2018年05月11日

Whyzdom / As Time Turns To Dust(2018)

仏Symphonic-Metalバンドによる4thアルバム。

デビュー作"From the Brink of Infinity"の感想を書いてから8年半になりますか...その間、3度のVo交代劇があり、最初のTelya嬢脱退後にXandria(こちらも人事の慌ただしさで有名)の元ボーカリストLisa嬢をゲスト起用した後、正式な後任として現Vision Of Atlantis(あちらも頻繁な加入脱退で有名)のClémentine嬢を迎えて2ndを制作、その後もう1人挟んで3rdアルバムから現任のMarie Mac Leod嬢となっている。

Marie嬢はパワフルな地声と優美なソプラノを行き来させる歌唱が魅力で、楽曲もそれに呼応して前者では重厚なPower-Metalを、後者では荘厳なSympho-Metalを堪能することができる。とりわけ前者でのハードロック的ともいえる衒いのない美メロが個人的には刺さる。更にこういったジャンルではおざなりになりがちなギターの単音ピロピロが、ソロのみならずイントロやアウトロのフレーズでも惜しみなく弾かれ、一層のキャッチーネスと様式美を醸し出している。Female-Metal界でもかなりハイクラスな存在へと駆け上りつつあるWhyzdom...刮目に値するな...!

【Favorite Number】Armour of Dust / Free as a Bird / The Mistchild

As Time Turns To DustAs Time Turns To Dust
Whyzdom

曲名リスト
1.Armour of Dust
2.Armageddon
3.Fly Away
4.The Page
5.Follow Your Heart
6.Angel of Tears
7.Free as a Bird
8.The Mistchild
9.Dust We Are

Amazonで詳しく見る






Revangels
Akoma
B01N2L9HXK
Liberator
Divine Ascension
B00YUOTL3O
Until The End
Eleine
B07886HD1C

posted by kerkerian at 23:54 | Comment(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: