2017年01月29日

X-O-Planet / Passengers(2016)

ドイツのDark-Electroデュオによる1stアルバム。

ユニット名やアートワークから予想されるのはギラついたスペイシーなEBMだった訳ですが、存外にロマンティックテイストな旋律を有し、OmnimarBella Luneに通じるノスタルジアがある。音的には重めなSynth-Pop...つまりトランシーなDarkwaveの王道といった態で各楽曲は個性に乏しいものの、哀愁メロが映える表題曲"Exoplanet"、美麗ピアノがポストイビザ的な雰囲気を醸すミッドテンポ曲"Outerspace"など聴きどころもちらほら。

歌唱のManja嬢はX-Pericenceのボーカリストでフィメこれ的にはJesus On Extacyへの加入でFemale化に一役買ったことで記憶に新しい…もう5年前になるのか…!しかし惜しむらくはどちらのプロジェクトも息してない模様で、活休請負人たる彼女の凛々しくも優美な歌声が次に聴けるのはどこになるだろうか…そう、このX-O-Planetもまた憑代に過ぎないのだ…!

【Favorite Number】Exoplanet / Anyway / Outerspace



Passengers Passengers
X-O-Planet

曲名リスト
1.Prelude
2.Can't sustain
3.Exoplanet
4.Seek and Hide
5.Passengers
6.Interlude
7.Remember
8.Anyway
9.Vice Versa
10.Outerspace
11.Postlude

Amazonで詳しく見る






Lost In Paradise
X-Perience
B01H0Z0JMQ
Dark and Faithful
Technikult of Flesh
B017S7YVP2
Satan and I
Soko Friedhof
B00CF9P58G
タグ:EBM germany darkwave
posted by kerkerian at 19:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Electro | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック