2016年03月12日

Monowelt / Rückschau(2016)

ドイツのElectroデュオによる1stアルバム。

のっけからハンドクラップ交じりのアナログSynthが炸裂し、ドラムマシーンがペコペコと直線的にビートを打つ。Marta嬢とDaria嬢のVoはリバーヴに包まれたローボイス(つまりおブス声)で、今が2010年代も半ばを過ぎていることを忘れさせるようなノスタルジーに満ちている。エレクトロというより、ディジタルと言う方が相応しい。

ベースのみ生音が使われているのがポイントで、この下支えによるGoth-Rock的な疾走(失踪)感を醸し出している。全体としてはひたすら妖艶、不安定で終末的な美学を感じさせるアトモスフェリックなDarkwaveといったところか…Coldwave、或いは彼らが標榜するFuneral-waveというのも言い得て妙だ。ベルリン出身とのことだが、これは確実に東ドイツの音楽だな…!共産テクノのif進化を見せてくれているような気がして。



【Favorite Number】Angst / Ohne Abschied

SomebodiesRückschau
Monowelt

曲名リスト
1. Ozean
2. Heimweh
3. Mauer Des Schweigens
4. Pustota
5. Uberschwemmung
6. Angst
7. Red Moon
8. Krieg
9. Ohne Abschied

Bandcampで詳しく見る


Monowelt - Angst


Monowelt - Ohne Abschied


Live & Destroy
Minuit Machine
B00N3B8YAG
Anacrusis
Paradox Obscur
B01AOGAKOA
Raum/zeit
Phosphor
B017CEDS78
posted by kerkerian at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

L'Ame Immortelle / Unsterblich-20 Jahre L'Ame Immortelle(2016)

オーストリアのElectro-Gothプロジェクトによるベストアルバム。

その名の通り96年の結成から20周年の記念盤。最初のヒット曲"5 Jahre"、07年の10周年ベスト"10 Jahre - Best Of"と、何かと区切りが好きなご様子。ヤーレやれだぜ。本作は文句の付けようのないベスト選曲で、かつ2015verにリメイク。13曲中、9曲が"10 Jahre"と重複しており、残りの4曲も全て初期曲。最近の曲はリメイク対象から外したのだろうが"Namenlos"、"Momente"からは代表曲が生まれなかったという空白のディケイドを物語るようで寂しくもあり、お蔭で大半がSonja嬢メインVo曲なので複雑な気持ち。リレコーディングされた音は、Synth色強めに洗練されておりお洒落にまとまった感じ。

限定盤ではDisc2に同じ13曲+直近3曲のオリジナルverのリマスター。これリメイク盤ではやっちゃいけないやつだな…どうやったって録り直しはオリジナルを聴いた時の印象は上回れないし、唯一のアドバンテージである音質も改善されてしまったら勝ち目がない。実際聴き比べてみるとSonja嬢の声が出ているわ音が暗黒Gothに彩られているわでDisc2ばかり聴く羽目に。結果「衰えたなあ」としか言いようがない残念な作品になりました。既存L'Ameファンは買っちゃらめぇぇとは言わないが、コレクターズ・アイテムであることは認識しておくべき。



Unsterblich-20 Jahre LUnsterblich-20 Jahre L'Ame Immortelle
L'ame Immortelle

曲名リスト
1. Judgement (Re-Recorded 2015)
2. Gefallen (Re-Recorded 2015)
3. Aus den Ruinen (Re-Recorded 2015)
4. Tiefster Winter (Re-Recorded 2015)
5. Requiem (Re-Recorded 2015)
6. Bitterkeit (Re-Recorded 2015)
7. Changes (Re-Recorded 2015)
8. Ich gab Dir alles (Re-Recorded 2015)
9. Love is Lost (Re-Recorded 2015)
10. Stumme Schreie (Re-Recorded 2015)
11. 5 Jahre (Re-Recorded 2015)
12. Phoenix (Re-Recorded 2015)
13. Life Will Never Be the Same Again (Re-Recorded 2015)
14. Judgement (Re-Mastered)
15. Gefallen (Re-Mastered)
16. Aus den Ruinen (Re-Mastered)
17. Tiefster Winter (Re-Mastered)
18. Requiem (Re-Mastered)
19. Bitterkeit (Re-Mastered)
20. Changes (Re-Mastered)
21. Ich gab Dir alles (Re-Mastered)
22. Love is Lost (Re-Mastered)
23. Stumme Schreie (Re-Mastered)
24. 5 Jahre (Re-Mastered)
25. Phoenix (Re-Mastered)
26. Life Will Never Be the Same Again (Re-Mastered)
27. Wie Tranen im Regen (Electronic Version, Re-Mastered)
28. Eye of the Storm (Re-Mastered)
29. Hold Me (Re-Mastered)

Amazonで詳しく見る


L'ame Immortelle - 5 Jahre


L'ame Immortelle - Requie


Nemesis: The Best Of &
Blutengel
B01B1115I2
Die Unsterblichen
Umbra Et Imago
B00P71Q5B0
United Trash (the Z Files)
Miss Construction
B00FHCYKMU
posted by kerkerian at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

Hente. / This Fog That Never Ends(2016)

仏Darkwaveプロジェクトによる1stアルバム。

Synth-waveデュオ、Minuit Machineのコンポーザーとして知られるHelene de Thouryのソロアルバムである。音楽性はほぼ変らずSynth-PopにDarkwaveとミニマルウェーブの味付けを施した体裁。違いといえばインストゥルメンタルの割合が多めなところか。歌メロも殆ど起伏が無く、リーディング、ツイート、ウィスパリング調。偶に抑揚があるパートでもHelene嬢の歌唱は残念声というかおブス声というか野太い感じであることを考慮してか、リヴァーヴサウンドに溶け込む形で処理されており、良い感じに歌がいちエレメンツとして聴こえる。

ここで改めてMinuit Machineを聴き比べてみると、あちらはメロディアスではあるもののやはりVoのAmandine嬢はなかなか残念歌唱で、Helene嬢と同系統の声質であることに気がつく。私の中の定義では低めで鼻に掛かった声は全ておブス声認定されてしまうのだが、フランス人は大体そうなってしまうのかも知れぬな…!とはいえSynthサウンドのトキメキ、キラメキ具合は心揺さぶられるもので、この手の音楽にはVoパートは不要なのかも知れぬな…つまりフィメこれで紹介する意義もあんまり無いわけだが…!



This Fog That Never EndsThis Fog That Never Ends
Hente.

曲名リスト
1.Bienvenue En Enfer
2.Hate Vs Love
3.In Cold Water
4.Noir
5.Burning
6.My Destruction
7.Shadow Boxing
8.Dependance
9.Independent Particles Of Us
10.This Fog That Never Ends

Amazonで詳しく見る


Hante. - Noir


Hante. - Shadow Boxing


Live & Destroy
Minuit Machine
B00N3B8YAG
Violent Rains
Minuit Machine
B00SGI0KDK
Blue Moon
Minuit Machine
B0031DRY52
posted by kerkerian at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

Stillborn Diz / The Crypt of Forgotten Deities(2016)

2016年の一発目は露Darkwaveデュオによる4thアルバム。

これを聴きながら六本木ヒルズのイルミネーションを逃げるようにすり抜ける。チョコレート色に煌めく光のなか、この世を呪うような暗澹たる気持ちにイヤホンの中のStillborn Dizが寄り添う。これを歌にするならば、「けやき坂の道であの娘僕がStillborn Dizを爆音で鳴らしてしまったらどんな顔をするだろうと、僕なりに何秒か考えた上でのやや気忙しい呪詛のようなもの」って感じだろうか。

久し振りの、非キャッチーな真正Darkwaveである…打ち鳴らされる金属音、飛び交うギターのフィードバックノイズ。それらがスローテンポなTrip-Hop的リズムの楽曲の中で不穏に蠢く。さらにDaniel嬢の呪術的な囁き呻き呟きは発病必至で、正に彼らの標榜するCinematographic Death-Rockを体現。今風のElectroではなく90's的な「デジタル」のアトモスフィアを纏っているのも素晴らしい…どうやら彼ら、J-Gothシーンに通じたかなりの親日家なようで過去に何回か暗黒音楽系イベに出ているらしい。次は機会を逃さぬよう、こまめにFBをチェックしておこう…!

【Favorite Number】Sleeping Sickness / Rejected Goddess / Soil Filled Heart



The Crypt of Forgotten DeitiesThe Crypt of Forgotten Deities
Stillborn Diz

曲名リスト
1. Destination Dark
2. Clockwork Ghost
3. Damned Soul Of Island
4. Sleeping Sickness
5. Feel Free To Hate Me
6. Rejected Goddess
7. Destination Pain
8. Room Of Fear
9. Return To The Mimas
10. Soil Filled Heart
11. Under The Muddy Rain Nowhere
12. Skeleton Key
13. Eternal Sorrow

Amazonで詳しく見る


Stillborn Diz - Rejected Goddess


Stillborn Diz - Sleeping Sickness


Gravity Euphonic
Gravity Euphonic
B00320J83A
New Kind of Heroine
Otto's Daughter
B00116GK7O
Possessed
Creptter Children
B0031DRY52

posted by kerkerian at 00:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

The Grus / Nest(2015)

露エレクトロ・デュオによる1stアルバム。

最近はtrip-hop.netのお蔭でDown-Tempoもののエレクトロを見つけるのが捗るわい…!そんなTrip-Hop.net Best Tunes 2015にはAmazon流通すらしていない知られざるアーティスト、作品が目白押し。このThe Grusもその一つである("Welcome To The Night"がランクイン)

サイケデリック・バンドのようなジャケの本作…確かにその要素はあるものの全体としてはダークかつアブストラクトなTrip-Hopである。生音の質感が活かされつつもミニマルな雰囲気、時折エスニック感を醸し出すエレメンツなどは、90'sのブリストル・サウンド…Trickyの名盤"Maxinquaye"を思い出す。ヴィンテージ風にmixされたアナログシンセや不穏なメロディライン、そして何よりAlexandra嬢のVoがMartina Topley-Bird嬢を髣髴するんである。フィメこれ的にはCorpo-MenteEmikaと並ぶTrip-Hopオブザイヤー候補。

【Favorite Number】To Be A Child / God Is In The Rain / Jupiter

NestNest
The Grus

曲名リスト
1. To Be A Child
2. Welcome To The Night
3. God Is In The Rain
4. A Secret Place
5. The Great Nest
6. Take Me
7. Home
8. Jupiter
9. October Road
10. So Glad I'm Here

Bandcampで詳しく見る


The Grus - The Great Nest


The Grus - So Glad I'm Here


Some Place Simple
Martina Topley-Bird
B003ZZAYB2
Maxinquaye
Tricky
B000001E7V
Supreme Beings of Leisure
Supreme Beings of Leisure
B00005FZJ0

posted by kerkerian at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

Say Lou Lou / Lucid Dreaming(2015)

瑞典/豪エレクトロ・デュオによる1stアルバム。

年が明けましたが、2015年そういえばまだ感想書いてなかったねシリーズが、もうちっとだけ続くんじゃ…!2012年にキツネレーベルからリリースした"Maybe You"が話題となった彼女達。ユニット名、楽曲、声、そしてルックス(個人的にはあまり賛同できず)全てが可愛いとの評判で、当時はアルマーニ青山店のオープニングゲストとして来日するなどファッションアイコンとしての扱いがメインだったように思う。

その後自前のレーベルを立ち上げ初のフル作となる本作では、ファッション先行だった評価を逆手に取る様なセンスの良い、洗練かつダークなDream-Popに仕上がっている。同じ美人姉妹繋がりでPuro Instictを思わせるShoegazeの雰囲気を持ちつつも基本はSynth-PopでLadytronの初期とかこんな感じだったなあと。Elektra嬢とMiranda嬢の双子姉妹は当然ながら声質、歌い回しが完全一致で、二人一役といったところか。このスウィートネスな天然ハーモニーと奥行きのあるSynthサウンドは美麗の一言に尽きる。惜しむらくは"Maybe You"、そして大名曲"Better in the Dark"が未収録…アルバムオブザイヤーの目もあったんだけどな。。

【Favorite Number】Glitter / Julian / Hard For A Man



Lucid DreamingLucid Dreaming
Say Lou Lou

曲名リスト
1. Everything We Touch
2. Glitter
3. Games For Girls (feat. Lindstrom)
4. Julian
5. Angels (Above Me)
6. Peppermint
7. Beloved
8. Hard For A Man
9. Wilder Than The Wind
10. Nothing But A Heartbeat
11. Skylights

Amazonで詳しく見る


Say Lou Lou - Better in the Dark


Say Lou Lou - Nothing but a Heartbeat


Kiddo
Tove Styrke
B00SW2X10Y
Fool
Ryn Weaver
B00WHZZB78
Every Open Eye
Chvrches
B0126ZKAJ2

posted by kerkerian at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

Infernosounds / Fire And Ice(2015)

独Dark-Electroユニットによる6thアルバム。

前作"Licht & Schatten(2013)"然り前々作の"Ways Of Life(2011)"然り、アルバムオブザイヤーが確定しかけた年末に再考を促すかのやうにリリースしてくるInfernosounds...それもキッチリ2年毎に…!(歓喜)

ここ数作で固定されつつあるDarkwave+Synth-Popのフォーマットを維持しつつ、シンフォニアが前面に出ることでより暗黒ミュージカルな態に。Conny嬢のクールな低音域も相俟って壮大さ、重厚さを強くアピールする作品になっている。パーカッシブでキャッチーネスが光る彼らの新アンセム"Vollmondacht"、サイバートランス・バラードという彼らにしか為し得ない"Demon Voices"、"Rotkappchen"など印象的な曲が後半にあるのも本作の強みと言えるだろう。絶対にすべらないDark-Electro、Infernosoundsの真骨頂だ。

【Favorite Number】When Heaven Dies / Vollmondacht / Demon Voices / Rotkappchen



Fire and IceFire and Ice
Infernosounds

曲名リスト
1.Zwischen Himmel und Holle (Intro)
2.Lass Mich - Dein Engel Sein
3.Fire And Ice
4.Dunkle Liebe
5.Warriors
6.Ghost From The Past
7.Vollmondnacht
8.Ich Bin Schon
9.When Heaven Dies
10.Das Meer
11.Schlaf Gut
12.Demon Voices
13.Die For You (Reload-Version)
14.Enchanted Flower (DJThommy / Coproduktion by Infernosounds)
15.Aus Phonix Asche
16.Rotkappchen Longlyrik - Version

Amazonで詳しく見る


Infernosounds - Vollmondnacht


Infernosounds - Rotkappchen


Grabsteinland V
Untoten
B0153YER06
Drahtseilakt
L'Ame Immortelle
B00NG39OBE
Post Apocalyptic Nude Industrial Corps
Santa Hates You
B00LVZK0X0

posted by kerkerian at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

Snow Ghosts / A Wrecking(2015)

UKエレクトロニカユニットによる2ndフルアルバム。

冒頭の3曲くらいを聴いた感じでは、これはThe Knife以来の業深きDark-Ambientかなと身構えましたが、彼らの本業は英フォークロアに根差したFolktronicaなんですね。"Take A Lie"やケルトの匂いもする"Lament"、4つ打ち+フォークトロニカの"The Fleet"などストリングスが印象的な曲を散りばめつつ、基本的にはアトモスフェリックで歌もの少な目の、難易度高めなアルバム。

あと楽しめるとしたら、ドラムンっぽい粒度のリズムの"Drought"、壊れた玩具のようなサウンドメイクによる"On Knives"など、Glasserを髣髴するリズム面でExperimental性の高い楽曲か。バンド名の通り、寒々しい空気の中で幽玄美溢るるアンビエント。年明けに相応しい一枚である…リリースは2015年の2月でしたが、ギリセーフっちゅーこって。

【Favorite Number】Take A Life / The Fleet / Drought



A WreckingA Wrecking
Snow Ghosts

曲名リスト
1. A Wrecking (Part I)
2. Held the Light
3. Circles Out Of Salt
4. Take A Life
5. On Knives
6. The Wreck
7. The Fleet
8. Lament
9. Bowline
10. Drought
11. Angry Seas
12. A Wrecking (Part II)

Amazonで詳しく見る


Snow Ghosts - Circles Out Of Salt


Snow Ghosts - Drought


Confession
Ishome
B0168BVXF0
Tricky
Moremoney
B019T7Z7P2
Closer
Evy Jane
B00LVZK0X0

posted by kerkerian at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

Beauty Queen Autopsy / Lotharia(2015)

USのDark-Electroプロジェクトによる1stアルバム。

UnwomanのErica嬢がチェロを使わないとどうなるか…言うまでもなく素晴らしいシンガーだった…!ダークなSynth-Popのリフが主導する"Good, Giving, Game"、拉げたギターノイズに覆われたIndustrial風味の"Spread"、Dark-CabaretなTrip-Hop"Contaminate Me (Dirty Thoughts)"と、序盤の3曲でDarkwaveの旨味が網羅されていると言って良い。Neo-Classicではない楽曲でのErica嬢の歌唱が新鮮で表現力の豊かさに嘆息するが、それを引き出している相方のMatt Fanale氏、只者ではないな…!本業のCausticというバンドはDistortedなEBMが中心だが、時折見せる叙情性はこのBeauty Queen Autopsyに通ずるものがある。

昨年久々の新作を出したUnwomanと並行して、こちらの活動も俄然期待が集まる…あちらがElectroに寄って(既にその兆しはあるが)、Beauty Queen Autopsyがネオクラシカルに寄ってくると面白いことになるな…どうなるか見てみよう。

【Favorite Number】Good, Giving, Game / Contaminate / Petit Mort



LothariaLotharia
Beauty Queen Autopsy

曲名リスト
1. Good, Giving, Game
2. Spread
3. Contaminate Me (Dirty Thoughts)
4. Dorothy Parker Had Days Like This
5. Birthday Pony
6. Methadone
7. Lotharia
8. Pumps
9. The Taxidermist
10. Petit Mort
11. We Libertines
12. The Devil You Don't

Amazonで詳しく見る


Beauty Queen Autopsy - Contaminate Me (Dirty Thoughts)


Beauty Queen Autopsy - Good, Giving, Game


Fires I Started
Unwoman
B009MO5BAY
Melopee
Jorane
B00LL6PGGU
Parity
Sensuous Enemy
B004I4S902
タグ:US darkwave
posted by kerkerian at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

Peaches / Rub(2015)

カナダのエロクトロSSWによる6thアルバム。

2004年に"Fatherfucker"の感想を書いた時は完全に色モノ扱い、正直俺は何でこんな糞盤を買ったのか、snoozerが悪いファッキンタナソー。そんな気持ちで、10年以上経った今の状況は想像もつかなんだ…!あの後Iggy PopやChicks On SpeedYeah Yeah Yeahsのカレン・O、最近ではChristina Aguileraとコンスタントに客演をしつつElectroclash界の大御所として君臨した感のあるPeachesことMerrill Beth Nisker嬢。

前作"I Feel Cream"から6年のブランクを経ての本作だが、引き続き洗練されたElectroサウンドに毒々しさを塗した安定の趣味の悪さ…ジャケでもお解りの通りだ。そして年々「聴ける」ことに主眼を置いた音楽性になっている。"Dumb Fuck"なんて酷い歌詞だが、素晴らしいSynth-Popで、クダを巻くだけの初期作品では気付きようもなかった歌唱スキルの高さを如何なく発揮。ビッチはビッチだが只のセレビッチではなく、クレバーさと破天荒のバランスこそがPeachesがポピュラリティを獲得した要因なんだなと再認識する。

…そう思って最近のLive動画を色々見たが、やっぱり救いようの無いビッチおばさんだったわ笑。いいぞもっとやれ(画面から目を逸らしながら)

【Favorite Number】Rub / Sick In The Head / Light In Places / Dumb Fuck



RubRub
Peaches

曲名リスト
1. Close Up(feat. Kim Gordon)
2. Rub
3. Dick In The Air
4. Pickles
5. Sick In The Head
6. Free Drink Ticket
7. How You Like My Cut
8. Vaginoplasty(feat. Simonne Jones)
9. Light In Places
10. Dumb Fuck
11.I Mean Something (feat. Feist)

Amazonで詳しく見る


Peaches - Light In Places


Peaches - Dumb Fuck


Troublesome Bubblegum
Electrocute
B0002XMEHM
Giggles In The Dark
Lesbians On Ecstasy
B000AL72WI
Batbox
Miss Kittin
B000YRKVA8
posted by kerkerian at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする