2018年09月28日

THE THIRD(仮) / THE THIRD(仮)1st ライブ(2018)

日ガールズ・ロックバンドによるライブアルバム。

5バンドを擁するBang-Dreamプロジェクトにおいてキーとなる「キャラクターとリアルのリンク」を体現するPoppin' PartyとRoselia。しかしあとの3バンドの声優陣にリアル演奏によるバンド活動を望むべくもない。そのジレンマを埋める存在が3バンドの楽曲をカバー演奏するTHE THIRD(仮)である。ライブによっては各バンドのVoキャストのみゲスト出演する形で演奏に徹することもあるが、単なるバックバンドに留まらないガチプロフェッショナルバンドであることが本作を聴くとお解かり頂けるだろう...!

まずビジュアル面・演奏面で圧倒的な存在感を誇るVo+BaのRaychell嬢とDrの夏芽嬢。新体制SHAZNAのメンバーでもある2人が牽引する安定かつ強固過ぎる美麗歌唱とリズムは、原曲が元々ロックサウンド寄りであることを差し引いてもゲーソンであることを感じさせない本格派Alternative-Rock。脇を固めるKeyとGtは本業声優でありながら楽器歴の長さに裏打ちされた確かなスキル。Keyの倉知玲鳳嬢は主にPastel*Palettesとハロー、ハッピーワールド!曲でメインVoを務めるが、弾きながら踊りながら再現性の高い歌唱をこなしバンドの華と萌えを担う。Gtの小原莉子嬢はESP出身のミュージシャンでThe Sketchbookの経験値もあり、本作では最後の3曲限定ながら流石の技巧を披露している。

そして大半の曲でサポートメンバーとして弾くPoppin' Partyの大塚紗英嬢。技術的には、りこぴん嬢に一日の長があるもののエモみの深さを感じさせるパフォーマンス(語彙力)。ポピパのライブを観すぎているせいか、フレーズが多少よれていてもここはステップ踏んでるのかなとか煽ってんのかなとか音源だけで想像が捗る。例えるならさえチはジョン・フルシアンテでりこピンはジョシュ・クリングホッファーなんだな←

全体として、再現性が高いだけでなくオリジナリティもしっかり見せつける、バンドリーマー必携の一枚。正式にRAISE A SUILENとして歩みを始めた彼女達の、DJを加えた5人体制での2ndライブアルバムが早く聴きたい。てか6thライブ当たれ...!

【Favorite Number】しゅわりん☆どり〜みん / Hey-day狂騒曲 / ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ! / Scarlet Sky / R・I・O・T

DNA FeelingsTHE THIRD(仮)1st ライブ
THE THIRD(仮)

曲名リスト
1. That Is How I Roll!
2. しゅわりん☆どり〜みん
3. パスパレボリューションず
4. えがおのオーケストラっ!
5. Don't be afraid!
6. ゆら・ゆらRingDongDance
7. Hey-Day狂騒曲(カプリチオ)
8. Scarlet Sky
9. ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!
10. R・I・O・T
11. That Is How I Roll!
12. R・I・O・T

Amazonで詳しく見る






ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!
ハロー、ハッピーワールド!
ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ!
ゆら・ゆらRing-Dong-Dance
Pastel*Palettes
ゆら・ゆらRing-Dong-Dance

Hey-Day狂騒曲

Afterglow
Hey-Day狂騒曲
posted by kerkerian at 03:24 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: