2017年01月05日

Eyevory / Inphantasia(2016)

独Progressive / Folk Rockバンドによる2ndアルバム。

前作"Euphobia"から3年…当時から既に次作が待ち遠しかったEyeboryですが、期待に違わぬ素晴らしさ。Vo/BaseのJana嬢、Vo/Flute/KeyのKaja嬢という理想的な2枚看板娘のハーモニーは磨きが掛かっている。だが今作ではギターとドラムの頑張りが耳を惹く。トラッド感が少し後ろに引っ込むことで相対的にモダンなSymphonic-Rock、Progressive性が押し出され、美麗な歌メロ・流麗な裏メロと共にキャッチーさを強くアピールする結果に。

ジャーマン・ロックの本領とも言える泣きメロに、フェアリーテイリングな世界観。長尺を感じさせない展開と物語性を持つEyevoryは、同人ファンタジ―系リスナーにも是非お薦めしたい逸品です。

【Favorite Number】La Cage / Tartarus / Pictures



InphantasiaInphantasia
Eyevory

曲名リスト
1. Prologue
2. La Cage
3. The Star
4. Inphantasia
5. Tartarus
6. Elysium
7. Mundalis
8. Pictures
9. Human
10. The Perfect Empire
11. Hope

Amazonで詳しく見る






Final Delusion
Delusion Squared
B00J9BM8JW
Entertaining Angels
Landmarq
B0075LTODG
Iamthemorning
Iamthemorning
B00AANGI58
posted by kerkerian at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

iamthemorning / Lighthouse(2016)

露Progデュオによる4thアルバム。

フィメこれ的にはiamamiwhoamiに続くオレだオレだシリーズですが、この2組ジャンルは異なるが名前に反して自己顕示的な要素がまるでない…世界から音を紡いで組み合わせ彼らの世界観に溶け込ませたような真摯さ、必然性があって大変好感が持てます。

プログレでデュオ、という中々珍しい構成のiamthemorning。楽曲の多くを占めるのはピアノとストリングス、時にハープとMarjana嬢の情感溢れる歌唱によるネオクラシカルなものだが、変拍子を織り交ぜたリズムにピアノのリフが絡み、バイオリン、チェロ、ビオラの弦もの、フルート、クラリネットの吹きものが情景鮮やかに彩るプログレサイドの躍動的な楽曲がアクセントとなっている。"Chamber Prog"というだけに、全体として奥行きのあるFolk/Jazz的な味わいが彼らのアイデンティティといったところか。因みにプログレサイドは前作のLive盤"From the House of Arts"で十二分に堪能できます。The Waking Seaなど2016年はトラッドなプログレの当たり年だな…!

【Favorite Number】Too Many Years / Chalk and Coal



LighthouseLighthouse
Iamthemorning

曲名リスト
1.I Came Before the Water (pt. I)
2.Too Many Years
3.Clear Clearer
4.Sleeping Pills
5.Libretto Horror
6.Lighthouse
7.Harmony
8.Matches
9.Belighted
10. Chalk and Coal
11. I Came Before the Water (pt. II)
12. Post Scriptum

Amazonで詳しく見る






Breathing
Paatos
B004R26M36
Curved Space & Infinity
Curved Air
B01M0VDRZ1
Salome
Marriages
B00U25DDHA
posted by kerkerian at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

The Purple Curfew / The Void(2016)

USのProgressiveバンドによる1stフルアルバム。

16ビートのリズムに、ギターのアルペジオと嫋やかで情緒的なSara嬢のVo。うねるような展開とテンション・コード中心に流れる疾走感。トラッドな雰囲気の中にも緊張感を湛えたブリッジ、目まぐるしく変わる拍子は正にフュージョン系プログレであるが、同時にモダンなAlternative-Rock…エモさを感じるのだ。

その要因としてプログレらしからぬ3〜5分の短尺にまとめられた楽曲群、そして謎のElectroが2曲、インタールード的に置かれている点が挙げられるが、中でもパーカッシブ過ぎるベース…いやこれほどのドンシャリ+スラップ聴いたのはKOЯN以来やもしれぬな笑…!かと思えばハイポジションでメロディアスなフレーズを多用しまくる等、まあ目立つ。結果アートロックの風合いが増し、Sara嬢自身による油絵アートワークも作風に実にマッチして映える。勇躍アルバムオブザイヤー候補といえる、トラッドながらアンビションに溢れたユニークなアルバムである。



