2015年02月04日

Wildpath / Disclosure(2015)

仏Metalバンドによる4thアルバム。

2ndの"Non Omnis Moriar"から6年...凄く感触が良かった割に2011年の3rdを聴き逃していたので、本当にお久し振りさんだ。クサいメロとトラッド感はそのままに、エレクトロが追加されていることに心が躍る。シンフォメタルの荘厳さとフォークメタルの土着性(というか良い意味で垢抜けないギターフレーズ)にエレクトロ、ジャズ、ブルーズ要素は3rd"Underneath"から導入されたとのことだが、不思議と6年前の印象から不変のWildpath節が聴ける。

惜しむらくは、2ndでみられた所々にインタールードを挟み終盤では組曲あり...といった大作志向では無くなった点が少し残念。やや重厚感が欠ける(特にギターは2人居るのに薄い)きらいがあるサウンド面を、プログレ展開が説得力を持たせる…そんな構図が好きだったのですが、これでは只のキャッチーなGothic-Metalではないか…ギターにしてもMarjolaine嬢の歌唱にしてももうひとつ「本物感」が足りないなあと...楽曲は本当に良いんだけどね。

【Favorite Number】Ignited / Confined / Absentia



DisclosureDisclosure
Wildpath

曲目リスト
1. Concealed
2. Outcast
3. Ignited
4. Ex Cinere
5. Petrichor
6. Confined
7. Delusion
8. Unborn
9. Hollow
10. Absentia
11. Disclosure

Amazonで詳しく見る


Wildpath - Petrichor


Wildpath - Unborn


F.E.a.R.
Dawn of Destiny
B00HG3P5TA
Sanguinary Greed
Echoterra
B00J4GS25Q
Crisis Cult
Voices of Destiny
B00I8ACR3M
posted by kerkerian at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Metal | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック