2017年02月23日

Hooverphonic / In Wonderland(2016)

ベルギーのPopユニットによる9thアルバム。

元Trip-Hop勢ということで…今やオーガニックでアダルトコンテンポラリーなポップスを鳴らすことで知られるHooverphinic。その象徴的な歌姫Geike嬢の脱退後、7th"The Night Before"の公開オーディションを経て加入したNoemie嬢、With Orchestraでは過去曲への順応も見せていましたが8thアルバム後に脱退ッ…!本作ではVoの固定を諦め、5人のゲストボーカリストを迎える形で制作された。

オーケストレーションに彩られた、奥行きの深いポップスとアダルティーなHoover節に加え、場違いなR&Rリヴァイヴァル的な楽曲もあったり…そう、10曲中5曲がなんと男性Voッ…!それが作風の軸ブレをも引き起こす→Voが定着しない→ゲストVo...ネガティヴスパイラル!今回は過渡期という事で納得するとして、三代目の女性Vo発掘が急務ではないだろうか。これが一時の黒歴史となるか、Hooverphonicそのものが闇に飲み込まれてゆくのか。剣ヶ峰に立っているのかもしれない。

【Favorite Number】In Wonderland / I Like the Way I Dance / Deep Forest



In WonderlandIn Wonderland
Hooverphonic

曲名リスト
1. In Wonderland
2. I Like the Way I Dance
3. Badaboum
4. Cocaine Kids
5. Deep Forest
6. Thin Line
7. Hiding in a Song
8. Praise Be
9. God’s Gift
10. Moving

Amazonで詳しく見る






Monsieur Madame
B001LQRBG8
Girl And A Cello
Bird
B004IWQUEQ
Hunt You
Noemie Wolfs
B01EM8DYZI
タグ:pop Trip-hop Belgium
posted by kerkerian at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Pop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447295063

この記事へのトラックバック