【Favorite Number】 Landscapes / Critic / Tarot / Bury Me

The VoidThe Void
The Purple Curfew

曲名リスト
1. Landscapes
2. Critic
3. Tarot
4. Dystopia
5. The Void
6. The Nines
7. The Crow
8. Wicked Blossoms
9. Immersion
10. Looking Glass
11. Carousel
12. Bury Me

Bandcampで詳しく見る






Cetacean
Waking Sea
B01B3DVOP2
Cuando Muere El Sol
Musica Ficta
B004Y6CRY8
The Clockwork Universe
Thieves Kitchen
B015HF3K22
posted by kerkerian at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

High Priest of Saturn / Son of Earth and Sky(2016)

ノルウェーのProgressive-Rockバンドによる2ndアルバム。

大仰なバンド名、6分〜10分の尺で5曲入りという構成からも、解り易いオールドスクールなプログレ作品です。ベース兼女性Vo、Key、Gt、Drの4ピースでDoom、Storner、Psychedelic風味な混沌世界を奏でます。まず冒頭が余りにもキンクリのアレで、あぁ今を生きる我々こそが21世紀のスキッツォイド・マンなんだなあと香ばしい気持ちにさせられる…とにかく10年代後半の音とは思えないアナログな質感と波のようにうねる曲展開。

フィメこれ的ポイントは、ベースボーカルのMerethe嬢が歌うパートが全体の1割以下であること。これまで紹介した中ではGletscherを上回る最少比率。ドゥーミーなリフに浮かぶリバーヴ声は良い具合に呪術的な神々しさを湛えているが、全体からすると歌は導入部もしくは転換部のオブリガートみないなもの…その分ベースがブリブリと存在感を放っているが、やはりプログレはKeyというかオルガンが主役だねーと思い出させてくれる。



【Favorite Number】 The Warming Moon

Son of Earth and SkySon of Earth and Sky
High Priest of Saturn

曲名リスト
1.Aeolian Dunes
2.Ages Move the Earth
3.Son of Earth and Sky
4.The Warming Moon
5.The Flood of Waters

Amazonで詳しく見る






Air Cut
Curved Air
B010ODP8JK
Sacrament
White Willow
B00L905ANC
Maieutics
Amartia
B000HT2M1E
posted by kerkerian at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

The Waking Sea / Cetacean(2016)

USのProgressive-Rockバンドによる1stアルバム。

Post-Rock、Emo/Heavy-Rockをプログレ仕立てにしたアートロック作品である。バンド立ち上げから2年足らず、VoのKelsey嬢は弱冠19歳ながら何という神クオリティか…!InfluencesにはRadiohead、A Perfect Circle、Dredg、Coheed And Cambria等々。なるほど俺の大好物ばかりではないか。美メロでドラマティック、メタルまでは行かない適度なへヴィネスと予定「不調和」な展開。プログレ系モダンへヴィネスではDestiny Potato以来の感動だな。

インタールードを挟みつつの7曲構成で全ての楽曲においてリズム隊の静と動のスリリングな展開、瑞々しいアルペジオとヘヴィリフが交互に顔を出すギター…これらが堪能できる。インスト中心であることは否めないが、VoパートではKelsey嬢の大人びた歌唱が存在感を放つ。とりわけ"Look Back"での空間系ギターとボーカルの絡みは鳥肌ものだ。

【Favorite Number】Fifty-Two / Shoreline / Look Back / Tidings



The Crypt of Forgotten DeitiesCetacean
The Waking Sea

曲名リスト
1. He Does Call
2. Fifty-Two
3. Driftwood
4. Shoreline
5. Look Back
6. Abyss
7. Tidings

Amazonで詳しく見る


The Waking Sea - Fifty-Two


The Waking Sea - Look Back


Sattyg
Kaipa
B00NVWRJDU
Secrets Of Angels
Karnataka
B00SGI0KDK
Come the Thaw
Worm Ouroboros
B0031DRY52
posted by kerkerian at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

District 97 / In Vaults(2015)

USのProgressiveバンドによる3rdアルバム。

久し振りに心躍るプログレの登場ッ…アルバム前半部はAlternative-Metalを織り交ぜつつ今日的なエモさ(Skunk Anansieっぽいのがドストライク)をアピールして早くも心を鷲掴みにし、中間部ではスローなナンバーでトラディショナルなプログレ感、Synthや乾いたギターはフュージョンの匂いをさせつつ終盤はしっとり「聴かせる」部分とダイナミックな展開が交互に押し寄せる。言わばプログレ「全部乗せ」。いや…プログレは本来音楽ジャンルであってはならぬのだ…「前衛的」という本質を突いた自由なアートロック。それがDistrict 97。

こういったバンドサウンド主体で埋もれがちなVoも、Leslie嬢はしっかりと存在感を見せつけ、伸びやかな歌唱と時に緊張感を湛えた優美で芯の通った正統派。American Idolセミファイナリスト(シーズン6)の経歴は伊達ではない。因みにこれまで紹介した中ではWe Are The FallenのCarly嬢がファイナリスト(シーズン7、しかもTOP6までいってる)、Vicci Martinez(シーズン1、予選止まり)がいる。際立つ実績の歌姫を擁するWATFはいまいずこ…WTFって言われちゃうよ…?

【Favorite Number】Snow Country / Death By A Thousand Cuts / A Lottery



In VaultsIn Vaults
District 97

曲名リスト
1. Snow Country
2. Death By A Thousand Cuts
3. Handlebars
4. A Lottery
5. All’s Well That Ends Well
6. Takeover
7. On Paper
8. Learn From Danny
9. Blinding Vision

Amazonで詳しく見る


District 97- Takeover


District 97 - Open Your Eyes


From the Strange to a Stranger
Leslie Hunt
B00104K3BQ
Everlasting Instant
Izz
B00UZJVILQ
Origins
Landmarq
B00JAD12KK
posted by kerkerian at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

Destiny Potato / Lun(2014)

セルビアのProgressive-Metalバンドによる1stアルバム。

20年以上前、とあるラジオ番組クリスマス・イブの人を評して「歌と顔の差100万km」というのがありましたが、Destiniy Potatoはまさに曲とバンド名の差100万kmである…カントリー・ポップかと思って見逃すところだったぜ…キョンキョンに懇願されたって、見逃す訳にはいかないのだ…!

さて90's初頭ネタのコンボが続きましたが彼らの音楽性は極めてモダンへヴィネス。寧ろ未来を行っている感すらあります。冒頭の"The Build Up"はピアノの美メロに導かれるTrip-Hopかと思えば、その後は00's以降のDjent-Metalを思わせるエッジィかつエモいギターが切り裂き息もつかせぬリズムの重爆感。しかしAleksandra嬢の歌うメロディラインはメリハリが利いており、様々な要素が鬩ぎ合っているはずなのに全体としてはポップであるという奇跡的なバランスを保っている。なおかつ洗練されておりPotato感は皆無だ。セルビア恐るべし。同国はPaganものを始め、Metalシーンが熱いらしいので今後、見逃せない勢力になってくるやもしれぬ…kyon2に言われようが(ry

【Favorite Number】The Build Up / Indifferent / Love Song / Addict



The Orchid RoomLun
Destiny Potato

曲名リスト
1. The Build Up
2. Indifferent
3. Take a Picture
4. Machine
5. Love Song
6. Lunatic
7. Walls of Thought
8. Blue Sun
9. U.Y.M.
10. Lost Dream
11. House of Lies
12. Addict

Amazonで詳しく見る


Destiny Potato - Love Song


Destiny Potato - Addict


For The Unsung
Weeping Silence
B0095WU0HM
Sacrifice to Survive
Sacrifice to Survive
B00EALF8R0
But a Thought
But a Thought
B00IPQRC48
posted by kerkerian at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

Spiral / Cloud Kingdoms(2014)

ポーランド産Post-Rockによる2ndアルバム。

これは冒頭の出音で持ってかれるパターンだ…否、プログレ然としたアートワークの時点で既に昂ぶっていた…!タイトルの通り「雲の王国」を題材にした、フェアリーテールなコンセプトによる本作である。やっぱり某名作アニメのオマージュなのかな…ジャケのやつ巨大飛行石っぽいしな。Midas Fall好きなら聴いておきたい。

空間系ギターの瑞々しさと疾走感が実にエモい"Golden Afternoon"、微エレクトロとストリングスによるTrip-Hop"Cloud Kingdoms"、一転してMath-Metalの重量感とインプロヴァイズを備えた"Malleus Maleficarum"、アンビエントなインストと様々な表情を見せながらも、Urszula嬢の歌唱は一貫して少女のような可憐さで浮遊する。世界観だけでなく音でも緻密にそして自由に物語が紡がれる本作を聴き終えると、ファンタジー映画のエンドロールが目に浮かぶようだ…ほら『君をのせて』が聴こえてくる…バルス!

【Favorite Number】Golden Afternoon / Cloud Kingdoms / Malleus Maleficarum



Cloud KingdomsCloud Kingdoms
Spiral

曲名リスト
1. Golden Afternoon
2. Black Dwarf
3. Cloud Kingdoms
4. Malleus Maleficarum
5. Chasing Tails
6. Moscow
7. Sweet And Sour
8. Eris
9. Raw
10. Knives And Affection
11. Maybe We Could Become Giants

Amazonで詳しく見る


Spiral - Cloud Kingdoms


More Than You Think
The Ember Days
B0002PUHII
Incarnate
Panic Room
B00HW9TMXS
Carry on Your Youth
delofamilia
B00JR4GPSQ
posted by kerkerian at 13:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

Curved Air / North Star(2014)

UKの伝説的プログレグループによる7枚目のアルバム。

結成が1970年(フロイドが『原子水母』を出した年!)、最後の作品が76年なので実に38年ぶりとなる新作だ…なんかもう数字が色々とおかしいですが、音はそのまま解凍されたかのように70年代プログレそのもの。トラッドなフレーズ、押さえられた音域、ジャズ/クラシックとのクロスオーバー…これに先だって彼らのいわゆる初期三部作"Airconditioning"、" Second Album"、"Phantasmagoria"を聴いてみたが殆ど変わりない。まさに40年の時を経て発掘されたオーパーツだ…!勿論良い意味で。

解散時メンバーはVo、Gt、Drのみで、実質Sonja嬢のソロプロジェクトの延長上ともいえる本作はセルフも含めカバーが半分を占める半端な構成だが、「あの頃感」を追体験するには十分な良作で、現代においてこの黄昏を思わせるフュージョン感は無二のもの。枯れたSonja嬢の歌も味わい深く、寧ろこの方がバックの音に合ってるとすら思える。ケイト・ブッシュが35年振りにライブをやるとのことで、70'sニューエイジ勢が俄かにリバイブの動きを見せる2014年。老いも若きも聴き逃してはならない…!

【Favorite Number】Stay Human / Time Games



North StarNorth Star
Curved Air

曲名リスト
1.Stay Human
2.Time Games
3.Colder Than A Rose In Snow
4.Images And Signs
5.Interplay
6.Magnetism
7.Old Town News
8.Puppets
9.Situations
10.Old Town News
11.Spirits In The Material World
12.Chasing Cars
13.Across The Universe
13.Young Mother

Amazonで詳しく見る


Curved Air - Marie Antoinette


Curved Air - Time Games


Annie in Wonderland
Annie Haslam
B004C6QCZU
Introspezione
Opus Avantra
B005TPDOOK
Looking Into Light
Opus Avantra
Joanne HoggB00003E45N
posted by kerkerian at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月18日

But a Thought / ...But a Thought(2014)

USのProgressive-Metalバンドによる1stアルバム。

メタルを基盤としながらもラテン、ジャズ、アンビエンス要素を含む音楽性…そう公言する彼ら。シュルレアリスムなジャケットからもそのAvant-Garde具合は想像でき、またメンバーはギターがイスラエル、ベースがドイツ、ドラムがUS、そしてVoが日本と正に音楽と人種の坩堝…それがBut A Thoughtである…!

6分〜11分台の長尺曲が5曲と、プログレ魂を感じさせる構成の本作。当然どれもダイナミックな展開目白押しなのだが、それほど目まぐるしくないのと上述したアンビエンスがいい具合にパート移行へのブリッジになっているため奇を衒った変態系の印象はない。寧ろアートロックとかマスロックの部類かも…101 a.m.系統といえば伝わるだろうか。伝わらないか。

そして日本人ボーカリストのAyaka嬢。ハーシュ系(グロウルとスクリーミング)、クリーン系(ナチュラルVoとエンジェリックVo)と少なくとも4種類の声を操る、メタルディーバとしてのタレント性は申し分ない。存在感も世界基準だ…誰だ?FacebookのURL文字列だけ見て豚Thoughtって思ったのは

このAyaka嬢はじめNedryのAyu嬢(岡北有由)、Blonde RedheadのKaz嬢ら「海外組」の活躍は日本の、音楽性だけでなく女性ボーカリストのコモディティ化に一石を投じている気がするのだが…国内組の奮起を期待したい。

【Favorite Number】Damocles / Dualipsism



But a Thought...But a Thought
But a Thought

曲名リスト
1. Damocles
2. Dragon Farm
3. Dualipsism
4. Ex
5. Outronaugh

Amazonで詳しく見る


But A Thought - Dualipsism


Imago
101 a.m.
B00CQD2GC4
Brave Dreams
Elegy Of Madness
B00ICUT75E
Reghina
Closterkeller
B007DKN05M
posted by kerkerian at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Progressive | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする