の人物Ole Koretsky氏に期待が掛かる…渋い声色は良い感じに楽曲の奥行きを与え、例によって自由なDolores嬢のフロウをしっかり下支えする。彼が主導権を握りもっとアトモスフェリック感を推し進めることでD.A.R.K.は真に闇堕ちすることができるのでは。マー、この手のプロジェクトで2ndってほぼ望めないんだけどね。



【Favorite Number】Curvy / Gunfight / Underwater

SCIENCE AGREESScience Agrees
D.A.R.K.

曲名リスト
1. Curvy
2. Chynamite
3. Gunfight
4. Steal You Away
5. High Fashion
6. Watch Out
7. Miles Away
8. The Moon
9. Underwater
10. Loosen The Noose

Amazonで詳しく見る






5 Classic Albums
The Cranberries
B01KYVESMK
X
Kristin Kontrol
B01CHFNQ1U
Strange Little Birds
Garbage
B01E0DMZ3W
posted by kerkerian at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

ALI PROJECT / A級戒厳令(2016)

大御所シリーズ第4弾は日Goth-Rockプロジェクトによる17thアルバム。

The Birthday Massacreが17年目なら、こちらは17枚目(31年目)である…!もはや重要文化財、いやさ世界遺産と言って良いのではなかろうか。私の中でアリプロはファンタジーアなものよりも不穏なタイトルの時は名作率高し、という法則がある。そんな訳で本作「A級戒厳令」は個人的には12th「汎新日本主義」以来の名作と見ている…!

過剰なゴシック、サディスティック、メガロマニアック、デカダンスな世界観にハンガリー音階などを多用した独特の音楽性も、ともすればマンネリズムを引き起こしがち。そこを彼らは「ポップ化」することでプログレ性を増すという、アリプロにしか為し得ない逆説的アプローチで回避。アリカ嬢が本作を「お堅いようでPOP、深刻そうで脳天気、懐古趣味で先鋭的、アバンギャルドでロマンティック」と評している通りである。

それにしてもアリカ嬢、いやさアリカ様の声は劣化どころか年々艶を増しておられる…数多の後進に多大な影響を与えつつ誰一人真似できていない、その理由がよく解る1枚だ。

【Favorite Number】異種革命 / 最後の美術館 / 昭和B級下手喰い道

A級戒厳令A級戒厳令
ALI PROJECT

曲名リスト
1. 永久戒厳令
2. 異種革命
3. 薔薇美と百合寧の不思議なホテル
4. 絶叫哲学
5. 最後の美術館
6. 昭和B級下手喰い道
7. 女化生舞楽図
8. まだら恋椿外道
9. 悪しき進化
10. 泣き虫派ダリ

Amazonで詳しく見る




Leer Lied
kukui
B000NVTGQ0
blaze
Kalafina
B01FK5NNF8
物語の最初と最後はいらない
石川智晶
B00VUQZW5G
posted by kerkerian at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

The Birthday Massacre / Imagica(2016)

大御所シリーズ第3弾、カナダのGoth-Synthバンドによるコンピ集。

Goth-Synth界に名を轟かせて久しいTBM。17年目を迎えオーソリティと言って差し支えない域に達しつつある彼らが99年にデモ配布した幻の"0thアルバム"作品がリマスター+未発表曲コンパイルでリリースされたのが本作である。当時はまだバンド名が"Imagica"で、その後本作4曲目の"The Birthday Massacre"を新たに冠してシーンに登場したことを考えると正に彼らの原点といえるアルバムです。

改めて聴くと初期特有の打ち込み感のほかは、既に17年前の時点でスタイルが確立していたことが解る・・・ジャリ付いたギターと煌々したKey、ゴシックながらポップ、そしてヴァイオレットなアートワーク。今もセトリに残るのは"Happy Birthday"に改名された"The Birthday Massacre"のみだが、どれも最新曲と言っても差し支えないクオリティ。さらに追加の4曲が興味深く、後に2ndに収録される"Play Dead"、見事にハマっているマドンナの"Open Your Heart"、TBAでは珍しい8ビートでマイク・パットンの声に聴き慣れている身には違和感有りまくりの異色カバー"From Out of Nowhere"、まぁアウトトラックだなって感じの"Dead"。総体的にはコンピなりの満足感を得つつ、来るべき8thアルバムが原点回帰となる布石なのかと心躍らせながらTBMのTBA(To Be Announced)を待つとしようか。



【Favorite Number】Over / Night Time / Open Your Heart

IMAGICAImagica
The Birthday Massacre

曲名リスト
1.Over
2.Remember Me
3.Under the Stairs
4.The Birthday Massacre
5.Nothing and Nowhere
6.Queen of Hearts
7.Night Time
8.Play Dead
9.Open Your Heart
10.From Out of Nowhere
11.Dead

Amazonで詳しく見る






Porcelain Black Ep
Porcelain Black
B000HT3G32
Twinkle Twinkle Little Scar
RazorBladeKisses
B002QW2O90
Carnival of Souls
Miranda Sex Garden
B00004TXXO
posted by kerkerian at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

Guerilla Toss / Eraser Stargazer(2016)

米Alternative-Punkバンドによる1stフルアルバム。

冒頭"Multibeast TV"のド頭からKassie嬢がカレン・Oよろしく威勢の良いシャウトを放ち、NYということからもYeah Yeah Yeahsフォロワーかなというのが第一印象。しかしGuerilla Tossはより分厚くハイブリッドな音で、At The Drive-InやRage Against The Machineなどのミクスチャー、ガレージィ精神を感じさせる…いずれにしても甦る00's R&Rといったところだ。ロックンロール・リヴァイヴァル・リヴァイヴァルだな…!

そしてバイレ・ファンキっぽいノリ、多彩なパーカッション、とサイケデリア極まりないギターフレーズによるゴッタ煮感覚が彼らの持ち味。一貫してポジティブで祝祭的な空気に溢れているが、インプロヴァイズに富んだ巧緻な展開のお蔭で不思議と暑苦しくない。フルレンは今作が初とはいえ、この4年間で既にEPやライブ盤含め10枚以上出しているだけあり「型」が完全FIXされているのは大きい。前衛的なアートワーク含め、濃すぎる新人が現れたもんじゃて…!来年の夏フェス、どっちかに出てそう。F寄りかな?



【Favorite Number】Color Picture / Perfume / Doll Face on the Calico Highway

Eraser StargazerEraser Stargazer
Guerilla Toss

曲名リスト
1.Multibeast TV
2.Diamond Girls
3.Grass Shack
4.Color Picture
5.Eraser Stargazer Forever
6.Perfume
7.Big Brick
8.Doll Face on the Calico Highway

Amazonで詳しく見る







Die Alone
Gazebos
B00PC7ZE0W
ヒアリズム
カラスは真っ白
B011BIVQMA
Pure Breed Mongrel
Jahcoozi
B000ARFPWQ
posted by kerkerian at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

VHS Dream / Departure(2016)

豪Dream-Popデュオによる1stフルアルバム。

その名の通り、80's〜90'sのShoegazeを現代に甦らせた音楽性の彼ら…ヤングに説明すると、その昔ビデオテープという動画記録媒体があってその規格にはVHSとBetaというのがあったのじゃ…!因みにVHS Dream"s"というへなちょこユーロビートPopsのユニットがあるようだからご注意されたし。

2年前のEP"Wonderfully Hopeless"はスロウコア/サッドコア的な文字通り絶望的な世界観でしたが、流石にメジャー感へ寄せてきた今作。だがシングルにしてリードトラックの"A E I O U "がボーカルレス、かつ2曲に1曲は短尺のインストものという構成の本作、「Shorgazeの本質は歌モノに非ず」と解ってらっしゃる感じだ…!Dream-Popを軸としながらも比較的音の輪郭は明確で、時折Electro-gazer的な現代っぽさも。ギターのリヴァーヴやフィードバックが醸し出す寒々しさと、Mayzie嬢とMatthew氏による中性的な美メロ(微メロ)。まあマイブラ系の王道ですわな。夏向けな音楽。



【Favorite Number】Come Around / Carry On

Paper DollsDeparture
VHS Dream

曲名リスト
1. A E I O U
2. Come Around
3. Sleep
4. So High
5. Running
6. When She’s Lonely
7. Blue Waves
8. Carry On (7:04)
9. Shadows
10. Last Hours Of Sunshine
11. Departure
12. Superstar

Amazonで詳しく見る







Don't Forget / Wake Us

Hideous Towns
B00026YO40
Dark Matter
Spc Eco
B015EC735I
Speechless
Savage Sister
B0009W5K5E
posted by kerkerian at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

Skunk Anansie / Anarchytecture(2016)

英Alternative-Rockバンドによる6thアルバム。

再結成から7年が経過し期間、作品数とも90'sの第1期に並んだ彼ら。個人的には復活記念ベスト盤"Smashes and Trashes"の新曲に限りない期待を抱いたものの、その後の"Wonderlustre"、"Black Traffic"(遂に感想すら書かなくなった)と尻すぼみな感じである。ええ解ってるんですよ。荒々しい90'sのポストグランジ/パンク的な作風ではもう無いんだって。でもあの頃よもう一度、って夢見させてくれるのが1枚に1曲くらいあってもええやん…?

本作はリードトラックの" Love Someone Else"がおシャンなダンサブルナンバーで、まあそうよね…Skin嬢の美声と美メロと、リフが引っ張るグルーブ感がSAの肝だから軸はぶれてないよね…ただ前作"Black Traffic"で反骨心とガレージ魂みたいなものが垣間見えていたもので、そっち系を多少は期待していたのだ。アルバム全体纏まっているし、良曲も多いし、と何とか自分を納得させようとしている…そんな気持ちでは評価も知れたもの。"Paranoid and Sunburnt"の鬼気迫る切迫感、あの幻影に囚われているファンほど、失望と捨てきれない淡い期待の狭間で揺れ動く罪作りな一作ではある…!



【Favorite Number】Death to the Lovers / That Sinking Feeling / We Are the Flames

AnarchytectureAnarchytecture
Skunk Anansie

曲名リスト
1. Love Someone Else
2. Victim
3. Beauty Is Your Curse
4. Death to the Lovers
5. In the Back Room
6. Bullets
7. That Sinking Feeling
8. Without You
9. Suckers
10. We Are the Flames
11. I'll Let You Down

Amazonで詳しく見る


Skunk Anansie - Love Someone Else


Skunk Anansie - Death to the Lovers


Trouble With Machines
District 97
B0082GN8Z8
Untamed Ones
Submission Red
B0093U0346
Black Traffic
Skunk Anansie
B008B6J4ES
posted by kerkerian at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

Skinsitive / Somebodies(2016)

仏Alternative-Rockバンドによる2ndアルバム。

最初にバンド名をみて、すわSkindive再結成か!(※00's初頭にアルバム1枚残して消えた知る人ぞ知るアイルランドのバンド)と空目したのは世界で3人くらいは居るはずだ…残念ながら本作はそこまで神盤ではないが、Electronica要素を効果的に配している点では似ているかもしれない。

人力Trip-Hop的な浮遊感を持つ冒頭2曲で心は鷲掴みに。作詞作曲ギターをこなすVirginia嬢のソウルフルなVoとも相俟ってキャバレー的なアトモスフィア。かと思えば以降の"Long Teeth, Small Tricks"、"Teen(r)agers"では一転、直線的なR&Rだったりと的を絞らせない音楽性だ。しかし決して散漫ではなく繊細さと荒々しさが同居するAlternative-Rockである。曲中で意外な方向に展開するナンバーも多く、なかなかにエクスペリメンタル。インストナンバーではNeo-Classicalな顔も覗かせ、10's後半に突入するシーンを占う最新のクロスオーバー音楽かもしれません。



【Favorite Number】The 27th Turn / All is for the best

SomebodiesSomebodies
Skinsitive

曲名リスト
1. The 27th Turn
2. All Is For The Best
3. Long Teeth, Small Tricks
4. Teen(r)agers
5. They
6. Afraid Of Ghosts
7. The Tempest
8. Morse
9. Black Sand
10. Somebody
11. Somebodies
12. Nuances
13. June

Amazonで詳しく見る


Skinsitive - The 27th Turn


Skinsitive - Afraid of Ghosts


Skindive
Skindive
B00005ARF9
Elephant Love
Ropoporose
B00P2U79CU
Amesoeurs
Amesoeurs
B001UN1JCE
posted by kerkerian at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

The Waking Sea / Cetacean(2016)

USのProgressive-Rockバンドによる1stアルバム。

Post-Rock、Emo/Heavy-Rockをプログレ仕立てにしたアートロック作品である。バンド立ち上げから2年足らず、VoのKelsey嬢は弱冠19歳ながら何という神クオリティか…!InfluencesにはRadiohead、A Perfect Circle、Dredg、Coheed And Cambria等々。なるほど俺の大好物ばかりではないか。美メロでドラマティック、メタルまでは行かない適度なへヴィネスと予定「不調和」な展開。プログレ系モダンへヴィネスではDestiny Potato以来の感動だな。

インタールードを挟みつつの7曲構成で全ての楽曲においてリズム隊の静と動のスリリングな展開、瑞々しいアルペジオとヘヴィリフが交互に顔を出すギター…これらが堪能できる。インスト中心であることは否めないが、VoパートではKelsey嬢の大人びた歌唱が存在感を放つ。とりわけ"Look Back"での空間系ギターとボーカルの絡みは鳥肌ものだ。

【Favorite Number】Fifty-Two / Shoreline / Look Back / Tidings



The Crypt of Forgotten DeitiesCetacean
The Waking Sea

曲名リスト
1. He Does Call
2. Fifty-Two
3. Driftwood
4. Shoreline
5. Look Back
6. Abyss
7. Tidings

Amazonで詳しく見る


The Waking Sea - Fifty-Two


The Waking Sea - Look Back


Sattyg
Kaipa
B00NVWRJDU
Secrets Of Angels
Karnataka
B00SGI0KDK
Come the Thaw
Worm Ouroboros
B0031DRY52
posted by kerkerian at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする