2018年09月28日

THE THIRD(仮) / THE THIRD(仮)1st ライブ(2018)

日ガールズ・ロックバンドによるライブアルバム。

5バンドを擁するBang-Dreamプロジェクトにおいてキーとなる「キャラクターとリアルのリンク」を体現するPoppin' PartyとRoselia。しかしあとの3バンドの声優陣にリアル演奏によるバンド活動を望むべくもない。そのジレンマを埋める存在が3バンドの楽曲をカバー演奏するTHE THIRD(仮)である。ライブによっては各バンドのVoキャストのみゲスト出演する形で演奏に徹することもあるが、単なるバックバンドに留まらないガチプロフェッショナルバンドであることが本作を聴くとお解かり頂けるだろう...!

まずビジュアル面・演奏面で圧倒的な存在感を誇るVo+BaのRaychell嬢とDrの夏芽嬢。新体制SHAZNAのメンバーでもある2人が牽引する安定かつ強固過ぎる美麗歌唱とリズムは、原曲が元々ロックサウンド寄りであることを差し引いてもゲーソンであることを感じさせない本格派Alternative-Rock。脇を固めるKeyとGtは本業声優でありながら楽器歴の長さに裏打ちされた確かなスキル。Keyの倉知玲鳳嬢は主にPastel*Palettesとハロー、ハッピーワールド!曲でメインVoを務めるが、弾きながら踊りながら再現性の高い歌唱をこなしバンドの華と萌えを担う。Gtの小原莉子嬢はESP出身のミュージシャンでThe Sketchbookの経験値もあり、本作では最後の3曲限定ながら流石の技巧を披露している。

そして大半の曲でサポートメンバーとして弾くPoppin' Partyの大塚紗英嬢。技術的には、りこぴん嬢に一日の長があるもののエモみの深さを感じさせるパフォーマンス(語彙力)。ポピパのライブを観すぎているせいか、フレーズが多少よれていてもここはステップ踏んでるのかなとか煽ってんのかなとか音源だけで想像が捗る。例えるならさえチはジョン・フルシアンテでりこピンはジョシュ・クリングホッファーなんだな←

全体として、再現性が高いだけでなくオリジナリティもしっかり見せつける、バンドリーマー必携の一枚。正式にRAISE A SUILENとして歩みを始めた彼女達の、DJを加えた5人体制での2ndライブアルバムが早く聴きたい。てか6thライブ当たれ...!

【Favorite Number】しゅわりん☆どり〜みん / Hey-day狂騒曲 / ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ! / Scarlet Sky / R・I・O・T

DNA FeelingsTHE THIRD(仮)1st ライブ
THE THIRD(仮)

曲名リスト
1. That Is How I Roll!
2. しゅわりん☆どり〜みん
3. パスパレボリューションず
4. えがおのオーケストラっ!
5. Don't be afraid!
6. ゆら・ゆらRingDongDance
7. Hey-Day狂騒曲(カプリチオ)
8. Scarlet Sky
9. ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!
10. R・I・O・T
11. That Is How I Roll!
12. R・I・O・T

Amazonで詳しく見る






ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!
ハロー、ハッピーワールド!
ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!
ゆら・ゆらRing-Dong-Dance
Pastel*Palettes
ゆら・ゆらRing-Dong-Dance

Hey-Day狂騒曲

Afterglow
Hey-Day狂騒曲
posted by kerkerian at 03:24 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

Veil Of Obscurity / In The Beginning(2018)

米Female-SingerによるMelodic-Rockバンドの1stアルバム。

かねてよりデンマークのメタル巨匠Royal Huntでコーラスを担っていたMichelle Raitzin嬢が、Royal Huntの楽器隊の全面協力のもと制作された本作。つまりD.C.クーパーを女性Voに差し替えた実質Royal Huntのアナザー・プロジェクトと言え、このコンセプト、日本先行リリースということからも明らかに日本市場を意識しまくったクサクサな作風であることが期待される・・・!

果たして。冒頭の"Out Of Obscurity"から予想通りのクサメロ全開。ただ本家とは全く異なる装いでMetal風味は殆ど無く、Synthやストリングスを全面に出したトラッドな雰囲気はPower-Pop感すらあるライトさ。楽曲も全てMichelle嬢が書いているようで、ぶっちゃけRoyal Huntがバックである必然性は薄いんだけどそこはまあシンガーMichelle Raitzinを売るための対日本戦略ちゅーこって。とりわけ"L'amour"なんかはドキャッチーなR&Bテイストで、これをリードトラックに据えている辺り、メタルリスナーに受け入れられる目は少ないかと...ビッグ・イン・ジャパンになれるかはMichelle嬢の美貌と美声に賭けるしかないのかな。キングレコードなので、もう邦楽枠でなんならアニソンタイアップ付けてKING SUPER LIVE 2018に出してあげればワンチャン(返す返すもRoyal Huntである必然性とは)。

【Favorite Number】Out Of Obscurity / Free Mind

In The Beginning...In The Beginning...
Veil Of Obscurity

曲名リスト
1.Out Of Obscurity
2.Free Mind
3.Rise Above
4.Lost
5.Letting Down The Line
6.Gambler
7.L'amour
8.I'm Real
9.Love Sets Me Free
10.Spy Games

Amazonで詳しく見る






start over
BAND-MAID
B07D6T6XPJ
THIS IS NOW
exist†trace
B0196ZL33C
Battle Against Damnation
LOVEBITES
B07B62QPHW
タグ:US Symphonic Rock
posted by kerkerian at 23:59 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

My Indigo / My Indigo(2018)

オランダのAlternative-Rockプロジェクトによる1stアルバム。

Within Temptationのボーカリストとして著名なSharon den Adel嬢...個人的にウィズインは2007年の"The Heart of Everything"が頂点だったと思っているので、ソロ活動開始は遅すぎたくらいの印象ではあります。自身と向き合った、内省的な作品というだけあり、Kate BushやFlorence and the Machineの影響を感じさせるオーガニックなIndie-Rockです。

Symphonic-Metalの制約とか世界的な名声とかに縛られない、伸びやかな歌声と自由な楽曲は心地よさを与え、かつPopに成り過ぎてもいないアダルト・コンテンポラリーな聴き応えを有する深いアルバム。改めてSharon嬢の歌唱は超一流で、天性のメロディメーカーだなと思わされる。全曲シングルカットできるようなクオリティで、同じようにソロ1stであるDolores O'Riordan(ex.The Cranberries R.I.P...)の"Are You Listening?"やAnneke van Giersbergen(ex.The Gathering)の"Everything Is Changing"に似た好印象を抱いています。そういえばどちらもアルバムオブザイヤーでしたが果たして...?

【Favorite Number】Crash and Burn / Out of the Darkness / Black Velvet Sun / Where Is My Love

My IndigoMy Indigo
My Indigo

曲名リスト
1.My Indigo
2.Crash and Burn
3.Out of the Darkness
4.Indian Summer
5.Black Velvet Sun
6.Where Is My Love
7.Someone Like You
8.Star Crossed Lovers
9.Lesson Learned
10.Safe and Sound

Amazonで詳しく見る




Auri
Auri
B079B6KHP3
Over
Frequency Drift
B00DW0TGY6
No Roots
Alice Merton
B07BN6W5HF
posted by kerkerian at 01:01 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

Sharone & the Wind / Enchiridion of Nightmares(2018)

USのGoth-Rockバンドによる2ndアルバム。

Diablo Swing OrchestraZeitgeist ZeroBirdeatsbabyと、定期的に現れるDark-Cabaret Rockでございます。Michelle嬢による優美なピアノが全編で主役を張っており、ギターとリズムはメタルの一歩手前なほどの重厚感を誇る。そして力み過ぎな感じのヴォイでSharone嬢が野太く歌い上げる。B級なジャケからはあまり想像できませんが、先に挙げたDark-Cabaret勢とは異なり変態性は無く、ミドルテンポで丁寧にグルーブを紡ぎながらドラマティックに展開する王道オルタナだ。

この手のジャンルではソプラノ声でオペラティックな歌唱が多いため、Sharone嬢のストロングに圧してくる系Voは非常に新鮮。ピアノが対旋律になる場面が多いのだが、高いキーをピアノが、低い方を歌が担っていてバランスが取れている。「音の壁」役に徹しているギターもGothic-Rock感があって良い。因みに過去アルバムに遡ると1stEPは殆どピアノ+Voのみのアコースティック作品で、1stフルではリズム隊がプログレッシブに動き回りギターが時折ブルージーなフレーズを奏でるトラッド感のあるアートロック作品だった。つまりギターの比重と共に音の重さが増してきているのである...!こうなると行き着く先はメタルしか無いような気がするが果たして。個人的には前作の1stフル"Storm"が一番好みではある。

【Favorite Number】Graveyard / Demons / Exorcist

Enchiridion of NightmaresEnchiridion of Nightmares
Sharone & the Wind

曲名リスト
1. Fable
2. Graveyard
3. Haunted House
4. Demons
5. Music Box
6. Mirror Ghost
7. Zombie
8. Fire
9. Cursed
10. Exorcist
11. Death of a Clown

Amazonで詳しく見る






Salem's Wounds
Karyn Crisis Gospel of the Witches
B00SVDJ496
Ascension
Wounded Soul
B000R9YDM0
Coffin' Up Bones
Casket Casey
B000DZIG76

posted by kerkerian at 02:50 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

Loma / Loma(2018)

米テキサスのIndie-Rockバンドによる1stアルバム。

Sub-Popレーベルの新人トリオということで、Bullyのようなオルタナロックかと思いきや真逆で。ストリングスやピアノ、乾いたギターアルペジオに、程よくElectroの味付けが施された上品・上質にして癒しの音楽でした。曲によってはアンビエントと言って良いかもしれない。

ドラム以外でも多彩なパーカッションによる土着的な雰囲気もLomaならでは。そして其処はかとなく微妙な不協和音で不穏な空気を醸し出しているのも特徴的で、母性溢るる歌声が魅力のVoのEmily Cross嬢とメンバーのDan Duszynski氏が本作制作中に離婚したこと(しかも公式プロフィールにまで記載されている。。)も無関係ではないかもしれない。4曲目の"I Don’t Want Children"とか赤裸々過ぎませんかね?...そんな闇を抱えつつも、ほぼ毎日ペースで5月〜6月とアルバムを引っ提げてのツアーを敢行する彼ら。残る1人のメンバーJonathan Meiburg氏の心情を慮りつつ、バンドが今後どうなるか見てみよう。

【Favorite Number】Dark Oscillations / Relay Runner

LOMA (IMPORT)LOMA
LOMA

曲名リスト
1. Who is Speaking?
2. Dark Oscillations
3. Joy
4. I Don’t Want Children
5. Relay Runner
6. White Glass
7. Sundogs
8. Jornada
9. Shadow Relief
10. Black Willow

Amazonで詳しく見る








Silver Dollar Moment
The Orielles
B007XBR4AS
No Dogs Allowed
Sidney Gish
B00005OWHZ
Maiden
Jordan Reyne
B00WUQWUEQ
タグ:Indie Rock US
posted by kerkerian at 18:11 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

Noibla / Hesitation(2018)

ポーランドのProg-Rockバンドによる1stアルバム。

ポーランド産、というだけでセンス◎なのは約束されたようなもの...緩やかなグルーブに、Katarzyna嬢の美声美メロが紡ぐアダルト・コンテンポラリー風味な作品。音がProgressive-Rockっぽいのでカテゴライズしているが、iamthemorningThe Waking Seaのような変拍子や目紛しい展開、長尺などのプログレ要素はない。いわゆる雰囲気プログレだ。

そのトラッドな...アンビエントともいえる空気感を醸すのに貢献しているのがオーボエ、ソプラノ・サックス、コントラバスのアディショナル隊だ。終始落ち着いたテンポで、ともすれば淡々となり過ぎる楽曲にメランコリックなドラマ性を与えている。勿論ギター・ベース・ドラムの基本スカッドも堅実なプレイで熟練のアンサンブルを感じる。制作に4年費やしただけあって非常に丁寧な仕事振りが見てとれる、滋味ながら味わい深いアートロックの良作。

【Favorite Number】Atlantis / Cistercian Bell / Metanoia

HesitationHesitation
Noibla

曲名リスト
1. Faux Pas
2. One Minute More
3. Utani
4. Atlantis
5. Coming Home
6. Cistercian Bell
7. Metanoia
8. Hesitation
9. It's All I Have









New World
Ioearth
B00ZRACP4M
Live in Trojkais
Artrosis
B00005OWHZ
Rescarlet
Closterkeller
B016TVMSK8
posted by kerkerian at 23:10 | Comment(2) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

Rolo Tomassi / Time Will Die & Love Will Bury It(2018)

英Mathcoreバンドによる5thアルバム。

個人的に聴くのは2ndの"Cosmology"以来8年振りで、今回は敢えてその間の作品をスルーして挑んでみた...まあ聴くのに体力を消耗する系の音楽性ってのが主な理由なんですが、この間VoとKey以外のメンバーが交代しているということで、どのくらいの変化があったのかを検証したく。

冒頭のアンビエントな"Towards Dawn"、2曲目のエモなDream-Pop"Aftermath"でArt-Rock路線かな、丸くなったなと油断させてからの3曲目以降は暴れまくりのスクリーモ塗れ。至って通常運転でワロタ。結論、Black-Metal的な展開とArt-Rockを行き来する音楽性は不変なようですが、音がより整理され8年間正しくエクスペリエンスを重ねて来たんだなあと親目線で感慨に耽ってみたり。あとEva嬢のスクリーム:ナチュラルは9:1から8:2くらいにはなっている。因みにスクリーミングの技術が高すぎてEva嬢なのかKey氏によるものなのかが判別不可なのは相変わらずで、この辺はライブ映像で確認されたし。

【Favorite Number】Aftermath / A Flood Of Light

Time Will Die & Love Will Bury ItTime Will Die & Love Will Bury It
Rolo Tomassi

曲名リスト
1. Towards Dawn
2. Aftermath
3. Rituals
4. The Hollow Hour
5. Balancing The Dark
6. Alma Mater
7. A Flood Of Light
8. Whispers Among Us
9. Contretemps
10. Risen

Amazonで詳しく見る








Hail Mary
iwrestledabearonce
B00WOFOMSU
They Want You Silent
Bloodlined Calligraphy
B0009E32KC
Eyes Set To Kill
Eyes Set to Kill
B0788WXTJD
posted by kerkerian at 03:22 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

Anna Von Hausswolff / Dead Magic(2018)

スウェーデンSSWによる5thアルバム。

過去最強クラスの、空恐ろしいジャケ...これだけでSAN値削られそうなものですが、楽曲も中々にインサニティである。ドローンでアトモスフェリックなシンフォから立ちのぼるAnna嬢の熱に浮かされたような歌唱...基本美声なんだけど不定期に発せられる怪鳥の如きスクリームに戦慄を禁じ得ない。

とまあ作風は4thまでと然程変わらないのだが、本作では長尺による5曲構成というのが異彩を放ち、宛らプログレアルバムの様相だ。そのためか、従来のIndie-Rockよりも重く複雑で、Post-RockやところによりMedievalな印象も残った。歌パートは全体の3割程度に過ぎず、総体的にはホラブルな環境音楽といったところか。今年のGWはひとり部屋の片隅で本作に浸り、死にたいと願いながらガッツリと沈み込んでいきたい。

【Favorite Number】The Truth, The Glow, The Fall

DEAD MAGICDead Magic
Anna Von Hausswolff

曲名リスト
1. The Truth, The Glow, The Fall
2. The Mysterious Vanishing of Electra
3. Ugly And Vengeful
4. The Marble Eye
5. Källans återuppståndelse

Amazonで詳しく見る








Some Heavy Ocean
Emma Ruth Rundle
B00JS0IZ5A
Ballads of Living and Dying
Marissa Nadler
B0076Q3NEQ
Older Terrors
Esben and the Witch
B01LGAZ7IW
posted by kerkerian at 02:53 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

Excessive Visage / You Are Lost Anyway(2017)

独Progressive-Rockバンドによる4thアルバム。

2017年作品の、いわゆる変態枠である...!序盤からパーカッションとピョロロ〜と気の抜けた音によるインプロヴィゼーシブな展開からの牧歌的な歌唱…Arcade Fireを思わせるジャズインディー・サイケデリックロックな様相。ピョロロが止むと同時にメインの女性Voが登場で、どうやらこのLarissa嬢がVo兼スライド・ホイッスル担当のようだ。この終始フリーテンポでブラックホール的な1曲目の"Dragged In"がExcessive Visageを象徴する最たる変態曲な訳ですが、以降はアグレッシブでギター主体のマス・ロック的な作風。各パートが極めて自由に音を競い合い、Larissa嬢のブルージーな歌唱がスモーキーでキャバレーチックな雰囲気を曲に与えている。ゴチャっとしていそうで意外に音数は少なく、あくまでグルーヴで勝負するという自信の現れのようにも思える。あと例のピョロロは冒頭以外に一切出番が無く、飛び道具は虚仮威し用途以外には多用しないというのは分かり手だなあと共感させられる。知的な変態は最強...改めてそう思わせる逸品だ…!

【Favorite Number】Dragged In / Verwöhnt von Happiness / Supernova, Black Hole, Eternity And The Space

You Are Lost AnywayYou Are Lost Anyway
Excessive Visage

曲名リスト
1.Dragged In
2.Verwoehnt Von Happiness
3.Supernova, Black Hole, Eternity And The Space
4.Ron
5.Buried In Gold
6.Nothing Nothing
7.Polished Eyes
8.Transfixed Reveri

Amazonで詳しく見る






Wyllt
Black Math Horseman
B001T46U1Y
Here She Comes a Tumblin
Birdeatsbaby
B0028ER57C
Ashen Figure
Ashen Figure
B004VMX6TA
posted by kerkerian at 16:29 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

Chelsea Wolfe / Hiss Spun(2017)

米SSWによる5thアルバム。

Myrkurの項でサラっと触れましたが、作風をMetalに振ってきたChelsea Wolfe嬢。元々彼女を世に知らしめ3rdの白目アルバムではフォーキーかつダークなAlternative-Rockを標榜していましたが、4th"Pain Is Beauty"では一転、エレクトロも交えた幾分ポップな作風へ。白目を黒歴史にするのかと思いきや、回帰を通り越して更なる暗黒面…Doom-Metalへと足を踏み入れたのが今作。

ダウナーで鬱屈としたリズムを、歪み切ったギターとChelsea嬢の悪夢のような囁きがリヴァーヴィーに包み込む。特筆すべきはデスボも取り入れてきており"Vex"では「どすこーい!」という空耳を愉しむ事も出来ます(たぶんデストローイだからまあ似たようなもの)。しかし全編ノイジーという訳でもなく、従来のAlternative-Folkを織り混ぜることで緩急を付けている。聴き進めるとDoomというよりSludge-Metal寄りな気がしてきたな
…!女性ソロアーティストで敢えてこういった暗黒音楽を演るのはMyrkurくらいのもので、なるほど必然のコラボだったんだなあと。病みはどこまで深まるのか、慄きながら6thを待ちたい…!

【Favorite Number】Vex / Twin Fawn / Offering



Hiss SpunHiss Spun
Chelsea Wolfe

曲名リスト
1. Spun
2. 16 Psyche
3. Vex
4. Strain
5. The Culling
6. Particle Flux
7. Twin Fawn
8. Offering
9. Static Hum
10. Welt
11. Two Spirit
12. Scrape

Amazonで詳しく見る






Marked For Death
Emma Ruth Rundle
B01KOCXNT8
Ceremony
Anna Von Hausswolff
B0089M0DFS
Narrow
Soap & Skin
B006MO0MMY
posted by kerkerian at 00:37 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする