2015年04月17日

One-Eyed Doll / Witches(2015)

US Alternative-Rockユニットによる5thアルバム。

"Dirty"以来3年振りとなる本作は、デビュー当時のサブカル的、Doujin影響下にあった作風はおろか、前作のGothic的佇まいすら過去のものとするソリッドかつ変態的な作品に仕上がった・・・歓喜である・・・!

各楽曲がシームレスに繋がり、かつハードコア曲とスローなドゥーム(あるいはアコースティックバラード)ナンバーが交互に押し寄せるため、11の組曲からなるProgressive-Rock的な構成になっている。加えてKimberly嬢のVoも持ち味の七色ボイス、スクリーミングとナチュラル、さらに"Black in the Rye"で聴かれる狂気ロリボイスまで飛び出す始末でタイトル通りのウィッチーズ振り、これは新世代のKatieJane Garside嬢とも言うべき躁鬱ボーカリストだな・・・そういえばジャケもなんだかQueenadreenaの"Live at the ICA"に似ている。耳障りな部分(良い意味で)とキャッチーネスの同居、ラウドとサイレントを行き来しながら狂い咲くそのスタイルは紛れも無くその系譜に連なる、激情のAlternativeである。

【Favorite Number】Black in the Rye / A Rope For Mary / Stillness / Afflicted



Broken FrameWitches
One-Eyed Doll
1. Ember
2. Prayer
3. Black in the Rye
4. A Rope for Mary
5. More Weight
6. Remember
7. Witch Hunt
8. Stillness
9. Afflicted
10. Sorry
11. The Ghosts of Gallows Hill

曲名リスト
Amazonで詳しく見る


One-Eyed Doll - Black In The Rye


One-Eyed Doll - Stillness


Sleep
Kimberly Freeman
B002APNO24
Fantastic Wounds
Schoolyard Heroes
B0009IORDE
Naught
Stolen Babies
B009GD6U42
posted by kerkerian at 01:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | Alternative | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、お邪魔いたします。
これは。すごいアーティストですね。もちろん聞いたことはないのですが。
ジャケットもサウンドも毒でいっぱいですね。
たまにはいいんですよね。
「毒」が。
Posted by jamken at 2015年04月17日 21:17
One-Eyed Dollは基本毒々しいんですが、以外とフォークでポップな一面もあるので聴いてみてください。
ブログ拝見いたしました。私も立派な中年でございますのでw、JazzやFusionも勉強していきたいと思っている次第です。
Posted by kerkerian at 2015年04月25日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック