2016年11月13日

L7 / Wireless(2016)

USのAlternatve-Rockバンドによるライブアルバム。

Garbage(のブッチ・ヴィグ)繋がりで。90's初頭のRiot Grrrlとグランジという2大ムーブメントを背景に登場したL7。Courtney LoveやBabes in Toyland、Red Aunts辺りと並んで、当時稀少な女性ガレージシーンのアイコン的存在だったと記憶しております。

公式ブート感満載のジャケでRadio Sessionと銘打っていますが、ベスト以外のリリースは99年のラスト作以来17年振りとなる本作。Skunk AnansieGuano Apesの例を挙げるまでもなく、かつて一世風靡したアーティストは大人の洗練された装いで21世紀verを披露…なのですがL7の場合は収録曲が2nd"Smell the Magic "と3rd"Smell the Magic"(ブッチ・ヴィグが手掛けた)に全て集中している通り、パンク時代とグランジ時代の狭間のカオスで荒々しい楽曲をよりラウドに、だが隠し切れない衰え(Donita嬢声出てねえし)とともに再現…個人的には4th"Hungry for Stink "の綺麗なL7が好きなんですが彼女達的には矢張りセルアウトという認識なのかな。ともあれ、健在をアピールする汚ねえ花火のような一枚だ…だがL7はそれで良い…!



【Favorite Number】Pretend We're Dead / Shove

Wireless (Radio Session)Wireless (Radio Session)
L7

曲名リスト
1. Deathwish
2. Diet Pill
3. Everglade
4. (Right On) Thru
5. Wargasm
6. Pretend We’re Dead
7. Shove
8. Fast And Frightening
9. Shitlist

Amazonで詳しく見る






Redeux
Babes In Toyland
B01LXJ3U77
Nobody's Daughter
Hole
B00192KCHO
Revolution Girl Style Now
Bikini Kill
B0131DV5IS
posted by kerkerian at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック