2016年09月23日

Paradox Obscur / Anacrusis(2016)

UKのSynthデュオによる2ndアルバム。

(ハードウェアの)SynthとドラムマシーンのみによるMinimal-Synth Duoと自己紹介するように、極めてシンプルな音を構築する彼ら。最初の4曲を聴いた感じでは、性急なビートと抑揚のないメロディ、理想的なオバ声による醒めきった歌唱…と思ったらこの前書いたばかりのKriistal Ann嬢だった…!ソロ作とは似て非なる典型的なPost-Punkで、ポップ度は低い。オールドスクールな空気感だがあくまで軸はエレクトロ。The Breath of Lifeに近い印象か。

一定で単調な楽曲が続いた後の"Shadows"では一転トランシーなDarkwaveで、アルバム中で数少ない「今っぽさ」を感じられる。クラップとかポヨーンとか如何にもアナログシンセな音で構築されており、垢抜けなさが良い。同じく"Coal And Dust"もミニマルなNew-Waveで「今っぽい旧さ」を感じたいリスナーにはおススメだ。



【Favorite Number】Shadows / Coal And Dust

Anacrusis [Analog]Anacrusis
Paradox Obscur

曲名リスト
1.Drone
2.Flesh
3.Burn
4.Blackened Rite
5.Shadows
6.Deconstruction
7.Hot Steel
8.Shock
9.Coal And Dust
10.Spectral Isis

Amazonで詳しく見る






Muse
Aidan Casserly & Kriistal Ann
B00515NAK6
Cultural Bleeding
Kriistal Ann
B01FEOX9AE
Ceux Qui Restent
Police Des Moeurs
B015GSWYWM
posted by kerkerian at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

Sia / This Is Acting(2016)

大御所シリーズ第2弾は、豪エレクトロSSWの7thアルバム。

2014年"1000 Forms of Fear"のヒットによりブライテストホープ、もしくはGLAYのHISASHI氏、ゴルボンの歌広場氏と並ぶ音楽界三大ツートンアーティスト…そう思われがちなSia嬢ですが、Zero7のボーカリストとして名を馳せた20年選手ということは意外と知られていないらしい…ヤングな世代は是非2004年の名盤"When It Falls"を聴いて頂きたい。

さて本作は、元々は他アーティストへの提供予定が最終的にオミットされた楽曲群といういわく付きなアルバムである。対象はAdele、 Christina Aguilera、Rihanna、Beyonce 、映画" Pitch Perfect 2"等、錚々たる面々である。最後のやつは違うか。それだけに内容はこれまでのSia作品とは趣を異にする陽性なものが多い。裏事情を公にしちゃう辺り、日本では考えられませんがそんなネガティブプロモーションにもなりそうな状況をSiaは各楽曲を「演じる」ことで恰もコンセプトアルバムのような、不思議な統一感を醸し出すことに成功している。パロディ感すら漂う怪作…流石Siaはモノが違うなあと思いつつ、今度は「らしい」新作を出してくだSia。



【Favorite Number】

This Is ActingThis Is Acting
Sia

曲名リスト
1. Bird Set Free
2. Alive
3. One Million Bullets
4. Move Your Body
5. Unstoppable
6. Cheap Thrills
7. Reaper
8. House On Fire
9. Footprints
10. Sweet Design
11. Broken Glass
12. Space Between

Amazonで詳しく見る






When It Falls
Zero 7
B0001HAHY6
Beautiful Lies
Birdy
B01AJ1UK0E
Wounded Rhymes
Lykke Li
B004H1Z65M
posted by kerkerian at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

Roisin Murphy / Take Her Up to Monto(2016)

大御所シリーズ第1弾。アイルランドのSSWによる4thアルバム。

Molokoのシンガーとして、90's〜00'sに掛けてエレクトロ/ディスコ界隈のアイコンとして言わずと知れた存在のRoisin嬢…ソロ1作目の"Baby Blue"しか認識していなかったのですが、その後2ndリリースしてから5年間のハイエイタスを挟み昨年3rd、そして間髪入れずの本作である。なんでも3rdのRec時に2作分のストックをしていたらしい。

その情報を知った上だと、復活作としてバリューのあった3rd"Hairless Toys"と比べると本作はそのアウトテイク集的なクオリティなんじゃない…?と穿ってしまいます。が全くそんなことはなく、ソロ時代の彼女を象徴する、大人の色香を漂わせるミニマルなエレクトロボッサ、ラウンジィ風味R&B…洒落ていながらもどこかヒネた印象が残るのは、Roisin嬢の蠱惑的なVoによるところ、ってのも変わっていない。強いて言えば地味(滋味)。今のところ未収録のシングル"Simulation"や"Jealousy"、"Momma's Place"などのディスコティックなやつがあればフックが増したのになぁと。そのうちベスト盤として派手にディスコクイーン復活!を演出するためのプレリュードだろうか。その勢いに乗ってMoloko復活!を夢見てしまう俺ガイル。



【Favorite Number】Lip Service / Whatever / Romantic Comedy

Take Her Up to MontoTake Her Up to Monto
Roisin Murphy

曲名リスト
1. Mastermind
2. Pretty Gardens
3. Thoughts Wasted
4. Lip Service
5. Ten Miles High
6. Whatever
7. Romantic Comedy
8. Nervous Sleep
9. Sitting and Counting

Amazonで詳しく見る






Working Girl
Little Boots
B00XM0FS5C
Wanderlust
Sophie Ellis-Bextor
B00FSFZ7G4
Vulnicura Live
Bjork
B01EUKLKPY
posted by kerkerian at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

Mari Kattman / Hover(2016)

USエレクトロデュオによる1stアルバム。

忙しさに感けていたら前回更新から3か月が経過…余裕が無いときは新しい音楽をdigるパワーも生まれないんだなって知りました。この間はひたすら氷室京介ばっか聞いていました。しんどい時に還れるルーツがあるのって幸せ。

そんな保守的な日々、暗黒音楽に引き戻してくれたのがこのMari Kattman。どうやら彼女がゲストVo参加しているPsy'AviahのYves氏がいっちょ噛みしているらしい。まず"Heart Over Mind"ド頭のリフで撃ち抜かれます。曲調はTrip-HopでありながらGoth-Synthの手触りとトランシーに塗れた、スローなDarkwaveといった態。ドストライクである。トランキルでありながらスティミュラス。Mari嬢が紡ぐ官能ボイスと退廃メロ、Matt氏によるアンビエントで分厚いElectroのケミストリーは、凄まじくカラフルなダークネスを彩る。Downtempoものだけでなく、"Invisible"、"Full Of Light"など4つ打ちクラブテイスト曲があるのもポイント高。2016アルバムオブザイヤー有力候補。



【Favorite Number】Heart Over Mind / Skin / The Tide / Invisible / Sail on my love

HoverHover
Mari Kattman

曲名リスト
1. Heart Over Mind
2. Skin
3. The Tide
4. Hunter
5. Hearts On Fire
6. Reanimator
7. Numb
8. Invisible
9. Full Of Light

Amazonで詳しく見る


Mari Kattman - Hunter


Mari Kattman - Reanimator


Seven Sorrows, Seven Stars
Psy'aviah
B01C7YTU1Q
Kids of the Night
Sobriquet
B00FQQ21GO
Nature Abhors a Void
Loolacoma
B01CDXLAEQ
タグ:US Trip-hop darkwave
posted by kerkerian at 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

Ayria / Paper Dolls(2016)

加のElectro嬢による5thアルバム。

春のAlfa-Matrix祭り第4弾は看板嬢のAyria。前作"Plastic Makes Perfect"で魅せた新境地…儚げなメロディック路線は本作でも継続。デビュー以来、主軸はリズムトラックにあり歌唱は云わばノリで添えていた作風だった訳だが意欲的にメロディを付けてゆこうという姿勢…前作ではサビやCメロのみだったのがAメロから…が見えます。

しかし、如何せんアルバム通して心に残る旋律はほぼ無しっていう。最後に"Chameleon"で意地見せた感じだが、前作で使い果たしてもう手詰まりなのか…。結果中途半端なSynth-Pop寄りな楽曲が多くなっただけの印象だ。それならいっそメロ要素が薄くてもアグレッシブなEBMを軸に据えた初期に回帰しても良いのでは…まあリスナーとは我儘なものよのう…。

2016年春のAlfa-Matrix祭りは個人的にはやや期待外れか。このしょっぱさは早く忘れて次の甘いDark-Electroを探しにゆくとしようか。替わりは居る…が多くは無いのが現状、Alfa-Matrixさんにはまだまだ頑張ってもらわねば…!



【Favorite Number】Chameleon

Paper DollsPaper Dolls
Ayria

曲名リスト
1. Underneath The Water
2. Paper Dolls
3. Feed Her To The Wolves
4. Deconstruct Me
5. Sticks And Stones
6. Crash And Burn
7. Barren
8. You’re So Vacant
9. Not Receiving
10. Fading From Me
11. Chameleon

Amazonで詳しく見る






Fairytronics
Sin.Sin
B00026YO40
Here's Your Revolution
Neikka Rpm
B015TIVHC2
Blurred Edges
The Crystalline Effect
B0009W5K5E
posted by kerkerian at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

Psy'Aviah / Seven Sorrows, Seven Stars(2016)

ベルギーのEBM/Electroプロジェクトによる6thアルバム。

春のAlfa-Matrix第3弾は同レーベルの顔ともいえるPsy'Aviah。前作"Miss FDJunksistaのDiana嬢らお馴染みのレーベルメイトも存在感を放っているが、如何せんこれではフィメこれラインナップから外れたと言わざるを得ない。

私が愛したPsy'Aviahは死んだ。何故だ!好きな音楽を永遠に聴き続けられる訳ではない。しかし替わりが居ない訳ではない…その悲しみをPsy'Aviahは死を以って我々に示してくれたのだ…!(俺ン・ザビ演説より抜粋)



【Favorite Number】Stronger / Starstruck

Seven Sorrows, Seven StarsSeven Sorrows, Seven Stars
Psy'aviah

曲名リスト
1. Seven Sorrows, Seven Stars
2. Alcubierre Drive (feat. Kyoko Baertsoen)
3. Face to Face (feat. Roeland van der Velde)
4. Looking Back (feat. David Chamberlin)
5. Lessons From The Past (feat. Mari Kattman)
6. From Another World (feat. Bernard Feron)
7. Never Look Back (feat. Ellia Bisker)
8. Opia (feat. Pieter Van Vaerenbergh)
9. Frozen (feat. Andrew Galucki)
10. Liberosis (feat. Alvin River)
11. Peace Paradox
12. Not What I Expected (feat. Fallon Nieves)
13. Stronger (feat. Addie Nicole)
14. Wild Ride (feat. Miss FD)
15. Starstruck (feat. Diana S.)
16. Peace Paradox (Etasonic remix)
17. Wild Ride (feat. Miss FD) (Alex Dalliance remix)
18. From Another World (feat. Bernard Feron) (Skyshifter remix)
19. Face To Face (feat. Roeland van der Velde) (People Theatre remix)
20. Opia (feat. Pieter Van Vaerenbergh) (Liquid Divine remix)
21. Stronger (feat. Addie Nicole) (Tim Iron remix)
22. Not What I Expected (feat. Fallon Nieves) (Cutoff:Sky remix)
23. Wild Ride (feat. Miss FD) (VV303 remix)
24. Face To Face (feat. Roeland van der Velde) (rool remix)
25. Alcubierre Drive (feat. Kyoko Baertsoen) (Koner remix)
26. From Another World (feat. Bernard Feron) (Cyborgdrive remix)
27. Wild Ride (feat. Miss FD) (Girlflesh remix)
28. Not What I Expected (Implant remix)
29. Wild Ride (feat. Miss FD) (Amarta Project remix)

Amazonで詳しく見る




Explicit
Parallel Project
B00026YO40
Das Mausoleum
Schwarzblut
B015TIVHC2
Mindstalking
Lunascape
B0009W5K5E
タグ:Belgium EBM darkwave
posted by kerkerian at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

Poliça / United Crushers(2016)

米Indie-Rockバンドによる3rdアルバム。

デビュー作"Give You the Ghost"でいい感じの聴き応えを得たものの、その後の2ndアルバムは完全にスルーしておった彼ら。本作を聴く限りでは、その間にエレクトロ要素を濃くしていったのかなという印象。ベルギーでスマッシュ・ヒットを放った"Dark Star"で味を占めたかな。

Poliçaの特徴として、ベースが力強く牽引するNew-Wave的ノリにSynthとChanny嬢のリヴァーヴ哀愁Vo、そしてトライバルなダブルDr。Indietronica色が強くなった本作においては、特に"Lime Habit"、"Wedding"、"Melting Block"などアトモスフェリアとビートのコントラストが心地良い。いっぽう"Top Coat"、"Fish"、"Berlin"などのTrip-Hopナンバーでは浮遊感とリズムの重力感が鬩ぎ合いドープな雰囲気を醸し出す。昨年のPurity Ringと並んで10's後半を代表するIndie-Popとなる予感。



【Favorite Number】Wedding / Top Coat / Fish / Berlin

United CrushersUnited Crushers
Polica

曲名リスト
1. Summer Please
2. Lime Habit
3. Someway
4. Wedding
5. Melting Block
6. Top Coat
7. Lately
8. Fish
9. Berlin
10. Baby Sucks
11. Kind
12. Lose You

Amazonで詳しく見る






Sviib
School of Seven Bells
B0196PW1NS
A Man Alive
Thao & The Get Down Stay Down
B019H22XUG
Junk
M83
B01CF3GCO2

posted by kerkerian at 15:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

Helalyn Flowers / Sonic Foundation(2016)

イタリアIndustrialユニットによる4thアルバム。

フィメこれが勝手に開催する春のAlfa Matrix祭り第2弾ですが、水を差すようにレーベルの本拠地ブリュッセルでテロ事件が発生。世界平和と暗黒音楽を脅かす輩、許すまじ…Pray for Belgium.

"White Me In / Black Me Out"以来3年振りとなる本作。前作でギターを前面に出したロック寄りとなった音は再びトランシー主体のクラブサウンド方面に。とはいえインダストリアル気味なDarkwaveという軸は守られているため紛れもなく彼らの音と解る範囲でのバージョンアップ…とりわけNoemi嬢の歌唱のディーバ感は、よりキャッチーになったメロディラインも相俟ってネクストステージに到達したなという印象…Lady GagaSiouxsie Siouxを意識したという公言も強ちビッグマウスではないぞ…寧ろとっくに凌駕してる感すら。

AyriaPsy'Aviahの次世代を担う、Alfa Matrixの看板としての自信が窺えるキラーチューン満載、今年の暗黒音楽クラブフロアを席巻するであろう充実作だ…!



【Favorite Number】Synthetic Paranoia / Beware Of Light / Shadow Complex / I Saved An Angel

Sonic FoundationSonic Foundation
Helalyn Flowers

曲名リスト
Disc1
1. Synthetic Paranoia
2. Beware Of Light
3. Frozen Star
4. Karmageddon
5. New Days Of Babylon
6. It's Coming Now
7. Shadow Complex
8. Maths Of Chaos (feat. Angelspit)
9. Eerie
10. For All The Bad Things
11. I Saved An Angel
12. Beware Of Light feat. Chris Pohl (Bonus Track)

Disc2
1. Shadow Complex (Fallen Blackened Boys Mix by Helalyn Flowers)
2. Karmageddon (The Hunter Mix by Helalyn Flowers)
3. Frozen Star (Simon Carter Clubbed Up Remix)
4. New Days Of Babylon (Schwarzblut Remix)
5. Shadow Complex (Alien Vampires Remix)
6. Synthetic Paranoia (Hell:Sector Remix)
7. Frozen Star (EEXEE Remix)
8. Synthetic Paranoia (The Psychic Force OldSkool Remix)
9. Karmageddon (Ego Likeness Remix)
10. Maths Of Chaos feat. Angelspit (Junksista Black Velvet Remix feat. Diana S.)
11. Frozen Star (Push Against New Fakes feat. Ms Larsen Remix)

Amazonで詳しく見る






Dragonfly
Ego Likeness
B00065TZCI
Scavenger
Lahannya
B004IMGXIY
Strain
Flesh Field
B00065GI64
posted by kerkerian at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

Junksista / American Love Story(2016)

独darkwaveユニットによる2.5枚目アルバム。

春の三大祭といえば、春のパン祭り春の艦祭り、そして春のAlfa Matrix祭りである。例年、ある特定の時期に堰を切ったようにリリースが集中する同レーベル…それが2016年の場合は春だったようだ。

第1弾はレーベル内のビッチ的立ち位置を固めつつあるJunksistaのEP。EPと言いながら7つの新曲を揃えており、そのどれもが1st"Bad Case of Fabulous"、2nd"High Voltage Confessions"のイメージを一新する、進化の跡が見て取れるアルバムである…!まずは何といっても「歌メロがある」。さらにミッド〜スローのGoth-ElectroやエンジェリックなSynth-Popなど考えられないような洗練具合である。無論彼らの毒の部分…Diana嬢の「真顔でなんてこと言うの」的なゲスい囁き、Electroclashの攻撃性も健在で、とてもEPとは言えない大ボリュームの本作。自分の中ではAlfa Matrixのアウトサイダーからド本命になりつつあるJunksista、俄然3rdアルバムが楽しみになってきた。今度は質量ともにフル作品でオナシャス…!



【Favorite Number】Gift / Ain't Good For Me

American Love StoryAmerican Love Story
Junksista

曲名リスト
1. Trust No Bitch
2. Rage
3. Ego
4. Gift
5. Ain't Good for Me
6. Constant Vibration
7. The Proposal
8. Trust No Bitch (Simon Carter Remix)
9. Rage (Kant Kino Disco Remix)
10. Trust No Bitch (Diffuzion Remix)
11. Trust No Bitch (Avarice In Audio Remix)
12. Trust No Bitch (Flesh Eeating Foundation Remix)
13. Trust No Bitch (Acylum Remix)

Amazonで詳しく見る


Junksista - Trust No Bitch


Insomnia
Diffuzion
B0082GN8Z8
Apollo & Dionysus
Avarice in Audio
B01AU2R942
Fairytronics
Sin.Sin
B008B6J4ES
posted by kerkerian at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

Kriistal Ann / Cultural Bleeding(2016)

ギリシャのエレクトロ嬢による3rdアルバム。

チープに打ち鳴らされるドラムマシーンと、リバーブの利いたSynth。80'sを想起するアトモスフェリックなDarkwave…こう書くと完全に前エントリのMonowelt再び、って感じですがKriistal Ann嬢はポップネスが映えるGoth-Electroといったところ。

元々Resistance Of Independent Musicという長ったらしくも解り易い名前のElectroバンドのVoだった彼女。SSWのAidan Casserly氏と組んだ前作ではJazz/Folkなつまんねえ作風の中でも光るボーカリゼーションを聴かせてくれましたが、本作では持ち味のダークエレクトロに回帰。Coldwave、或いはミニマルsynthといったマニアックな音像ながら、Monoweltの後なだけにキャッチーにすら聴こえるマジック。Olga KouklakiMarsheauxなどギリシャ産エレクトロは、暗黒さとポップさのバランスが素晴らしく、どこか後ろ暗い美しさが魅力ですね。



【Favorite Number】Deadly Insight / Fail Of Misery

Cultural BleedingCultural Bleeding
Kriistal Ann

曲名リスト
1.Essential Mist
2.Deadly Insight
3.Killing Jokes
4.Fail Of Misery
5.Un Etrange Baiser
6.Enigma
7.Fading Lights
8.Antigone
9.Sirens

Amazonで詳しく見る


Kriistal Ann - Fading Lights


Kriistal Ann - Fail of Misery (feat. Schonwald)


Paradox Obscur
Paradox Obscur
B00SJOO4SI
Linea Aspera
Linea Aspera
B00GY4N1B6
Pleasure
Sixth June
B00FYCEMXU
posted by kerkerian at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする