2018年05月05日

Noibla / Hesitation(2018)

ポーランドのProg-Rockバンドによる1stアルバム。

ポーランド産、というだけでセンス◎なのは約束されたようなもの...緩やかなグルーブに、Katarzyna嬢の美声美メロが紡ぐアダルト・コンテンポラリー風味な作品。音がProgressive-Rockっぽいのでカテゴライズしているが、iamthemorningThe Waking Seaのような変拍子や目紛しい展開、長尺などのプログレ要素はない。いわゆる雰囲気プログレだ。

そのトラッドな...アンビエントともいえる空気感を醸すのに貢献しているのがオーボエ、ソプラノ・サックス、コントラバスのアディショナル隊だ。終始落ち着いたテンポで、ともすれば淡々となり過ぎる楽曲にメランコリックなドラマ性を与えている。勿論ギター・ベース・ドラムの基本スカッドも堅実なプレイで熟練のアンサンブルを感じる。制作に4年費やしただけあって非常に丁寧な仕事振りが見てとれる、滋味ながら味わい深いアートロックの良作。

【Favorite Number】Atlantis / Cistercian Bell / Metanoia

HesitationHesitation
Noibla

曲名リスト
1. Faux Pas
2. One Minute More
3. Utani
4. Atlantis
5. Coming Home
6. Cistercian Bell
7. Metanoia
8. Hesitation
9. It's All I Have









New World
Ioearth
B00ZRACP4M
Live in Trojkais
Artrosis
B00005OWHZ
Rescarlet
Closterkeller
B016TVMSK8
posted by kerkerian at 23:10 | Comment(2) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分がジャズ出身なのでこういうの、好きです。ポーランドは今の音楽界では最注目国の一つですね。
Posted by ふじにぃ at 2018年05月08日 04:09
ポーランドの音楽は旧東欧らしい、薄暗い匂いが最高ですね...!
最近リリースしていませんが、Goth-Metalの"Artrosis"が大好きです。
Posted by kerkerian at 2018年05月15日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: