2018年12月08日

Train To Spain / A Journey(2018)

スウェーデンのSynth-Popデュオによる2ndアルバム。

前作"What It's All About"で余りにも真っ直ぐなSynth-Popを披露、そのあまりにも衒いのないスタイルにスペイン行きの列車はどこを目指すんだろう?と前回記事での問いに対し、彼らは至極普通に"A Journey"と答えてきた。ですよねー。まあ、当たり前に期待されていることを期待通りに応えた、そんな本作です。安心安定の80'sノスタルジーを連れてきます。

前作で際立った圧倒的な平面音楽...特に音域の狭さとパターンの少なさには眠気を覚えたものでしたが、今作では冒頭から音が立体的で奥行きを感じさせる空気感を出している。BPM的にも音域的にもローからハイまで各種取り揃えており良い塩梅。特に"80's Drum Machine"はキッチュなレイドバック感がTrain To Spainにしては斬新な部類。前作の出来からは、彼らが欧州エレクトロ・インディーシーンでブレイクしているという話が俄には信じ難かったですが、今なら解る。まあMuseとDepeche ModeとHuman League好きにハズレ無しって、ばあちゃんも言うとったからな...!

【Favorite Number】I Follow You / Monsters / 80's Drum Machine

A JourneyA Journey
Train To Spain

曲名リスト
1. I Follow You
2. Saviour
3. You've Got To Do It
4. Not With Me
5. Pretend We Won
6. Confused
7. Monsters
8. Teaser
9. What If?
10. 80's Drum Machine
11. Believe In Love
12. Dominant One

Amazonで詳しく見る






Black Light
Vile Electrodes
Black Light
In the Interest of Beasts
Dancing With Ruby
B07DPF47LV
Ecliptic
Neonsol
B07B64T365
タグ:sweden Synth-Pop
posted by kerkerian at 01:52 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: