2018年12月10日

Princess Chelsea / The Loneliest Girl(2018)

ニュージーランドのSSWによる3rdアルバム。

絵に描いたようなメルヘンチックなジャケ、姫を名乗っちゃってる事からも察せられる通り、フェアリーテイリングなIndie-Popを鳴らすChelsea Nikkel嬢。キャッチーなメロと共にピアノやストリングスを交えたハッピー感溢れるポップミュージック...一聴するとそんな印象なんだけど、どこか仄かな狂気を帯びている気がしてならない。リヴァーヴの深い多層的なコーラスワークや不穏なコード進行...ダークファンタジー感はSchneewittchenを、キャバレーポップ感はFiona Appleみを想起してならない。

ただこの闇印象がChelsea姫の狙いなのか、或いはダークミュージックに冒され過ぎて白いものも黒く見えてしまう私の気のせいなのかが今ひとつ判別が付かない。深読みさせてしまうような深みがある音楽であることは確かなのだが...それにしても今どき歌パートがフェイドアウトして終わる曲が多いのも気がかりで、コード進行の件もだが「解決しない」要素が多いのだ。あと今気がついたがジャケのChelsea姫、目が紅くビーストモード化しておる...やはり闇堕ちしておったか...!

【Favorite Number】The Pretty Ones / Wasting Time

The Loneliest GirlThe Loneliest Girl
Princess Chelsea

曲名リスト
1.The Deer with the Golden Lights
2. Good Enough
3. The Pretty Ones
4. I Love My Boyfriend
5. Wasting Time
6. The Loneliest Girl
7. I Miss My Man
8. It’s Nothing
9. Respect the Labourers
10. Cigarette
11. Growing Older
12. All I Need to Do

Amazonで詳しく見る






Ribbed Music for the Numb Generation
Sohodolls
Black Light
Strange Pleasures
Still Corners
B07DPF47LV
Country Falls
Husky Rescue
B07B64T365
posted by kerkerian at 00:12 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: