2018年08月20日

Veil Of Obscurity / In The Beginning(2018)

米Female-SingerによるMelodic-Rockバンドの1stアルバム。

かねてよりデンマークのメタル巨匠Royal Huntでコーラスを担っていたMichelle Raitzin嬢が、Royal Huntの楽器隊の全面協力のもと制作された本作。つまりD.C.クーパーを女性Voに差し替えた実質Royal Huntのアナザー・プロジェクトと言え、このコンセプト、日本先行リリースということからも明らかに日本市場を意識しまくったクサクサな作風であることが期待される・・・!

果たして。冒頭の"Out Of Obscurity"から予想通りのクサメロ全開。ただ本家とは全く異なる装いでMetal風味は殆ど無く、Synthやストリングスを全面に出したトラッドな雰囲気はPower-Pop感すらあるライトさ。楽曲も全てMichelle嬢が書いているようで、ぶっちゃけRoyal Huntがバックである必然性は薄いんだけどそこはまあシンガーMichelle Raitzinを売るための対日本戦略ちゅーこって。とりわけ"L'amour"なんかはドキャッチーなR&Bテイストで、これをリードトラックに据えている辺り、メタルリスナーに受け入れられる目は少ないかと...ビッグ・イン・ジャパンになれるかはMichelle嬢の美貌と美声に賭けるしかないのかな。キングレコードなので、もう邦楽枠でなんならアニソンタイアップ付けてKING SUPER LIVE 2018に出してあげればワンチャン(返す返すもRoyal Huntである必然性とは)。

【Favorite Number】Out Of Obscurity / Free Mind

In The Beginning...In The Beginning...
Veil Of Obscurity

曲名リスト
1.Out Of Obscurity
2.Free Mind
3.Rise Above
4.Lost
5.Letting Down The Line
6.Gambler
7.L'amour
8.I'm Real
9.Love Sets Me Free
10.Spy Games

Amazonで詳しく見る






start over
BAND-MAID
B07D6T6XPJ
THIS IS NOW
exist†trace
B0196ZL33C
Battle Against Damnation
LOVEBITES
B07B62QPHW
タグ:US Symphonic Rock
posted by kerkerian at 23:59 | Comment(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: