2019年01月03日

Kriistal Ann / Touched on the Raw(2018)

ギリシャのelectro嬢による5thアルバム。

2年前の3rd"Cultural Bleeding"では比較的まとまった感じのキャッチーめなGoth-Electroを標榜していたKriistal Ann嬢ですが、何ということでしょう...この2年間でとんでもないバージョンUPを遂げていたようです。

今様のMinimal-Synthに生リズムを載せた"Lost In Frame"がGoth-Rock的味わいを見せたかと思えば、次の"Silver Rain"ではColdwaveにサックスによるDark-Jazz的アプローチを咬ませたミニマル曲。以降もアゲ曲やチル曲など的を絞らせない多彩な音世界を展開。従来のソロでのリバーヴ・ポップは殆ど見られず、ミニマルウェーヴにデュオ活動しているParadox Obscurのポジパン要素を織り交ぜてきたような作風に。「置きにいってる」曲は一つとしてなく、全編攻め攻めのExperimentalだが神秘性を纏い不思議な品格が宿っている印象。あとはAnn嬢のVoがオバ声だけじゃないバリエーションを持っていたことも新発見。アルバムオブザイヤーに推せる一枚。

【Favorite Number】Lost In Frame / Talking To The Beast

Touched on the RawTouched on the Raw
Kriistal Ann

曲名リスト
1. Lost In Frame
2. Silver Rain
3. Black Art
4. Talking To The Beast
5. Solem Disguise
6. A Hundred Miles
7. Going Back
8. Touched On The Raw
9. Secret Shore
10. Black Art (Black & White Remix)
11. Talking To The Beast (Soundscapes Remix)

Amazonで詳しく見る






Paradox Obscur
Paradox Obscur
B07D6T6XPJ
Dream for the Fall
Schonwald
B0196ZL33C
Sets & Lights
Xeno & Oaklander
B07B62QPHW
posted by kerkerian at 18:36 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: