2018年11月18日

Aiboforcen / Sense & Nonsense(2018)

ベルギーのDark-Electroユニットによる6thアルバム。

前作"Dédale"から7年振りの待望新作...この導入、前回の記事も同じだったので14年間で3枚ということになる...ともあれ、退廃とロマンが全開の暗黒妖艶Darkwaveという作風はしっかり担保されており一安心。メインVoのPatrice Synthea嬢を軸にMari Kattman嬢、JunksistaのDiana嬢、Lovelorn DollsのLadyhell嬢がFeaturing Vocalとして参加。更にLimited盤ではDiffuzionPsy'Aviah、Neikka RPMによるmixも収録。宛らダークエレクトロシーンの総決算(或はいつものAlfa Matrixコンピ盤)といった態の本作。

"Come Clean"はじめ(Curveのカバーじゃなかった)、佳曲揃いながら惜しまれるのは楽曲の半数を男性Voが占めている点。伝説的EBMプロジェクトRegeneratorのVoとしても知られるPatrice嬢の思春期のような不安定魅惑ヴォイがもっと聴きたいんですが!というか他のFemale-Voゲストも要らないから、とにかく歌をPatrice嬢に固定してください...!

【Favorite Number】Come Clean / Tears / Nos Silences

	
One More NightSense & Nonsense (Deluxe Edition)
Aiboforcen

曲名リスト
1.We Woke Up The Dragon (feat. Jean-Luc De Meyer)
2.Come Clean
3.Tears (feat. Mari Kattman)
4.Hall Of Mirrors
5.Guilty Eyes (feat. Damasius/Mondträume)
6.Caresse
7.In My Arms (feat. Mari Kattman)
8.Loud (feat. Jean-Luc De Meyer)
9.Shallow Then Halo (feat. Jan Dewulf/Mildreda)
10.Etching Herself In Acid (feat. Lars Bass/Kant Kino)
11.Ablation à Vif (feat. Dan Barrett/Venal Flesh)
12.The Arrival (feat. Jean-Luc De Meyer)
13.Nos Silences
14.Ritual Control
15.Life In The Valley Of Death
16.Sense & Nonsense
17.We Woke Up The Dragon (feat. Jean-Luc De Meyer)
18.Come Clean (Diffuzion rmx)
19.Tears (feat. Mari Kattman) (Aesthetische clean rmx)
20.Nos Silences (moonrise edit)
21.Numb Hearts (feat. Diana/Junksista)
22.Come Clean (Neikka RPM rmx)
23.We Woke Up The Dragon (feat. Jean-Luc De Meyer) (Daniel B. Prothèse rmx)
24.Come Clean (Implant never comes clean rmx)
25.Tears (feat. Mari Kattman) (Psy’aviah rmx)
26.Lost In Translation (feat. Ladyhell/Lovelorn Dolls)
27.In My Arms (feat. Mari Kattman) (tentacles edit)
28.Come Clean (Kilmarth rmx)

Amazonで詳しく見る






Hunger
Regenerator
Hunger
Something Violent Stirs
Diffusion
B07DPF47LV
Battle Scars
Neikka Rpm
B07B64T365
タグ:EBM darkwave Belgium
posted by kerkerian at 20:45 | Comment(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: