2018年07月01日

Junksista / Promiscuous tendencies(2018)

独ダークエレクトロユニットによる3rdフルアルバム。

Alfa-Matrix祭り第3弾。大してビッグ・ファンでも無いのにEPを除いて全作紹介しているJunksista...気になる存在であるのは確かなのですが、書こうと思うタイミングとリリースがビタっと合う、ある意味運命的なユニットと勝手に思っておる...!1st、2ndのリーディング主体のElectroclash路線から2.5thの"American Love Story"では歌メロが導入されての本作。よりメロディ感が色濃く打ち出され、R&Bの匂いすら醸すSynth-Popにバージョンアップを遂げておる...!

"Oh Monday, everybody hates you"、"Fuck For Love"などスタイリッシュに管を巻いたり明け透けビッチィな台詞を並べたりと、真顔で何てこというのDianaちゃん的な芸風は引き続き。このサウンドの上質さと扇情的なメッセージは実にフロア映えしそうで、Alfa-Matrixのクラブ番長として頭角を表してきた感すら。いよいよ私もビッグ・ファンに成らざるを得ないかもしれない...遊びで付き合ってきたけど情に絆されて本気になってきちゃった的な。そんなリスナーの取り込み方もまた、Junksistaらしい。

【Favorite Number】Control / Fuck For Love

Promscuous TendenciesPromscuous Tendencies
Junksista

曲名リスト
1.Monday
2.Control
3.Fuck for Love
4.Monster
5.Away with the Fairies
6.Love Makes People Stupid
7.Freak at Heart
8.Ice Cream
9.Burn Your Fucking House Down
10.Bitch This is My Party
11.Celebration Fornication
12.Silence

Amazonで詳しく見る








Contact
Cosmic Armchair
B075XBY9Q3
Bête Noire
Black Nail Cabaret
B075298PK8
Remix Series - Talion Law
Parralox
B00576U8VS
posted by kerkerian at 21:19 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

Psy'Aviah / Lightflare(2018)

ベルギーのEBM/Electroプロジェクトによる7thアルバム。

Alfa-Matrix祭り第2弾...同然ベルギー産が続く訳ですがサッカーW杯、ベルギー代表が猛威を振るっていますね...ひと昔前まではシーフォ以外雑魚ってイメージでしたが、今やスターチームですから解らないもんです。エレクトロシーンも然りで00's初めまではLoads Of AcidとSoulwax(2many DJ's)くらいしか知らなかったんですがフィメこれの国別記事を見ると米、日、英、独、スウェーデンに続く「第6の極」になっている。言うまでもなくその仕掛人であり中心地がAlfa-Matrixレーベルで、その核がPsy'Aviahなのである...!

看板嬢の脱退以降はゲストボーカリスト制を敷き、レーベル内外含め多くの同業者を集めての宛ら暗黒エレクトロシーンのコンピ盤の様相を呈しつつある彼らのオリジナルアルバム。前作"Seven Sorrows, Seven Stars"は男性Voの多さに激昂のあまり某ザビが憑依して「私が愛したPsy'Aviahは死んだ!」発言をしてしまいましたが、今作は大丈夫です。準レギュラーのMari KattmanやKyoko Baertsoenはじめ、Female-Vocal率は14曲中10曲ということでまあ許容範囲なので勝利宣言に代えさせて頂きます。勿論楽曲的には安定安心かつ、ノスタルジックでスティミュレイトな高品質エレクトロです。
「圧倒的じゃないか...このDarkwaveは!」

【Favorite Number】Lost at Sea / Sound of New / Plan B

LightflareLightflare
Psy'Aviah

曲名リスト
1. Lost at Sea
2. Aftermath
3. The Great Disconnect
4. Sound of New
5. In the Sound
6. For Myself
7. Heavy Heart
8. Reboot Reset Relay
9. Ghost
10. Lonely Soul
11. Plan B
12. Game Changer
13. Under the Rain
14. Mr. Vanity

Amazonで詳しく見る








Reflecting Seyelence
Lunascape
B00006I9JJ
Sky Collapse
Kirlian Camera
B075298PK8
Transcendence
Miss FDbr />B00576U8VS
タグ:Belgium darkwave EBM
posted by kerkerian at 19:31 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

Lovelorn Dolls / Darker Ages(2018)

ベルギーのElectro-Gothユニットによる3rdアルバム。

ほぼ毎年恒例のAlfa-Matrix祭り第1弾は、ダーク・エレクトロものが主軸の同レーベルに於いて、バンドサウンドを打ち出す異色の存在Lovelorn Dolls。Synth色が濃くなった2nd"Japanese Robot Invasion"に比べるとソリッドなGothic-Metal色が強く、1stの"House Of Wonders"に近い印象だ。但しサウンドの重厚感、メロのキャッチーネスなどあらゆる要素が比較にならない程バージョンアップを遂げている。

バリエーションの豊富さも出色で、ミッド・テンポの典型的Goth-Metalの冒頭"Darker Days"とラスト"Another World"に挟まれる形で、一貫したテンポや重さの楽曲を並べつつも煌びやかなSynthやトランシー、ギターリフで様々な表情を魅せる。完全に垢抜け一皮剥けたKristel嬢のVoも、今ひとつ印象薄だった前2作を完全に払拭した感があります。ヤンデレ風を演じつつもチャーミングさが隠しきれないNINのカバー"Hurt"も必聴...トレント信者は顔を顰めるかもしれないがね...!

【Favorite Number】Darker Days / Lament / Shining Star Legenda Natura

Darker AgesDarker Ages
Lords Of Acid

曲名リスト
1.Darker Days
2.Dead Sea
3.Lament
4.Shining Star
5.Happy Endings
6.Psalms
7.Love Missile
8.Maniac Girl
9.Legenda Natura
10.Another World
11.Hurt
12.Maniac Girl (Helalyn Flowers Remix)
13.Shining Star (Battlejuice Remix)
14.Darker Days (Noire Antidote Remix)
15.Happy Endings (Kai Otte Bad-End Remix)
16.Love Missile (Restriction 9 Remix)
17.Shining Star (SIN.SIN Remix)
18.Happy Endings (Symbiotic Stasis Remix)
19.Darker Days (Adam Kult Remix)
20.Happy Endings (Elyose Heavy Remix)
21.Love Missile (Benjamin’s Plague Remix)
22.Happy Endings (Radiograph 80s Remix)

Amazonで詳しく見る








Lunar Nature
Dreamside
B002VKPOP8
Touch in the Dark
Asrai
B0002MHE00
Imaginary Monsters
Birthday Massacre
B00576U8VS
posted by kerkerian at 01:47 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

Lords Of Acid / Pretty In Kink(2018)

ベルギーのテクノ・レジェンドによる6thアルバム。

前作"Deep Chills"で12年振りの復活を果たしたLords Of Acid。その翌年には新作制作がアナウンスされ、少し間が空いたものの、Kickstartarで€800の調達に成功しリリースに漕ぎ着けた。Marnieの時に彼女レベルですらクラウドファンディングが必要なのかと書いた思いを今回も感じたが、固定ファンの付いた大御所だからこそ集客が可能な訳で...とこれも同じこと書いてたわ...!ともあれ、キッズの頃に揺さぶられた音楽があるなら、大人になってから是非活動を積極的に支援して欲しいですね。時が経ってもアーティストが創作に意欲的なのは幸運なことなのだから。

さて今回も例によりVoが交代しており、創始者のPraga Khan氏のパートナーを努めるVoはMarieke Bresseleers嬢。それ以外は91年の1stから不変のスタイルを堅持...ジャケは趣味が悪くて最高だし、音楽は旧き良きデジコアの残滓とElectroclashが知性的に絡んだIndustrial。前作と比べるとパーティー感が薄れた気がするのは、よりクールめな歌唱のMarieke嬢の印象が強いのかもしれない。Industrial-Rock風味な楽曲が多いのもそういうことだろうか。これだけ猥雑っぽい世界観を打ち出しながらも不思議とアバズレ感を与えず寧ろスタイリッシュに落とし込んでいるのがLords Of Acidの素晴らしいところ。因みにbandcampの彼らのタグに"acid house"があるが、Lords Of Acidが演るHouseはAcid Houseではありません(哲学)。

【Favorite Number】Flow Juice / Goldfinger

Pretty In KinkPretty In Kink
Lords Of Acid

曲名リスト
1. Break Me
2. Ma Fille De Joie
3. Sex Cam Girl
4. Flow Juice
5. Like Pablo Escobar
6. Before The Night Is Over
7. Androgyny
8. Goldfinger
9. What The Fuck
10. So Goddamn Good
11. My Demons Are Inside
12. We Are The Freaks

Amazonで詳しく見る




Cult Of Fake
Angelspit
B01FZ8PCE0
Machine Love
Genitorturers
B000021XSW
III
Shiny Toy Guns
B00908DDU2

posted by kerkerian at 01:52 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

New Haunts / Worlds Left Behind(2018)

UKエレクトロ・プロジェクトによる1stアルバム。

英ブリストルといえばMassive AttackやTrickyはじめ、何といってもTrip-Hop発祥の地...そこで産まれた音楽と言うだけでフィメこれ的には間違いなし...!くらいに言い切れる信頼のブランド。このNew Hauntsはそうした個人的な定説に半分は沿っていて、半分は裏切っている...勿論良い意味で...!

カテゴリ的にはGoth風味を纏ったDarkwaveなのだが、New Hauntsの特徴はビートレスである事。疾走感というだけでなく、ループ感が皆無。なのでTrip-Hopのようにユラユラと乗ることも許されない。かといってAmbientという程静かでもなく、Industrial的なエレメンツも多用される。総じてExperimentalなのですが、直近のSoft As SnowFever Rayのような変態的なのともちょっと違う。とにかく不規則で不協和、それでいてAlice Sheridan嬢がソウルフルな美声でエモーショナルに歌い上げる(高音の不安定なビブラートが病的で最高)ものだからカテゴライズに悩む。これは新たな変態なのかもしれない...解り難いけどなんだかスタイリッシュ。気難しい眼鏡を掛けた雰囲気イケメン、中身はサイコパスでしたみたいな...!

【Favorite Number】Reactions / Left Me Cold / New Haunts

My IndigoWorlds Left Behind
New Haunts

曲名リスト
1. Ingrained
2. Reactions
3. Left Me Cold
4. Hymns
5. New Haunts
6. Waves
7. Same Medicine
8. Safe out Here
9. Ice

Amazonで詳しく見る




Lingua Ignota
Wind Atlas
B079B6KHP3
The Upper Room
VV & The Void
B00DW0TGY6
Sparkle [Analog]
Austra
B0057OOPPA
posted by kerkerian at 01:25 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

Soft As Snow / Deep Wave(2018)

ノルウェーのエレクトロ・デュオによる1stフルアルバム。

名は体を表す…正にタイトル通りのディープなDarkwaveだ。StereogumサイトがPurity Ringのシンセ・ビートとThe Knifeのエクスペリメンタル性を併せ持つ感じ、とベタな解りやすい例えで評している通りの音楽。個人的にはPurity Ringの清冽さは極表層的なところで、Gazelle Twin × The Knifeというのが本質的なところだろう...つまり2018年の変態エレクトロ枠ってことですな...!

とはいえ、もう少しエンタメ要素があるのがSoft As Snowで、アトモスフェリックなミニマルウェーブを下地に先の読めないプログレッシブな展開、そこにOda Egjar Starheim嬢が抑揚のない旋律を蠱惑的に、駄々を捏ねるようにさえずる。通常はこのロリロリしい声で若干のポップさを感じることができるものだが、彼らの場合は拉げた音像も相俟って逆に病的な狂気を演出する方に作用している。いやマジで『シャイニング』で双子の女の子が呟くシーンが頭をよぎる様な空恐ろしさ。中盤に2曲"X"、"Tropical Speed"というDrum'n Bassを交えた賑やかしいFuture-Popがあるのだがインストゥルメンタル。ドラムンなんぞに乗って歌う陽キャじゃないわと言わんばかりの徹底振り、嫌いじゃないけどこれが歌ものだったらアルバムの印象も少し救いがあるものになったのに...とか思ってしまう俺にはストイックさが足りないのかもしれない。

【Favorite Number】Snake / Be My Babe / Pink Rushes

Deep WaveDeep Wave
Soft As Snow

曲名リスト
1. Black Egg
2. Snake
3. Drip
4. Deep Wave
5. X
6. Tropical Speed
7. Be My Babe
8. Pink Rushes
9. Dry
10. XX
11. Sleep/Slip
12. Låssbyn
13. Mass

Amazonで詳しく見る








Vive La Void
Vive La Void
B07B5WB6XN
Of Matter and Spirit
Aïsha Devi
B079B5KHS7
Poemss
Poemss
B00HNR40E0
posted by kerkerian at 23:40 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

Geneviève Pasquier / Live Two(2018)

独Electro-SSWによるライブアルバム。

アルバムオブザイヤー2017に輝いた"Louche Effect"。半年足らずのリリースに、うそっ...Geneviève Pasquierの新作、早すぎ...?と口を押さえたのですがLive盤でした。調べたら7年前に"Live One"があったんですね。突っ込みどころが満載なので、ひとつひとつ丁寧に拾ってゆきましょう。

●すごく昔の音源
2004年、2006年、2010年のライブ音源を収録。前作でのExperimentalなアトモスフェリアはとはかなり異なり、Geneviève嬢のMinimal-TechnoやPost-Industiralのルーツが表現されている、と公式には書いてある。今更なタイミングでの暗黒エレクトロ回顧...これはフィメこれへのアピに違いない...!
●同名異曲?
7トラック目と10トラック目に"I Love You"という曲があるのですが、まるで違う。一応1stに収録のオリジナルに近いのは前者だが...Voが初々しい前者と、あばずr...妖艶さが増した後者という違いに気づいてしまったことはショナイにしておいてください。とりま、2回もアイラブユーを入れる辺り....これはフィメこれへのラブコールに違いない...!
●ジャケット詐欺
昔のライブ音源と言う事で、ジャケットは当時の可憐で妖艶なGeneviève嬢。当然今は見る影もない訳だがそれは時間の流れであって詐欺ではない。私がクレームを付けたいのは、女性が歌っているジャケでありながら歌ものトラックが殆ど無いことだ...これはフィメこれへのヘイトに違いない...!

という訳で、全体としてエレクトロのライブ盤の宿命ですがプログラミングや同期が多くを占めるため「ライブ感」が無いのが残念だなあと。歌パートが少ないのも生もの感を殺いでいるし、時折入るオーディエンスの声すらサンプリング音かなと訝ってしまうのも弊害か。とりま前作路線での新作、期待してます。あと願わくばビジュ面のアンチエイジングも達成してくれると嬉しみ。

Live TwoLive Two
Geneviève Pasquier

曲名リスト
1. Sad Theremin (Live)
2. Drip 'N' Glisten (Live)
3. Tu Es Le Star (Live)
4. 8 P.M. Daily News (Live)
5. Existance (Live)
6. I Am Not Yours (Live)
7. I Love You (Live)
8. Synthetic Heaven (Live)
9. Catwalk (Live)
10. I Love You (Live)
11. L'apparence C'est Tout (Live)
12. Soap Bubble Factory (Live)
13. Remember (Live)
14. Elements (Live)

Amazonで詳しく見る




Turn It on
Proyecto Mirage
B00184RPY6
LIGHTFLARE
PSY'AVIAH
B077XD2HFF
The Witch King
The Synthetic Dream Foundation
B007INREN8

posted by kerkerian at 01:26 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

Navy Bruise / Get Your Bruise On!(2018)

デンマークのElectroデュオによる2ndアルバム。

ジャケからしてウッ...となりますが音楽性から世界観から、一言でいうとエグみが深い。。美しくもホラブルなサウンドに、夢遊病者のようなWanda嬢のVo。Greasy Synth-Popを標榜しているだけあり、粘っこいエレクトロで不穏アンド不安を喚起する...ただ決して不快ではないのが素晴らしき。ゴテゴテし過ぎず、適度にミニマルな音作りが絶妙で、アクの強さと共にスタイリッシュな印象も与える。コンポーズ担当のHansen Hansen氏のセンスの勝利だウィー!
えるしってるか...?実はウィー!じゃなくてユース!だった事を...?

Wanda嬢の歌唱がまた魅力で、ビッチかと思いきや蠱惑的に囁いたり美声で歌い上げたり。この不安定感に懐かしさを覚えていたのですが、なんでもKatie Garside(ex.Daisy Chainsaw、Queenadreena)の影響を受けているということで得心。クイーンアドリーナはアルバムオブザイヤー20022005にチョイスしているので未聴のかたは是非。暗黒オルタナ好きなら刺さる筈...そして当然このNavy Bruiseにも不思議なシンパシーを覚える筈...!

【Favorite Number】Lemonshaped / Airhead / Nune

Get Your Bruise On!Get Your Bruise On!
Navy Bruise

曲名リスト
1. Cocaine Downslide (feat. Michael Marshall Smith)
2. Lemonshaped
3. Airhead
4. Stupid Stupid
5. Zombies
6. A Headache a Day
7. Running With Scissors
8. Dressed As Your Mother
9. Lose and Smother (Feeling Exploited?)
10. Nune
11. Hibernate

Amazonで詳しく見る








Ecliptic
Neonsol
B01N2L9HXK
Ride
Freja Kirk
B00YUOTL3O
PROMISCUOUS Tendencies
Junksista
B077XD2HFD

posted by kerkerian at 23:12 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

Hide / Castration Anxiety(2018)

USのIndustrialデュオによる1stアルバム。

没後20年を迎えて尚、一過性のブームや沈静化することなく常に一定の存在感を放ち、恰もまだ現役で弾き続けているような、身近に感じ続けられるような気すらするレジェンドhide。そんなアニバーサリーな年に同名の凄いデュオが出て来たのは全くの偶然ながら運命だろうか。英語圏なので発音はハイドなんだろうけど...土井八郎ちゃうで...?hideは晩年のサイボーグ・ロックが有名ですが、当時先鋭的な音楽としてNine Inch Nailが演りだしたIndsutrialの要素をいち早く導入したんだっけな…そういえば。そう考えると精神性はこのHideと共通項があるかもしれない。なんかジャケも無言激っぽい気がしてきたし。裸体の人はJealousyのYOSHIKIかな...?

さて、ポップ要素皆無の本格的な暗黒インダストリアルのご紹介はフィメこれ的にも久し振り。ひたすらに金属的に打ち鳴らされるエッジィなサウンド、直線的なビートにHeather嬢が機械的にメロディレスな言葉を投げつけてくる感じ。垣間見えるPunkイズム、これってやっぱりZilchの影響受けてんじゃね?とか考えてしまう。殆どhideの話になってしまいましたがその音楽は永遠に。いつも私の心の中では"MISERY"が鳴っています...HURRY GO ROUND観に行こっと。

【Favorite Number】BOUND/SEVERED / COME UNDONE

Castration AnxietyCastration Anxiety
Hide

曲名リスト
1.Fall Down
2.Bound/Severed
3.Close Your Eyes
4.Wear Your Skin
5.Come Undone
6.Wildfire
7.Fucked (I Found Heaven)
8.All Fours

Amazonで詳しく見る








Red Moon Era
Stillborn Diz
B00GZ6DI6G
Kingdom Come
Gazelle Twin
Kingdom Come
Holding Hands With The Shadow Man
Pretty Addicted
Holding Hands With The Shadow Man
posted by kerkerian at 00:44 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

Vore Aurora / Eidolon(2018)

UKエレクトロ・デュオによる1stアルバム。

Synth-PopにDream-gazer的なリヴァーヴが全編を覆い、A'Lizzabeth嬢のクールな歌唱が神々しいVore Aurora。時折、相方のJonah氏の「一部音声を加工しています声」なVoとのユニゾンにビタースマイルを浮かべるのですが、1曲目の"Scratched Surface"だけだったようで一安心...なんでこれ冒頭に持ってくるかな...

音数を抑えたMinimal-Technoで、前述のVoが少し遠くに感じるリヴァーヴやSynthのうねるエンベロープにより、Darkwaveながらも光が射すようなEthereal感があるのが特徴。ホワイトバランス振り切ったようなジャケの印象も強いのかもしれない。総じて、刺激とか面白みよりもじわじわと耽溺するような作風で大変地味なエレクトロなんですが、最後のPlaceboのカバー"Meds"だけ気合いが入りまくった映えるコズミックなクラブサウンドで笑った。オルタナリスナーとしては、有名な"Nancy Boy"や"You Don't Care About Us"、"The Bitter End"あたりを選ばないセンスを「わかり手!」と讃えたい。

【Favorite Number】In Out And Thru / Meds

EidolonEidolon
Vore Aurora

曲名リスト
1. Scratched Surface
2. Hollow Point
3. Lunar Distance
4. Sulfide
5. In out and Thru
6. Reprobus
7. Blush Response
8. Null Plus Void
9. Slate
10. Envenom
11. Meds
12. In out and Thru (Mr.Kitty Remix)
13. Scratched Surface (SØLVE Remix)

Amazonで詳しく見る








Pleasure
Sixth June
B00FYCEMXU
Play with Lies
Cult Club
Play with Lies
Subtleties
Tuxedo Gleam
Subtleties

タグ:ethereal darkwave US
posted by kerkerian at 01:34 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする